やりましたね!サッカー日本代表 決勝リーグ進出。

早寝早起きでTV観戦しました。こんばんは” KS-星の”です。

デンマーク戦の詳細は 皆さんも良くご存知でしょうから 敢えて細かく解説はしませんが

やはり この試合でも 先回のBlogで御紹介した 現日本代表の世界に通用する3選手

(松井、本田、長友選手)の大活躍あってこそ 勝利できました。

特に 1得点1アシストの本田選手の活躍は世界中が賞賛しています。

しかし 、この試合も やはり Hoshino的 マン・オブ・ザ・マッチは ”松井選手”です。

  
守備にも攻撃にも彼の頑張りが無ければ この試合勝つ事ができなかったでしょう。 

今回はプレーの派手さは あまり無かったですが、守備では 危険を予知し早めのプレス 、

攻撃では 起点になったり 溜めを作ったり 彼のサッカーセンスが随所に輝いていました。

この試合で彼のボールコントロールやドリブル、独特のリズムとクレバーさは 確実に世界のトップ

レベルだと確信する事ができました。 岡田ジャパンの救世主は間違いなく ”松井”なのです。

 

決勝トーナメント第一戦は南米予選でアルゼンチンやブラジルにも勝利している 「パラグアイ」です。

今大会初の南米チームとの 戦いですが 現在の日本代表なら 南米的サッカーの方が組し易い様な

感がし、勝利する事も決して夢では有りません。

但し、岡田監督が変に奇策を狙って 選手や戦術を変えてこない限りは。ですが・・・・・

(でも個人的には、森本には今大会でW杯の実戦を少しでも経験して欲しいと 思います。)

                                                                                                        Hoshino