"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:LA

時が経つのがホントに早く感じてしまう今日この頃です。こんばんはー"KS-星の"です。

先月は我が家の27回目の誕生日(結婚記念日)を迎える事が出来ました~そして、お祝いとして

今年は お仕事でお世話になった"Bar"のマスターのお誘いで3家族合同食事会に参加しました。

場所は"ナゴヤセントラルガーデン"にある"LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA" です。

このお店の詳しい事は今更説明するまでも無いでしょうけど、あの落合シェフがオーナーのお店で

「なかなか予約の取れないお店」としても有名なイタリアンレストランですね。

 

開店前~店外からガラス越しに見える厨房では忙しく準備をされているスタッフの姿が窺えました。

この日はPM18:00~のDinnerを記念日を祝う三家族のみの個室を予約して頂いていました。
 
LA BETTOLA (ラベットラ)はイタリア語で食堂・定食屋という意味らしいです。

あくまで、RISTORANTE(リストランテ-高級店)では無く 美味しいイタリアンを気軽に楽しめる~

これが、落合シェフのモットーであり そこを実現されているところが人気店を維持する秘訣でしょう。

その一つが選べるメニューの豊富さです。我々がオーダーしたのは"Cena A"で¥3,800 でした。

コース内容は" Antipasti(前菜)"・"Primi(パスタ)"・"Secondi(メイン)"の各々を定番メニュー

10種類程度+本日のおすすめが各々に数種類・・・この中からお好みの組合せを選択するという

初来店の我々には至難の業でした。(メニューを決定してオーダーするまで数十分かかりました。)

 

考えた挙句のオーダー・・・やはり"Antipasti"は「本日の前菜の盛り合わせ」
 

"Primi"
「フレッシュトマトと魚介のラグーのストロッツプレティ」     「生ハムとマッシュルーム、アスパラの生クリームソース フェトチーネ」












"Secondi"
本日の煮込み料理「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」  「手長海老と帆立貝のシチリア風オーブン焼」













これは追加オーダー「人参のステーキ」 ~意外とイカシテます~是非オススメしたい逸品です。

このお店の佐藤支配人はソムリエですので、すべておまかせでお値打ちなワインも頂きました。
 

この日は三家族各々の記念日を祝う会でしたので、"Dolce"はバースディケーキ
 

そのケーキを一人分づつにカットしてもらったものと、コーヒーを頂きながらそろそろ晩餐会も終盤

個室で周りを気にせずに楽しく歓談しながらの晩餐会だったので 時の経つのを忘れていました、

この時点で入店から約4時間が過ぎ、そろそろ帰りの電車が気になる時刻となっていました。

 

本格的なイタリアン料理を豊富なメニューの中から組合せるディナー、しかも リーズナブル

"LA BETTOLA da Ochiai  "が繁盛店である理由が良く理解できました。

 
残念ながら この日は『落合シェフ』の姿はこのお店には有りませんでした。

御本人がいらっしゃる時は テーブル迄御挨拶に来てくれるそうです。   Hoshino

早いものでもうすぐ9月も終わり、今年も3/4が終了ですねー。こんばんはー“KS-星の”です。

ところで、先般御紹介してました通り、我が家の次女“no”が 英国のロンドンに語学留学の為に、

長女“sa”は遅まきの「夏休み」を利用して 韓国のソウルにバカンスに出かけていました。

そして、この度 二人とも ほぼ同時に無事帰国する事が 出来ましたー!

 

そして、親父“星の”へのおみやげ~まず次女“no”からは・・・カード1枚とMUSIC CDを4枚

 

「LE VOYAGE DANS LA LUNE(邦題/月世界旅行)」・・月の目にロケットが突き刺さってるやつ
 

このショートフィルムは1902年に フランスのジョルジュ・メリエスによって脚本・監督された作品で

世界初のSF映画、ある解説には「幾つかの映画の“始まりの中の始まり”の代表作」とされてました。

“星の”も「Google ビデオ」で早速鑑賞しましたが、百年以上前のものと思えないくらい面白いです。

ここで観れます、是非ご覧ください。→ 『月世界旅行』(1902) Google ビデオ

ある時期、ポンキッキーズのオープニング曲「さあ 冒険だ」のイメージ映像でも使用されてました。


 








あとは、ロンドンのCDショップで 視聴&ジャケ買いにて購入したCD4枚のうち お気に入りを2枚

親父がすべて聞いてから 気に入ったものを2枚選んで セレクトCDがお土産になる仕組みらしい。

もう聞き始めていますが 4枚ともジャンルは ハウステクノ系です。今風のエレクトロ・サウンドですが

何処と無く80年代のテイストを感じるアルバムばかりで 親父が聴いても何の違和感も有りません。
 

“Azari &Ⅲ/アザリ・アンド・サード”、“THE MACHINE/Red Head”、“Jimmy Edgar/XXX”、

“LE CL SSICS/LeLe”の4枚なのですが、どれを選択するかは、現在の処 未だ思案中なのです。

お次は もう何度目か?の訪韓なんですけどー “我が家の韓流娘” 長女“sa”からのお土産は・・・・

何と“DIESEL(ディーゼル)の ベルト”と“CHANEL(シャネル)のソックス”でした。

 


“DIESELのベルト”は 親父の休日に履いている「ジーンズ」に良く合いそうです。
 

“CHANELのソックス”は    ロゴマーク入り~これは確実に「勝負靴下」ですね!

 

何はともあれ 二人とも 無事に帰国できて良かったです。

 

但し、玄関ホールを早く片付けて下さいネ!  Hoshino

↑このページのトップヘ