"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:石窯パン・和みカフェ

本日はシリーズもの第四弾「お店に行ったら手洗器をいろいろ見てみましょう」をお届けしましょう。

こんばんはー「☆のキッチン研究所」の所長を務めさせていただいています"KS-星の"です。

いろんなお店の手洗器を 調査してみると、そのお店が目指すインテリア傾向が反映されている事

が多い事に気が付きます。そこには、オーナーさんの思い入れが一杯詰まっているのでしょう。

多少の遊び心も許される設備器具ですので、一般住宅にも生かせるヒントが有ると考えています。

まずは、このお店の手洗器~岐阜県多治見市の山間に有る"ギャルリ百草"さんのトイレ内手洗い

特注のステンレスボウルを加工したベッセルタイプに、衛生カラン(ロングレバー付)
 
築百年の古民家を移築して、ギャラリーとしてオープンされた"ギャルリ百草"さんのオーナーさんは

陶工作家の「安藤雅信」さんと衣服作家「安藤明子」さん御夫婦とも人気の作家さんだけあって

トイレの手洗器も シンプルな仕上りでありながらも、そこには深い芸術性を感じさせます。

  












併設されている"ももぐさカフェ"の店舗内にある 手洗器も 一見は何気無い様ですが、このボウル

も トイレ内手洗いカウンターに使用されていたものと同様 特注で製作されたものと思います。


























こちらは、四日市市広永町に有る"石窯パン・和みカフェ ゆるり"さんのトイレ内手洗器

こちらも築86年の古民家をカフェとして再生したお店で、お手製の石窯で焼いたパンが売り物です。

最近はこの様に 大手メーカー品でなく 焼き物の陶製手洗いボウルを木製カウンターに設置する

パターンが多く見られます。手洗器の色・柄と壁のタイルとの配色の相性も良く お洒落な感じです。
 

"ゆるり"さんのランチは、オーガニックでヘルシーナメニューに御自慢の"石窯パン"でした。












こちらは、桑名市西方にある カジュアルなフレンチレストラン"イルフェボゥ"さんの手洗器

輸入品と思われる陶器ボウルと水栓金具を モザイクタイルを施したカウンターに埋込んでいます。

シンプルなカウンターの上にハンドソープや一輪差しなど小物をアクセサリーとしてトッピング。
 

フランス語で「いい天気だね。」と言う意味の「IL fait beau(イル フェ ボウ)」さん、本場フランス

の本格レストランと国内老舗レストランで修行をされたシェフの御主人様と"山本容子"さんの作品

を好まれる奥様の 日々の暮らしを大切にされている様子が感じられる 店づくりとなっていました。














これは、滋賀県甲賀市にある"Gallery-mammma mia” &"patisserie MIA"さんの手洗器

銅板を叩出して製作したであろう"一槽シンク”に 白玉砂利を敷き詰めて 音と水はねを緩和させて

いました。白い塗り壁と木製カウンターの自然素材とマッチして 癒しの空間演出がなされてました。



丘の上に有る 既に廃校となっていた木造校舎を改築して、ギャラリー&カフェをオープンされました。

オーナーさん自身が 木工作家さんと言う事も有り、店内内装は古き良い物をそのまま残しながらも

センスの良い仕上りになっていました。そして、この場所を「文化の発電所」にしたいと切望してます。














そしてこちらは、京都の亀岡市 英国通が集う“DREAMTON VILLAGE PONT-OAK”さんの

トイレ内の海外ブランドと思われる"ペデスタル"型の洗面器、"ペデスタル"とは柱、彫刻、壷などを

置く台座や土台を意味し、洗面器の場合は陶磁器製の足(台座)が付いたタイプの事をいいます。

陶器部分には優しい花柄が散りばめられ、アンティークブラスの単水栓が2つ取付けて有りました。

西欧では古くからの定番型ですが、国内でもクラシカルテイストを目指すユーザー様からの御依頼

で取付ける機会も増えました。但し、取付の際には下地段階から綿密な御計画が必要となります。

 

“PONT-OAK”さんでは、建造物といい、ロケーションといい、オーナーのこだわりが随所に感じられ

英国のカントリーサイドのどこかの村に来ている錯覚に陥りそうな雰囲気を味わう事が出来ました。

こちらで頂いた本格的な「フィッシュ&チップス」は 一瞬にして英国での想い出を甦らせてくれました。













今回シリーズ最後に御紹介するのは 三重県津市に有る洋食屋老舗の“中津軒”のトイレ手洗器

このお店は創業が明治44年と言う老舗中の老舗です。もちろん、この手洗器は創業当時の物では

無いでしょうが、床・壁に貼られたタイルと飾り気の無い陶器製手洗器は、レトロ調に仕上げたという

代物ではなく 永年に渡り使用し今も尚働き続けている リアルなレトロ品と空間となっていました。
 
店内内装は 下町感覚のレトロな洋食屋さん風で、気取った雰囲気は無く とても庶民的な感じです。

こちらのお店では 名物「メアベア」を頂きました。牛・豚・鶏の3種の肉と大盛りの玉ねぎなど野菜類を

炒め、創業当時から継ぎ足しの秘伝デミクラスソースで煮込んだものを、さらにオーブンで焼いて、

最後に半熟目玉焼きをトッピングした料理です。リーズナブルでとても美味しかったです。













まだまだ御紹介できる“手洗器”は沢山有るのですが、今回はこれくらいにしておきます。

この続きは 第5弾で・・・・・・出来るかな?                         Hoshino

先週は久々土曜休暇が取れました。 ごきげんようー"KS-星の"です。

このところ 日祭日は何とか休みとれますが 土曜日となると 中々休みが取れません。

その分日祭日には、日帰りで遠方迄 ドライブしたり、近場でランチを楽しんだりしてますが、

日祭日 "星の"同様にお休みで 以前から 気になっているお店が有りましたので 先週の休日は

そちらに お邪魔して来ました。~ そこは 広永町に有る 「石窯パン・和みカフェ ゆるり」さん

 

築86年の古民家を再生したお店で、お父様お手製の石窯で焼いたパンの販売とカフェが有ります。


 

駐車場の一角には 石窯で焚く為の 薪(まき)が沢山置かれていました
 

お店の玄関は ステンドグラスをはめ込んだ引き戸となっていました。

このステンドグラスは 菰野にある IRON WORKS "bambino"さんの製作によるものだそうです。
 


お店に入ると 陳列台に こだわりの厳選素材で 本日焼かれたパンの販売コーナーが有ります。

厳選素材とは 小麦粉は 岩手・北海道・三重県産、天然酵母はホシノ丹沢酵母(名前がよろしい!)

塩は沖縄シオマースなどで 一晩ゆっくり発酵させると 自然の甘さのもっちりパンができるそうです。
 

入店後案内して頂いたのは、もちろん畳敷きのお座敷でした。

店内は木造軸組で 梁や床梁が現わしの 土間や縁のある 純和風様式の古民家テイスト

最近はこのお店の様に、 日本古来から引継がれて来た古き良きものへの懐古(ノスタルジー)

に訴えかけるお店が多くなり、そんなお店が出来ると気になって 出かけてしまいます。

我々の幼少期には この様な建て方の住宅が多く存在してたので、確かに懐かしく感じますが

洋風の生活様式が多くなった住宅で育った若者達は この雰囲気をどの様に感じるのでしょう?

やはり、日本人の血が流れていると 伝統的な空間には 癒されるものなのでしょうかねー。

 

この日のランチ「 野菜のミネストローネ」のパンセット (春キャベツ、さつまいも、しめじ、トマト、

にんにくなど)具沢山で オーガニック・ヘルシーなメニューに石窯パンとサラダが付きました。

このスープ は パンやピザを焼いている"石窯”の余熱で煮込んでいるそうです。       
 

"Yu”は 「石窯焼きハーブチキンのベーグルサンド」のサラダセットを頂きました。
 

食後は これもオーガニックなコーヒーを頂きながら ゆるーい気分で 休日の午後を満喫しました。

 


店内の広縁に置かれた火鉢の上の"ウサギのオブジェ”・・・何に使われていた物でしょうか?
 
"ゆるり”さんの営業日は 水曜日~土曜日ですのでお気を付け下さい。

営業時間はAM9:00~18:00 ランチ以外に モーニングも楽しめますね。

サムネイルをクリックすると 今月のメニューが見れますよ。 
 
   ↓     ↓    ↓
 やはり 素材にこだわる"ゆるり"さんも 震災の影響で
 
 岩手産小麦粉が入手しにくいので 御苦労されているようです。

 被災者の皆様には 返す返す 一日も早い復興をお祈りいたします。


                                                                  Hoshino

↑このページのトップヘ