"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:茂庵

急に暑くなってきましたので 昨日より当社事務所では 今年初エアコンの冷房を開始しました。

しかしながら、今年からは節電意識を持たねばなりませんね。設定温度は高めで行きましょう!

本日はシリーズ第三弾「お店に行ったら"手洗器"をいろいろ見てみましょう」をお届けしましょう。

こんばんはー「☆のキッチン研究所」所長の"KS-星の"です。

以前にも書きましたが、一般的な住宅に於いて水廻り設備は デザイン性よりも実用性を重視する

傾向に有りますが 手洗器ぐらいは少し遊び心(非日常)が有っても良いものだと思っています。

新しい空間提案の為、お店に行くとそのお店の手洗器を取材させて頂く事が癖になってしまいました。


まずは、こんな感じの店舗内トイレ手洗い・・・手洗いボウルが四つ並んでいる様に見えます。

もちろん、実際には手洗いボウルも水栓も一つしか有りません。コーナー部分に手洗器を取付て

両サイドの壁を ミラーで仕上げると こんな感じになるのですね。なんか不思議な空間となってます。
 
神戸に有る 神戸牛ステーキのお店"ISHIDA"~神戸牛鉄板焼きは美味しいに決まってますね。













お次は 狭小壁掛手洗いの例・・・ゴールドブラスの水栓がアクセントとなっています。

この手洗いなら 狭いトイレ空間のアクセントとして面白いですね。
 

これは、カフェオレボウルが印象的な "CAFE SNUG"さんのトイレの手洗いでした。












これは 屋外に有る手洗い場・・・シンクは銅盤で下部は石造で出来てます。

 

自在水栓への給水管は竹筒の中を通すという荒業に出ています。












これは大正時代に創られた元は “茶の湯”の為の場・・・・京都の"市中の山居"カフェ【茂庵】さん













これは、望月通陽さん通の名古屋のカフェ"ポジティブカフェ ボウ"さんのトイレの手洗い
 

無垢の木製カウンターを切欠き 壁付けであろう手洗器をカウンターと面一で収めています。

結構簡単な様で 繊細な仕事だと思います。ボウルや水栓も恐らく 輸入品を使用されてます。

カウンターの上には 手拭用の"ちり紙”が 積まれていました。













モザイクタイルを施し特注で製作したと思われる 手洗器~世界に一つしかないでしょう。
 

ここは、京都市四条烏丸にある "Osteria Bastille(オステリア バスティーユ)さんです。











本来このお店は 手洗いの事よりも お店のお料理を御紹介しなければなりません。

まだ ランチに一回 行っただけなのですが ここのパスタは絶品でした。(前菜も美味しかったです。)

店名の"Osteria(オステリア)"はイタリア語で"居酒屋"の意味、"Bastille(バスティーユ)"は

フランスのパリ有る街の名前らしいです。この店のコンセプトはこの店名由来からも 解るように

"イタリアン×フレンチ"的な発想でお互いの料理のいいとこ取りを目指しオリジナリティを出してます。

京都四条に行ったら是非お試しあれ!ランチは¥900~¥2,800程度でお値打ちですよ。
 

まだまだ 取材ネタは沢山有りますが 本日の御紹介はこれを最後にします。

四日市のオーセンティック(正統派)バー  マスターが素敵な 【 a tantot(アタント)】さんです。

メラミンポストフォームに埋め込みの洗面ボウル・・・・何の変哲も無い様な手洗いなのですが

ここにお邪魔する時は "星の"酩酊状態の時が多く 手洗いがどんなだったか記憶に有りません。

ですから、ここに記録させておいてください!
 

トイレには ゴールドブラスの金具が付いている事は 何とか覚えているのですが・・・











いつも楽しいウンチク話と 美味しいお酒を有難うございます。(最近は御無沙汰ですみません・・)

そして、最近の"星の"作 トイレ手洗器(収納家具付)はこんなのでしたね。
 
 
どこか、面白い店舗の手洗いが有ったら教えて下さいネ!取材して来ますから・・・・

又、Part4で逢いましょう。                          Hoshino

“みのや協力会”の忘年会では“鈴鹿の親分”と 久々に夜更かしでやらかしました。ico54

本日は 先日の京都紅葉散策の時の ランチの報告です~こんばんは“KS-星の”です。

山の麓で見つけた【茂庵】さんの看板・・・・我々にとっては この後もこれが“頼みの綱”です。
 

序盤は 紅葉を眺めながら 石畳階段を“散紅葉”踏みつつ登って行きます。
 

何せ 看板が道案内です。(神楽岡ルート) これが無いルートからは 到底たどり着けません。












だって こんな道をどんどんと登りつめるのですからね。











やっと それらしき建物が見えてきました。 麓からここ山頂まで 10分程度歩いたかな~

マイナスイオンの降り注ぐ山中に 純木造2階建ての 風情のある 建物が姿を現しました。
 

 これが 大正時代に創られたもともとは “茶の湯”の為の場・・・現在はカフェの【茂庵】さん

 2004年には 京都市の「登録有形文化財」に登録されています。
 

京都市内の吉田山 山頂に有り 西には京都大学、東には銀閣寺という 町中でありながら

ほんの少し足を伸ばすだけで どこか遠くの山中にトリップした如く・・・が"コンセプト”のお店
 











本当に この"ロケーション”だと 京都の市内だという事を ひととき 忘れてしまいそうです。

京都の街中にある 町家風のカフェとは また違った趣のある 自然と一体化した「市中の山居」

我々が到着したのは 開店 間もない AM11:50頃でしたが 既に満席でした。

そして、ここが一階にある 待合コーナーです。一台のパソコンと 少し古めの雑誌が有りました。
 

そして待つこと40分程度・・・名前を呼ばれて 靴を脱いで 階段登り2階のカフェスペースへ・・・

店内には天井は無く 小屋組みは 現しで 小屋丸太、桁、母屋、棟木等 屋根を構成する荷持ちの

構造部はすべてオープンな状態、しかも小屋丸太なぞ 光り輝いています。・・・いい仕事してますね。

 

ここで頂いたのは 今月の月替わりランチメニュー(師走でしたけど、霜月メニューでした。)

"鶏団子と大根の煮物”、”ひじきと油揚げの酢の物” 、"柿のごまソースがけ”、

"さつまいもの味噌汁”、 "雑穀ご飯”  で¥1,370・・・どれも上品な味付けで美味しかったです。

特に 見た目でデザートと思っていた "柿のごまソースがけ”は 「おかず」としてもいけてました

意外性もあって印象的でした。・・・・・・“さつまいもの味噌汁”も・・ね!

 

内装は余分なものは一切無く、とてもシンプルです。店内でグラスなど小物販売も有ります。













店内のカウンターから見れる景色~木々の間の遠景には京都の町並みも臨めました。


そして 食後にはコーヒー、"Yu"は柚子ジュースを頂きました。 ・・・・・マドラーが"枝”でした。
 

ランチタイムの僅かなひと時でしたが まさに"癒しの空間"で"癒しの時間"を味わう事が出来ました。

    

そして、帰りのコースでも"紅葉"を眺めながら 下山

  

                                            Hoshino

↑このページのトップヘ