"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:ラ・ローズデバン

明日からお盆休みを頂きます。~こんばんはー☆のキッチン研究所 所長の"KS-星の"です。

お盆前最後の投稿は『お店に行ったら手洗器をいろいろ見てみましょう』の第五弾をお送り致します。

商売柄、お店にお邪魔すると どうしても水廻りの設備機器が気になります。中でも手洗い器を観察

すると、オーナーのデザイン趣向や建築者側の思想や少しの遊び心を垣間見る事が出来ます。

本日まず御紹介するのは、浜松市に有る"ぬくもりの森"さんの屋外トイレ内の手洗器です。

天然石を貼ったカウンターに埋込式の陶器ボウル、立水栓はアンティークな物が使用されています。
 
流石に建築家「佐々木 茂利」さん自身がオーナーだけ有って、やり切っている感を覚えました。

トイレの便座や陶器部分にまでも ペイントして有りました~ここまでやると遊び心も恐ろしいです。













こちらは 同じく"ぬくもりの森"内にある フレンチレストラン"ドゥソール”さん店内の手洗器
 
“ぬくもりの森”さんは 中世ヨーロッパの田舎風をコンセプトに村つくりをされていました。













こちらは同じく浜松に有る、綺麗な薔薇の咲くガーデンカフェ “ラ・ローズデバン”さんの手洗器

人造大理石カウンターにはめ込み洗面器、アンティークなブロスの単水栓を二つ取付てありました。

カウンター下部はオープン仕様でカーテンを取付、カウンター上にはやはり薔薇の飾りが有りました。
 

南仏プロヴァンス風の建物と オーナー御夫婦が何年もかけて手作りしたガーデンは素敵でした。














こちらは 鈴鹿市に有る本場四川料理のお店“楼蘭”のトイレ内手洗器です。

銅板を板金加工して特注したと思われる手洗器、既に緑青化していますが いい風合いがでてます。
 
店内のインテリアは中華というよりも エスニックな感じでした。ここの担担麺は美味しかったです。













こちらは 京都の岡崎公園近くに有る 菓子・茶房"チェカ"さんのトイレ内手洗器

花器スタンドを思わせるシンプルな手洗器ですが、お店の雰囲気にはしっかりマッチしていました。
 
お店のロゴ製作は 人気作家の“望月 通陽”さんが手掛けている事で知る事となったお店ですが、

今回は、このお店のオーナーさんが 四日市在住の人気陶芸家“内田 鋼一”さんと御兄弟という事

も知り、より一層愛着を感じるお店となりました。店内販売のコーヒーやスウィーツもお勧めです。













こちらは 津市に有るCafe“tayu-tau”さんの手洗器。これは学校の理科室なんかで使用する

実験用流しを手洗いとして利用しています。この商品は我々も たまに一般住宅にも採用してます。
 

店内は我々世代が通った小学校の雰囲気が演出されていて、ノスタルジーに浸る事が出来ました。














こちらは 京都府木津川市にある お花とカフェのあるお店“VERT DE GRIS”さんトイレ手洗器

恐らく (株)カクダイさんのLuju(リュウジュ)シリーズの壁掛手洗器でしょう。
 

廃ポンプ小屋を改装した店内はガーデニング雑貨やアンティーク小物がセンス良く並べられてました













これは 鈴鹿市南江島のカジュアルなフレンチレストラン“ドミニクドゥーセ”の手洗器

壁面全体に施されたミラーに取付けられた 海外ブランドのユニットタイプ壁掛手洗器でした。
 

こちらのフレンチランチバイキングはいつも満員の人気店。チョコレートファウンテンも有りました。

ここでは 他の席で食べている主婦の方々の食べっぷりと喋りっぷり圧倒されました。














こちらは 京都円山公園内に有る 老舗“長楽館”の喫茶コーナーのシステム手洗器

今回御紹介するお店の中で 唯一“星の”未訪問の処です。(“Yu”が友人と行った時に撮影)

面白そうなので 是非一度訪問して 次回は詳しくレポートしてみたいと思います。
 


そして、最後は何故か手洗器では有りませんが、京都四条に有るカフェ“SECOND HOUSE”の

店前で 蛇口からの水で冷やされていた“京野菜”~暑い最中に“涼”を演出してくれてました。
 
明日からのお盆休みにも どこかで手洗器をレポートしているかも・・・です。  Hoshino

この時期は、何と言っても薔薇の花が綺麗な季節ですね。~こんばんはー“KS-星の”です。

と言う事で、先日綺麗な薔薇の咲くガーデンカフェ 浜松の“ラ・ローズデバン”さんに行って来ました。

 

  “ラ・ローズデバン”さんは浜松市引佐町に有り

 新東名高速 『浜松いなさIC』から車で15分程度

 奥山高原方面に走ると到着出来ました。

 “La rose des Vents~バラの風~”さんは

 その名の通り、バラを中心にガーデニングされた

 庭の有るギャラリー・カフェ&ショップです。


奥浜名湖の山奥のローケーションに位置し 背景の山など周辺の自然を借景としてうまく取り込み

南仏プロヴァンス風の建屋と煉瓦畳の周りには季節の花が咲きほこる素敵なガーデンが有りました。

そしてこのガーデンは、オーナーさんご夫婦が何年もかけてすべて手作りしたというから驚きです。

そもそも ここはカフェを開業する目的で造られたものでは無く オーナーさんが 週末ハウスとして 

利用されていたそうです。しかし、プライベイトだけにしておくのはあまりに惜しいという友人の進言も

あって、一般の方もこの素敵な庭園を鑑賞できるように カフェとしてオープンしたとの事です。
 



 

 








こちらがオープンテラスのカフェです。到着が開店前でしたので、他のお客さんの姿は有りません。

こちらのお店は 土・日・月曜日のみ(シーズン中)の営業で通常の開店はAM11:00~PM5:00

 
この日は天気も良く、お客さん(我々も含む)の出足も早かったからか AM10:30頃にはカフェが

OPENしました。早速こちらで レアチーズケーキとコーヒー&アールグレィを頂きました。

他にも 軽食類もあり“ Pizza”は とても美味しそうでした。


ショップでは、ガーデニンググッズや雑貨・アクセサリーの販売コーナーが有りました。
 














 

ガーデニンググッズのディスプレイにもセンスの良さを感じました。

 












 
こちらでは オーナーさん奥様がお一人で ガーデンの花選びを担当なさっているとの事でした。

「はじめはブルーと白だけにしていたんだけど、いつも間にか他の色も加わって・・・」とおっしゃて

いましたが、それでもトータルな色合いに調和がとれていて心地良い空間を織りなしています。















開店前の短時間に その日に摘んだバラの花がバケツに汲んだ水の上に浮かべてられていました。

無作為に摘んでいた様に見えましたが、こうして後から見ると、色彩も大小のバランスも計算されて

いる様に見えてきます。ガーデニングセンスとは、こういう事なんですよね。
 
                                                                                         Hoshino




   

↑このページのトップヘ