めっきり秋らしくなりましたねー今日は少し肌寒い一日です。こんばんはー"KS-星の"です。

昨日の日曜日は 急遽休日となりましたので 文化に触れる一日とする事にしました。

向かった先は 津市の「三重県立美術館」。"Yu"お気に入りの 日本の近代洋画の礎を築いた巨匠

のお二人『“藤島武二"・"岡田三郎助"展』~近代日本洋画の理想郷~を鑑賞して来ました。
 

藤島武二(1867-1943年)薩摩藩、岡田三郎助(1869-1939年)佐賀藩と共に九州出身の

この二人は 明治~昭和初期にかけてほとんど同世代、同時期に活躍した「洋画家」なのです。

しかも 日本の洋画壇では指導者的な役割を果たし 後進のものに大きな影響を与えながら

自身たちは 常にお互いを刺激しあう“永遠のライバル”関係でした。

展覧会は この共通点の多い二人の画家の経歴や足跡を振り返る事が出来る展示となっています。

当時の欧州では“ジャポニスム”が絵画の世界でも大きな影響を与えていた中で 純粋な日本人画家

が本格的な洋画に挑戦し 東洋的なエッセンスを盛り込んだ独自の画風を築き上げた様が解ります。

これを今風に表現したのが “JAPANESE BEAUTY”なのでしょう。

百点を裕に超える出展数でしたので PM2:00すぎに入り 見終えたのは閉館のPM5:00でした。
 
 










急いで ミュージアムショップで図録を購入して帰路に~

美術館を出た時には 周りは既に薄暗くなってました。



そして、この日の美術館に行く前の腹ごしらえは“大正ロマン”感覚を先に植え付けて於くために

津市丸の内にある“東洋軒”で「本日のおすすめランチ~ブラックカレーハーフ替」を頂きました。

 

濃厚なポタージュスープ                                      白身魚のフリット~ラタトゥイユ添え~











自家製ソーセージ~マスタード添え~                     そして名物“ブラックカレー”ハーフサイズ










これに小コーヒーがついて¥2100(税込)です。(デザートは苦手なので~抜きで・・・)

“東洋軒”では これまでブラックカレーの単品しか食べた事が有りませんでしたので 初コーストライ

でしたが、個人的にはやはりここでは“ブラックカレー”に集中したい感が有りますね!

しかし、たまには“西洋料理史”を想い大正ロマンの雰囲気を満喫するのも良いでしょう。

 
この日はランチタイムに予約無でギリギリ入れて頂きましたが、我々以降のお客さんには1時間以上

の待ち時間をお店の方が告げてました~行かれる際には予約を入れておいた方が良さそうですね。

                                                             Hoshino