"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:TOYO

梅雨入りしたそうですが、このところはいい天気が続いています~こんばんはー"KS-星の"です。

去る5月17日に 「トーヨーキッチンスタイル名古屋」さんの新商品特別内覧会に行って来ました。

今回のお目当ては キッチンそのものよりも 6月末までの期間限定で展示されているクリスタル

ブランドとして超有名な「Baccarat(バカラ)」の『ゼニスシャンデリア 24』を見る事でした。

 

さらにアーップ!これぞ バカラが誇る伝統的なシャンデリア~とってもゴージャスな輝きです。

もちろん価格もゴージャス(七百数十万らしい・・)ですが、キッチンの照明として採用される勇気

のある方がいらっしゃいますかね?それにしても展示取付された職人さんも大変だったでしょう。
 

手前に二つぶら下がっているのは、こちらもバカラの『ミルニュイ ペンダント』(税込@75,600円)

TOYO KITCHEN STYLE meets Baccarat~「この出会いは必然である。」・・・・らしい

 

Furniture(家具)類の展示も見て楽しめるものが多くなってきました。

世界中で最もリスペクトされる木製家具ブランドと表現されていた デンマークの『PPモブラー』社の

ダイニングテーブルや椅子などの展示や 下の写真はイタリアの女性デザイナー「アンナ・ジリ」が

日本の干支にインスパイアされデザインした 『Serpente(セルペンテ)』というチェアです。

 

情報が無ければ見過ごしてしまいそうな椅子ですが、この椅子こそが PP Mobler社を一流の

家具ブランドに押し上げた最大の功績者のデザイナー「ハンス・J・ウェグナー」 の代表的な傑作、

その名も『ザ・チェア PP503』です。1960年のアメリカ大統領選でジョン・F・ケネディとニクソン

のテレビ討論会でこの椅子が使用され一躍有名になり、最近では2009年バラク・オバマ大統領

が国際会議「COP15」でも使用されたというほどの名作中の名作の椅子なのでした。

 

こちらは「TOYO KITCHEN SELECTION」の中から『Patchwork Velvet Armchair』

ハンドメイド製品で一つ一つデザインが異なる ベルベットのパッチワークでお洒落なアームチェア

 

こちらもセレクションから『London Telephone Cabinet』~電話ボックス型インテリア収納

W530×D507/H1400mmのミニチュアサイズで3面が開閉可能扉となっていました。

 

まだまだ御紹介したいLighting(照明)やFurniture(家具)類も沢山ありましたが、

今回は此処までとして 目についたキッチン関連の新商品も少し御案内させて頂きます。

ステンレスにこだわるTOYO KITCHENさんには珍しく新素材のワークトップのものが有りました。

本体とワークトップがT型の一体形状で有翼獅子のエンブレムが話題だった『INO LEONE』の

ワークトップに新素材のHPL(ハイプレッシャーラミネート)という水と傷に強い素材が追加されました。

上質でマットな質感の木目柄トップで 暖か味のあるインテリアイメージの演出が狙いらしいです。

 

ステンレスのワークトップも新しい形のエンボス加工品が2種類追加になりました。

*流氷をイメージし不規則なリンクルの『Ice(アイス)』  *規則的な波型凹凸の『Relief(レリーフ)』    












135° V-LAND仕様の『INO Premium GOLD』の扉には 日本古来からの伝統工芸の金箔貼。

しかも、 金箔の自社生産にこだわり続ける(株)箔一さんとのコラボで、世界に誇る『金沢箔』を

途方も無く手間をかけて一台ずつ手作りで総金箔貼りという代物・・・ここまで来ると意地の世界
 

こちらは、オブジェになるレンジフード『Dome Hood(ドームフード)』~「へら搾りという匠の技」で

ハンドメイドされるこのドーム形状のレンジフードはデザイン性だけでは無く、その形状から周囲に

広がった煙も再び吸い寄せる事が出来る高補集力も兼ね備えた 新しい形のものでした。
 
トーヨーキッチンさん曰く 「ART OF STORAGE~収納はもはやアートである。」ーだそうです。

スライドドア全体にベネツィアンモザイクタイルを貼った『MIAMI(マイアミ)』というキッチン収納
 

キッチンのワークトップにダイニングスペースを組合せた「現代の囲炉裏(いろり)」~CD-LAND

 

このショールームでは海外ブランドの加熱機器を見る事が出来ます。~どれもカッコイイです!













最後に何故か 機動戦士ガンダムより『ZAKU(ザク)』のフィギュアが・・・・・

これも社長さんの趣味のコレクションらしい~遊び心が無いと、ここまでは出来ませんネ!
 
トーヨーキッチンスタイル名古屋のショールームに行くとMuseumを見学した気分になります。

この日は所用によりPM17:00~のカクテルタイムに参加出来なかった事が唯一心残りです。

                                                                              Hoshino

気が付けば、もう三月になっていました。こんばんはー"KS-星の"です。

このところBlogの更新が思うように出来てません~ネタに困っている訳じゃないのですが・・・

本日は、最近納入した TOYO KITCHEN&LIVING製 システムキッチンBAYの現場レポートです。
 
 
システムキッチン設置の模様~海外ブランドの食洗機は給排水接続はシンクキャビ内で行います。
 












この現場で御採用頂いた食洗機は Electrolux社製 AEG(アーエーゲー)ブランドです。













そして、施工完了引き渡し前の姿です。

“TOYO KITCHEN STYLE"の大きな特徴は脚の構造が「エアーフロー」となっている事です。

エアーフロー構造にする事で、キッチンに浮遊感が出て軽やかなスタイリングになりますし、

つま先がキャビネット下に入ることで 特にシンク前の作業負荷を軽減する効果が得られます。
 

レンジフードもTOYO KITCHEN オリジナルの“FLAT(フラット)"オンウォールタイプでカッコイイ!
 

シンクは3D-Sinkと言い、シンクを3層構造として 内部のリブ(段差)部分に取付可能な「まな板」、

「調理台プレート」、水切り可能な「マルチプレート」の3種類の専用プレートが標準装備されます。 

それらのプレートを使用し上面・中面・底面に分け、立体活用する事により今迄出来なかった

新しい形の流れ作業(平行調理)が可能となりました。しかも、プレートを上段に2枚並べると

シンクにふたが出来るので使用後の食器や調理器具を簡単に隠してしまう事も可能です。
 

調理や片付けなどキッチンでの作業効率面で有為な3D-sinkも開発には大変な御苦労が有った

そうです。奥に向かって広がるフラスコ型のシンクは、プレス加工では不可能な形状でステンレス

板金職人の手作業による加工技術で製造可能となったものらしいです。

さらに750mm奥行きのステンレスカウンタートップはこれも職人技のオリジナル表面加工

「チタン研磨仕上げ」となっていて、ステンレスに温かみを感じさせ高いクオリティーを感じます。
 
そして今回御採用して頂いた 食器洗い機はAEG-ElectroluxのモデルF880601MOP-B5

ちなみに、AEG社はドイツの老舗電気機器メーカーでしたが、1996年よりスウェーデンの

ストックホルムに本社を置く 「Electrolux(エレクトロラックス)」社の傘下となり、現在は同社の

高級家電ブランドの名称となっています。
 
ステンレスの操作パネルには「プログラム選択ボタン(英語)」が有り洗浄方式を選択できます。

食器をセットする方法は、扉を開けバスケットをスライドし食器をセットするフロントオープンタイプ。

現行国産品はラックごと引出すプルオープンタイプが大半ですが、一番の違いは洗浄容量です。

同じ60cm間口製品で比較すると、国産品が約7人分に対して このタイプは12人分となってます。

そして、この様に電源を投入後に扉を開けると庫内灯(LED可視光)が点灯し閉じると消灯します。

 
もう一つの違いは、乾燥方式です。国産品はヒーターによる温風乾燥の方法をとっていますが

欧州製の大半は、高温水でのすすぎをしてその余熱を利用して乾燥させる仕組みとなっています。

したがって、最近の国産品ではあまり使用していない食器洗い機専用リンス剤(乾燥仕上げ剤)の

投入が必要となります。余熱乾燥タイプは、おそらく電気代は節約出来るでしょうが、乾燥の仕上り

具合という点に於いては 国産製を経験しているユーザー様は少し不満を感じるかも知れませんね。















LD方向から見ると何の変哲も無い壁ですが、その向こうにはこだわり満載のキッチンがあります。
 
 オブジェの様な美しさと使いやすい機能性を両立したキッチンだと思います。  Hoshino

まだ断続的な余震が止まない「東北・関東地方」の皆様には 返す返す御見舞い申し上げます。

“東日本大震災”の余波で 中止されるイベントも数多い中、4月8日は 名古屋市名東区一社に有る

“TOYO KITCHEN&LIVING”さんSRの リニューアルオープン特別内覧会に参加してきました。

震災での被害を受けてない地方の方々は  ここ一番元気出して 被災者地方の方を支援しましょう。

こんばんはー!“KS-星の”です。

 

外壁の一部分が ステンレス貼りになっていました。これは 今式典のトークライブにも出演していた

インテリア・デザイナー“橋本 夕紀夫”さんデザインによるもので  トーヨーキッチンさんの工場で出た

ステンレスの端材(注--普段はリサイクルして使用しているそうです。)を使用して製作したそうです。

かなり“デコラティブ”な出来映えで見る者を圧倒します~さらに夜はライトアップで趣を変えます!

 

今回は 少し早く到着しましたので 2Fの式典準備の間 3Fのショールームをじっくりと見学しました。

何と言っても このキッチンは迫力が有りました~フランス生まれのヴィンテージテイストキッチン

Pot au feu(ポトフ)”~フランスのメーカーProvence&Fils社製のインポート品¥6,520,000

 

もちろん “iNO LEONE”も しっかりと主張してます。
 

サイドから見ると T型ですね・・・確か反対側には“Leoneエンブレム”があったと思います。
 

それから、トーヨーキッチン&リビングの所謂“リビング”の部分~家具の展示も多くなりました。

これは“BDバルセロナデザイン”の作品で「Leda Armchair(レダ・アームチェア)」¥1,764,000

(注)BD Barcelona design・・・バルセロナ発の若い建築家グループのデザインハウス



あの シュールレアリスムの代表的なスペインの作家“サルバドール・ダリ”の作品

「薔薇の頭部の女」に描かれる椅子をそのままカタチにしたもので、脚部はハイヒール履いてます。

↓この絵がモチーフ



こちらの「Calvet armchair」か これもスペインの巨匠“アントニオ・ガウディ”のデザインの椅子

 

そして、このテーブルは「Eggshell Table(エッグシェル・テーブル)」・・・・殻の破片を天板全体へ

職人が貼り付けて完成するテーブル、殻をローストすることで 様々な色合いに調節し、模様に合う

殻を一枚ずつ組合わせて出来ているそうです。・・・・¥680,400(税込み)












トーヨーキッチン&リビングさんの目指す方向性は充分理解出来ますが 現在の御時勢柄
 
受け入側の購入者がどれだけ共感できる人がいるのか?果たして市場性は有るのか?

しかし、渡辺社長は 今後も本気でこの方向のライフスタイルを提案していくそうです~エライッ!

これが“ TOYO KITTCHEN STYLE”なのです。~皆さんも5年後には解る時(?)がくるそうです。


3Fのショールーム展示品を堪能した後は インテリアデザイナー「橋本夕紀夫」さんとナビゲーター

「清本専務」さんのトークライブに参加しました、この日のテーマは“デザインは素材から”~

トーヨーさんの過去参加したイベントでは 最多の観客でした トークライブ中はずーっと立ち見
 

銀座の「水響亭」や日比谷の「ザ・ペニンシュラ東京」など  過去に手がけた作品をモチーフにし

 “素材”から受けるインスピレーションが “デザイン”に反映された作品の例を紹介してくれました。

いまさら、“デザイナー”を目指すつもりは有りませんが たまには刺激になって良いものでした。


トークライブ後は パーティの始まりです。ここでも トーヨーキッチン&リビングさんらしく ~

よく冷えた“シャンパン”に“ワイン” そして “ストロベリー”&“フルーツトマト”&“野菜スティック”etc

決して 乾き物などは有りません~この日は運転手付でしたので 一杯だけ頂いて帰りました。

       
緊急PS・・・“KS-星の”が TOYOキッチンさんで プランの御手伝いをさせて頂いた “みのや”さんの
 
「M様邸」の内覧会が、明日-4月16日(土)一日限定で開催されます。TOYOさんのキッチンに

御興味のある方、本当に良いの家作り の情報を手に入れたい方は 必見ですね。

詳しくは こちら→トリプル断熱・ゼロ宣言の家 グリーンライフ三重 (株)みのやさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お弟子さま☆からのお願いでした。          Hoshino
                                                                        

昨日はTOYO KITCHENさん 新商品発表会に行ってきました。

こんばんは、”KS-星の”です。

トーヨーキッチンスタイル 名古屋さん
 
ino PROVENCE(イノ・プロヴァンス)発表会












この商品の現物に逢いに行ってきました。   *PROVENCE=南仏のイメージ

この商品のコンセプトは 豊かな時間、スローライフ。----時間がキーワードのデザインとの事です。
http://blog.toyokitchen.co.jp/news/2010/05/ino_8.html

発表会会場の模様       レンジフードは「MANTA(マンタ)」
 

沢山の来場者の為 中々 Best Shotが出来ません。



扉、ハンドル 共に アンティークテイストを出しています。
 
ハンドル部(4種)
*Aging Crash(エイジングクラッシュ)---使い込むうちに刻まれるキズの再現
                                                      ハンドメイドで一つ一つ仕上てます。
*Byblos(ビブロス)-------ブラックニッケルメッキ

*Palmyra(パルミラ)-----クロームメッキ  *Babylon(バビロン)----ハンドルレス

扉(3種)
*Brique(ブリーク)----繋ぎ合わせた古木をモチーフにアレンジ

*Bleach(ブリーチ)----太陽に長時間晒されて耐食した木肌をイメージ

*Rusty(ラスティ)------金属が錆びてなお、なめらかな表面を生むような質感




キッチン自体のスタイルは 未だ モダン系ですが、装飾はレトロ感を取り入れています。

新品なのに 敢えて使い込まれ経年変化の上出来たが如く”キズ”をもデザインにし

あたかもそこで 長年仕事をして来た様な風合いを醸し出す 工夫がなされているのが特徴です。

このキッチンにはアンティ-ク調の猫脚ダイニングテーブル(ヴィンテージスクラッチ施し)

が似合います。---こちらも商品です。 (・・・これは 買って帰りたいくらいでした。)

アカシア製テーブルが¥89,000 チェアが一脚¥31,000・・・・ 思ったほど高く有りません。



今年のEuro cucina(ユーロクッチーナ)のキッチンメーカーの出展品傾向は

”トラディショナルでクラシック”なデザインの復権との報告が来てます。

Toyo Kitchenさんは この傾向をいち早く取りこんで この商品を発表したのでしょう。

ここ数年 国内メーカーは揃ってシンプルモダンのニューヨーロピアン系のキッチン

ばかりで、テイストの違うインテリアに御提案させていただく商品に苦労していました。

今回のino PROVENCEの反響で 少しはデザイン傾向が 変ってくるだろうと思います。

やはり、アンティークテイストには レトロ調なガスコンロが本当は似合いますよね。



本当は こんな商品が良く似合います。国内のガス機器メーカーさんへ

ガラストップコンロの時代はそろそろ終わりにしましょう。(エイジングの味出ません。)




またまた、今回のトーヨーキッチンさん驚愕の新しい 空間提案です。

Herb Pot(ハーブポット)----ハーブをLEDの光で栽培する収納


Herb Potに使用されている 赤色・青色LEDには光合成を促す作用

があるそうで、室内で天候や害虫の影響をうける事無くハーブ栽培

が出来ます。さらに 赤色LEDの光をあてて育てたハーブはあてずに

育てたハーブに比べ、ビタミンCの含有量が9倍以上になったという

実験結果もあるそうです。(未来型農法としても期待されます。)




こちらの Furnitureも 商品です。 Commode(コモード)03
 
「Tse&Tse ツェツェ」の作品で 日本の伝統収納 階段箪笥を模倣
したようなオブジェ的要素のある収納です。 ¥917,000


この他にも イギリスのデザインブランド「Establisyed&SONS」の家具

イタリアの「FOSCARINI」や「Vistosi」・・・etcのLighting

SICISのベネツィアン・モザイクタイルなどなど 普段はあまりお目にかかれない

商品がここには常時展示されています。

ここへくると、モダンアート美術館にでも来ているような気がしてきます。




おまけ①・・・・照明器具は その名も 「THE GREAT ONE」¥668,000
              側面引出収納に大理石置台と純銀製の果物台は完全にオブジェ風           


おまけ②・・・ガラスモザイクを身にまとった ”モザイクキャット”¥54,000
  
 
おまけ③・・・何故かアメコミプリントのソファー


以上 ”KS-星の”レポートでした。
                                                      Hoshino 

こんばんは、今日も元気に”KS-星の”です。

前回の”対面キッチンレイアウト上の留意点”に続き 対面キッチン参考現場を紹介します。

 
この現場は 新築されて半年後に 若夫婦向け 2F リビングにキッチンを増設した現場です。

S様息子さんは、新築完成当時は 御結婚相手が決まってなかったのですが 御結婚後は

ここに キッチン配置する予定で給排水等の設備は 床下(1F天井裏)に待機してありました。

予定より少し早く フィアンセが 見つかったので 新妻さんと御一緒に このスペースに収める

キッチンを決めるが為に ショールームをいくつも 回られてました。

そして、決めていただいたのは TOYO KITCHENの GRANDBAY/コクタン 2570mm

と、カップボード(家電収納付)+配膳カウンター2718mm(総間口は3495mmです。)


新築後半年と言う事で 内装はほぼ新品です。とても これだけの荷物を 無傷で搬入する

のは 難しいと判断し クレーン車を手配し 2Fベランダより 搬入しました。

*左写真が組立の模様 右の写真は完成後の写真です。併せて御覧下さい。

 

























キッチン部分の配置  天板はステンレス製 チタン研磨 3Dシンク(カッコイイ!!)
 
























キッチンとカウンター間通路部は 施主様と充分協議した結果 880mmにしました。
但し コンロ前とカップボード間は 1050mmとなります。
 
























レンジフード取付高さは 1686.5mm指定(但し,0.5mm精度は出てませんが・・・)
これは ダヴィンチの黄金比の近似値です。・・・ キッチンが2720mmの場合
 
























ダイニングテーブルの天板まで キッチン扉と併せて コクタンです。

IHヒーターは AEG(アーエーゲー)社製で 取扱説明では 少し苦労しました・・・・・

(Electrolux Japanさんに 何度もTEL~ でも、国産品の方がずっと高機能ですよ。)

ホント、若いお二人ですが トコトンこだわり を感じさせて頂けた現場でした。


但し、この御施主様とHoshinoは 最後まで冷蔵庫の配置で やり合いました。

結果は Hoshino御提案プランを採用していただく事ができました。

サムネイル左が 当初の御施主様予定  右が最終の形(冷蔵庫配置が左右逆です。)    

サムネイルをクリックして下さい。






S様はミラースライドドア(家電収納付)の全景をリビング側に見せたかったらしいです。

Ho「それも、一理有りますが この通路幅では 奥様がキッチンに立たれお仕事中に

御主人様が こっそり ビール取りにいけないので、 ダメじゃないですか?」

S様「そりゃ、そうだ!」 とは・・・・・ この二人に限って言ってくれませんでしたけどネ!

                                                                                  Hoshino

↑このページのトップヘ