"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:日永うちわ

本日は蒸し暑い中 当社では今期の決算棚卸しを実施致しました~こんばんはー"KS-星の"です。

先日は、三重県指定伝統工芸である"日永うちわ"で有名な「稲藤」さんへお伺いして来ました。
 
"星の"は もう50年以上も三重県人をやっていまして 地元四日市での生活もそれなりに長くなって

ますが、お恥ずかしい事に 地元に"日永うちわ"なる伝統工芸品がある事を存じ上げませんでした。

昨年夏、 湯の山温泉「寿亭」に日帰り入浴&ランチに出かけた時に見た「水雲閣と"日永うちわ"展」で

初めて拝見しその存在を知った次第です。その時に 江戸時代から伝承されている工芸品である事や

既に現在取扱っておられるのは、「(株)稲藤(イナトウ)」さんのみしかないと言う事も知りました。

こうして気になる存在になり始めた"日永うちわ"でしたが、その後にさらなる驚愕の事実を知る事に・・

それは、現在の稲藤四代目さんに嫁がれている女将さんは、"星の"中~高校で同級生の女子ー!!

そんな事で今回は、稲藤四代目女将さんこと"和美常務”様にお店を案内して頂く事としました。

日永に有るイナトウさん本店2階に上がると "日永うちわ”の展示・取扱コーナーが有りました。
 

江戸時代、東海道「日永の宿」ではお伊勢参りのおみやげ物の一つとして好評を得ていたそうです。

お伊勢参りへ行く途中に気に入った柄を注文し、帰り道に再び立ち寄り出来上がった"日永うちわ"

を お土産として持ち帰ったと言われています。この事実を詠った 江戸時代の書物(勢陽五鈴遺響)

には、「民家に団扇を多く造りて旅客に賑ふ店あり 名産とし日永団扇と称す。」と有ります。
 
"日永うちわ"の特徴は、一本の細く丸い竹をそのまま使っているので柄(え)が丸い、丸柄(丸竹)

うちわとなっています。丸い柄は良く手に馴染み、持つとひんやりとして 心地良い感触がします。

また、釣竿と同じ女竹(めだけ)を使用し、それを細かく割き(55本前後)交互に袋状に編んでいる

ので、竹が弓の様にしなります。その為、扇ぐ風が柔らかくなびくという優雅な持ち味が出ます。

そして、稲藤さんは 江戸時代より続く三百年の伝統と技を守り続け 現代に受け継いでいるのです。


その伝統と技を結集した"日永うちわ"は 平成6年 三重県伝統工芸品の指定を受けられています。


こちらの"うちわ"は、これも三重県鈴鹿市の伝統工芸の一つ"伊勢型紙”を地紙とした作品です。

稲藤さんは今年の経済産業省主催の工芸ルネッサンス・プロジェクト「Future Tradition WAO

に出展され、2月はニューヨークにて、3月はパリのルーブル美術館の有るルーブル宮内の展示会

にも常務さん自ら参加され、海外に向け"日永うちわ"を日本の伝統工芸としてPRなさったそうです。
 

近年は伝統工芸の技に加え、新しい試みの"うちわ”も開発され、こちらも好評を得ているようです。

こちらの"うちわ"には イネ科の大型多年草で菰野町の名前の由来でも知られる「真菰(まこも)」を

原料にした和紙を扇部の地紙として使用し作られているそうです。これも地元名産のコラボですね。
 

こちらの"香るうちわ"は、柄に近い窓部には"香り玉"を仕込み、お好みの香りの専用アロマオイル

を滲み込ませて扇ぐたびに香りも楽しめるという 新しい形のリラクゼーション商品です。香りを感じ

無くなったら、再びオイルを滲みこませれば良いので1シーズンのみでなく長期に渡って楽しめます。

他にも同じ仕組みで、虫よけ効果の有る ヒノキチオールの成分を多く含む「青森ヒバ」のオイルや

ゼラニウムのオイルを香り玉に滲み込ませる"虫よけうちわ"などが有ります。
 

バリ島の"ローケツ染め”のアジアンテイスト柄の"うちわ”~バティック以外も有りなんですね。













菰野在住の作家 伊佐みさ子さんとの共作うちわ "ローケツ染め”の鳥獣戯画の作品も有りました。
 

今後も地元の名産や名所、地元出身や在住の作家さんとのコラボした作品が楽しみですね。
 

この日はうちわ展示コーナーの隅で、最終の仕上げ工程を職人さんの手作業で行われていました。
 

そして、お土産に"香り玉うちわ(薔薇の香りのアロマオイルをセレクト)"を1枚購入して来ました。

今年の夏は、節電が一つのキーワードとなりそうです。個性豊かで、お洒落なうちわを扇ぐ姿が

新しい"COOL BIZ"のファッションとして流行するかもしれませんね。地元三重県四日市市発信

の伝統工芸品が、日本はもとより世界のファッションアイテムの一つに加われば喜ばしい事です。
 

早速、我が家の娘に持たせて そこらの夏祭りに出没させますね。
 

  ←サムネイルをクリックすると拡大します。

 今年も 寿亭 水雲閣 二階「櫻の間」にて「日永うちわ」展が開催されています。

 「水雲閣」は歴史と伝統のある建造物で国登録有形文化財となっていまして、

 その部屋から眺める 御在所の景色も"うちわ"同様涼しげで良かったですよ。

 皆さんも是非お出かけになって 三重県の歴史と伝統を体感してみて下さい。

                                                               Hoshino










昨日の休日は 四日市の街なか平野部では"大四日市まつり"で賑わっていましたが

この処の猛暑中の多忙で疲労困憊していた身体で「お祭り騒ぎ」に参加する気力も体力も無く

敢えてその喧騒から逃れ 義母も誘って 近場の温泉で日帰り入浴とランチして来ましたー。

という訳で 昨日は一日中完全にオフモードで過ごしました。こんばんはー"KS-星の"です。

行って来たのは、明治44年創業で歴史と伝統が息づく老舗旅館"寿亭"さんです。

 

この由緒ある老舗旅館は 皇族をはじめ文人貴人にも愛されて来ました。

中でも、文豪 志賀直哉の短編小説『菰野』に出てくる老舗旅館がこの"寿亭"です。

志賀直哉は、実際にこの旅館の「松仙閣」に逗留してこの『菰野』を執筆したそうです。

そして、その小説の中に何度も登場する名物女将が当時の女将「葛谷寿子」さんとの事

この女将さんは接客応接は基より 部屋のお花やお茶、歌も詠み、達筆な 賢人だったそうです。
 


そして、こちらが昭和4年に建てられた別館「水雲閣」~文化庁登録有形文化財にも指定です。

昭和初期の佇まいそのままに~大きな窓から眺める御在所の風景と川のせせらぎを楽しめます。

かつてはここに、文人や皇族の方などの要人が宿泊されたそうですが、現在は見学のみです。
 
滋賀の石山寺と同寸で作られた火灯窓をはじめ、樹齢百年を超す樹木から伐り出した梁を

使用し当時の現代風建築法を随所に取り入れた間取りとなっています。

中でも大変珍しいのが、「水雲閣」の大きな窓に使われている 透明な"大正硝子(ガラス)"

このガラスは当時の板ガラスの製法であった「コルバーン製法」で作られています。

当時ガラスを作る為に大型設備と高度な技術が必要であり、すべて受注生産の高級品でした。

現在の製造方式は大半が「フロート方式」で「コルバーン方式」で作られ現存するものは非常に

貴重なものとなっているそうです。「コルバーン方式」では溶けたガラスの冷却工程を長くとって

いる為 柔らかく粘りのある透明板硝子を作ることが出来たそうです。

この硝子を通して眺めてみる “御在所岳”は又 趣も変わって楽しむ事が出来ました。

 
現在(平成23年7月1日~8月31日)は四日市の伝統工芸『日永うちわ』の内覧が催されてます。

『日永うちわ』は江戸時代には 東海道日永宿でお伊勢参りの土産品として全国的に有名でした。

300年伝わる四日市の伝統工芸ですが、現在製造しているのは「稲藤」さん一軒だけなのですね。

 

そして、このお部屋(お食事処)でミニ会席のランチを頂きました。

ここからは、山頂に登る“ロープウェイ”が眺める事が出来ます。
 

これが ミニ会席(¥3,150) お刺身、天麩羅、小鉢、お鍋etc・・・どれも丁寧に料理され美味しい

但し、いつもの様に“茶碗蒸し”だけは個人的事情の為NG---“Yu”に手伝ってもらいました。


ランチ後は¥500で温泉入浴できます。雄大な自然に囲まれた“露天風呂"で汗を流した後は

ロビーにある歴史を感ずるアンティークなソファでゆっくりと寛いで 温泉を後にしました。 
 

昭和初期に建てられた『渓声閣』~ここには 昭和の風情をそのまま活かした貸切風呂が有ります。
 

たまには 近場の温泉でゆっくりするのも良いものですね。   Hoshino

↑このページのトップヘ