サッカー“なでしこジャパン"の御一同様~国民栄誉賞の受賞おめでとうございます。

昔はサッカー少年、現在は さすらいの中年キッチンスペシャリスト“KS-星の”からの~

本日御紹介する現場は 先日御紹介した L型対面キッチン改修工事レポートの続きです。

まずは、コーナー吊戸棚とレンジフードの取付からです。
 

大型電動昇降吊戸棚(W=1650)は本体のみで重量約75kg 収納最大積載量が25kg

従って、最大100kg以上の耐荷重が掛かります。今回は充分に耐力補強した取付壁に固定

すると共に 天井内部下地より10mmのボルト4箇所で吊る方法で万全の体制で挑みました。



今回採用したキッチンは クリナップさんから新発売、リニューアルしたての新クリンレディです。

世界初のステンレス素材「NSSC FW1」を使用したステンレス エコキャビネットが標準装備、

側板、底板などの構造自体のすべてが 新素材のステンレスで出来ているという代物なのです。

 

そして、ダイニング側にも収納を設けました、こちらの構造部はご覧の様に木製です。

ここで使用する収納の開き扉キャビネットは標準設定では無く "特注仕様”になります。


実は このL型キッチンはコンロ側で コーナー用家電収納庫を使用して、もう一回折り返して来ます。

だから、平面上収まりは "L字型キッチン”と言うよりも"U字型キッチン"になります。“星の”周辺は

 「フラット対面L型キッチン+コ-ナー家電収納ハイフロアー付のアッパーUライン」と呼んでいます。
 


シンク側のプレミアムデザイン入り アクリストンワークトップも無事に設置 施工も終盤を迎えてます。

今回のプレミアムデザインは 木イチゴをモチーフにした"ミュールホワイト"(FC製法)でした。
 

しかし、このキッチンには致命的なプラン上のミスが1か所有ります。さて どこでしょうか?

キッチンプランナーとしては初歩的なミスで お恥ずかしい限りの話ですが、同様な収まりの

プランでは、陥りやすい箇所ですので プランナーの皆さんは 同じミスをしないようにね。

この写真をご覧になって 30秒以内に欠陥部を発見出来た方は プランナーとして合格でしょう 。

 

現在その箇所については 特注にて製作中で 施主様御了解の上で問題解決できそうですが、

見積の時点でエラーにならず作図が出来てしまったり、その後の発注時や工場出荷時での

チェック機構のすべてを難なくすり抜けて そのまま現場に来てしまうのも 考えものですね。

この現場の完成報告は いずれまたの機会にさせて頂きます。 ・・・・ Hoshino