"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:ヤマハリビングテック

大型連休のゴールデンウィークが間近に迫り、世間では浮かれ気分の方も多い事でしょう。

しかし、毎年稼働日数の少ない月は売上に苦労しますね~こんばんはー“KS-星の”です。

本日はタイトル表題の改修現場例を 御紹介いたします。現場は鉄骨の2Fに造られた居室12畳

このスペースに、息子様御家族が生活できる空間を作ると言うのが今回与えられたテーマです。

現場調査の上、ユーザー様の御意向を受け賜わった後に作成したのは3プランの御提案でした。
     
  プラン1・・2250I型+1500CBに1616SB    プラン3・・2100I型+1950コーナー家電+1216SB












そして、御採用頂いたのはプラン2・・2100I型+1950コーナー家電+1616SBプランでした。

このキッチンプランのコンセプトは「コンパクトながら機能収納充実」、特に調理に必要な家電製品

(炊飯器、ポット、電子レンジ、オーブントースター等)をすべて配置できるスペースを確保する事、

さらに食器戸棚を他に設置するスペースが無いので、普段使いの食器類の収納を考慮する事です。

以上を配慮した上で“星の”がプランしたものを、メーカーさんに作図して頂くとこの様になりました。
 
このキッチンを納める為に、大工さんに造作して頂き、給排水・電気・ガス等の設備配管・配線を

終えてキッチン設置工事の下ごしらえをすべて終えたところは この様になりました。
 

そして、キッチンの取付開始!キッチンの取付けられる壁の裏側が浴室+洗面脱衣場となります。

 

朝一番から始まった取付工事も夕方3時過ぎには、ここまで来ました 完成までもう少しです。

左側に設置したカウンターが家電を設置するスペースとなります。カウンターの下部開口部分は

蒸気排出ユニット付の家電収納、炊飯器やポットなどを収納しスライドテーブルにて手前に引っ張り

出す事が出来ます、もちろんその奥もスライド引出で収納可能、最下部はダストボックス付ワゴン

となり、必要時にシンク横まで持ってきて、3種類までのゴミを分別収納する事が出来ます。
 

ビルトインコンロを設置し、引出を取付ほぼ完成。あとはカウンタートップ廻りのコーキングです。

正面シンクの上部に取付けたのは、「水切りウォールキャビネット」 シースルーの樹脂扉の中には

洗い上げた食器等をそのまま置く事が出来る水切り棚、おたまやフライ返しなど調理器具のフック

するレールやまな板収納と 調理スペース側には調味料などを収納出来る可動棚が付いています。

これで、調理・片付けなどの家事動線を最小限に抑え、収納効率を高めたキッチンはほぼ完成!

当然の事ですが、“星の”が描く図面が、例え歪んでいても商品は真っ直ぐに収まりますよ。
 
ビルトインガスコンロは“星の”一押しの ハーマン製 S-Blink +do(スタイリッシュ ブリンク・プラスドゥ)

こだわりのデザインとステンレス製トップ&フェィスの味のある質感、家庭用コンロ最大級の高火力

と頑丈な鋳物製全面ゴトクで鍋の水平移動も自由自在です。そして、グリルには「焼・煮・蒸」を

こなす専用ダッチオーブンが付属していて、御家庭でも豪華な本格料理が手軽に出来ます。
 
今回採用したキッチンは ヤマハリビングテック製 Toclas Kitchen Berry (12春ベリー)でした。


ちなみに この現場のシステムバスルームは鉄骨の梁を増設して その上に設置してあります。













1Fから見上げると、こんな感じです。防水パン部を設置する時は少し怖かったです。
 

HGの“松ちゃん”も御苦労様でしたーいつもアリガトね!
 
                                                                                Hoshino

連日の宴会続きで 本日は流石にお疲れモードです~こんばんはー“KS-星の”です。

さて、去る11月25日は名古屋「ウインク愛知」で開催された”YLT2011秋 政策説明会”

に出席して来ました。(注)YLTとは、ヤマハリビングテック(株)さんの略称です。

受付で頂いた資料入り袋は ヤマハブランドで今迄見た事の無い配色と“ロゴ”が入ってました。

グレー基調の背景に 初お目見え“TOCLAS”に黄色いチェックマークロゴ入り
 

これは後の「森定社長」様から政策説明で明らかになりましたが、YLTさんの顧客認知度を

上げるための商品統合ブランド“TOCLAS”(トクラス)との事で 語源は日本語の「~と暮らす」

英語では「Classy(上品な)」とか「Top Class」をイメージする 狙いのものらしいです。

 

ブランドメッセージは「暮らしに長く寄り添う住設機器だからこそ、本物の価値をお届けしたい。」

以降のYLT商品は “TOCLASブランド”で顧客に 社会的存在価値を認知させるのが狙いらしい。

「Toclas Kitchen」、「Toclas Bathroom」、「Toclas Dreser」という表記になるんですね。
 


そして、これがキッチン新商品“DOLCE X”のハイバックカウンター搭載仕様
 

ハイバックカウンターとは ステップ対面専用で バックガードが笠木カウンター迄人工大理石

だけで立上がり一体化したもの、カウンター廻りシンクに段差、継ぎ目が無くすっきりデザイン

もちろん、お手入れは簡単となり、ハンガーアイテム採用でさらに便利で機能的になります。
 

ステップ対面型はLD側から手元が隠れるので、現実的には使用勝手の良いものでしょう。

しかも 足元を軽快にしたデザインが開放感を演出します。何でもリビング側からの表情は

日本の伝統的な屏風をイメージする家具的なものをねらっているらしいです。
 

さらに これもヤマハさんお得意の塗装扉 職人さんの手塗りグレードの鏡面仕上の扉色を

“114色”とし、日本人の美意識が生み出した伝統色でキッチンを彩る事が出来ます。
 


それからこちらが、バスルームの新製品“STORY”~GKデザインさんとのコラボ商品

永年“エルゴデザイン”に拘ってきましたが 今回のデザインは スクエアデザインとなってます。

もちろん今後も“エルゴデザイン”商品も併売していくそうです。
 
何と言ってもこの浴室の特徴は バスタブの存在感、大理石の塊のオブジェのような風合いの

ブロッコバス」、浴室内での浴槽をくつろぎの象徴(“シンボル”)と位置づけるとの事でした。

お得意の人造大理石製造技術での質感を出来る限り上げ 入浴の満足度を追究してます。

さらに新鏡面壁の採用と水栓カウンターをスマートデザイン化する事で浴室内スペースの

さらなる広がりを演出しています。これも浴槽を際立たせる為工夫なのでしょう。

 
新商品の詳細はこちらで→YLTニュースリリース

商品企画の宮沢部長様からのお話の中に,YLTの今後の商品コンセプトの一つとして

「オリジナルにこだわる為、コア(核となる)パーツは自社開発して行く。」と言うお言葉が有り

そこからは 今後もメーカーとして確固たる地位を確立して行こうという意気込みを感じました。

“星の”は自宅でもYLT製システムバスルームを採用し 現在も家族全員が毎日使用しています。

キャリアユーザーとしても、ヤマハリビングテック製のバスルーム応援していきたいものです。

                                                                Hoshino




本日7月1日は 当社では決算棚卸を行いました・・・毎年暑い最中で大変なんです。

昨日先期の最終日でしたが ヤマハリビングテックさんの「政策説明会」に参加してきました。

月末に会合を設定するのは 芳しくないと思います。~こんばんはー“KS-星の”です。

場所は いつもの 名古屋 東急ホテルさんで~



まずは 森定社長さんから 今季(第21期)の「政策」についてのお話が有りました。

何でも或るリサーチ会社のキッチン市場調査では ヤマハの製品を採用したユーザー様

の満足度が 他社の使用者よりも非常に高いという 調査結果が出ているそうです。

(非常に満足+やや満足)で83.3%の数字  これはキッチンメーカー12社中なんと第一位

その反面、キッチンメーカーと聞いて思い浮かべるメーカー 1.4% これは12社中 第八位

このデーターを基に 今季の政策方針は「顧客認知度」を徹底的に上げる事だそうです。

ちなみに、この森定社長さんは 昔 名古屋支店長か何かされていまして“星の”も旧知の方です。

社長になられた今でも 気軽にお声を掛けて頂けるますので いつも有り難く思っています。

  

引き続き、 製品開発部長さんから今期以降の新製品の御説明が有りました。

今期の序盤は 先期来の引き続き“ポイントリフォーム”やセクショナルキッチンの取替商品

で 裾野を広げキッチン・バスのシェア率、知名度をアップする為のローコスト商品戦略品の紹介

後半は現在開発中で 来年春発表予定の 新製品(これはイメージだけ・・・モザイク入り紹介)の

紹介が有りました。今度の商品では 永年採用してきた“エルゴデザイン”とは 別のデザインで

旧来の浴室のイメージを 一新する様な バスタブの象徴性(ゆったり浸かれる空間)をお得意の

“人造大理石”で表現する事を 新デザインで目指すものらしい。

しかも、デザインは“GKインダストリアルデザイン”とのコラボというから 少し期待したいです。

 

それから、営業統括部長の話が有り、最後に中部支社の人見部長さんからは ヤマハの

工場見学ツアー企画のお話が有りました。 何でも最近は“工場見学ツアー”が流行しているらしい。

ヤマハ西山工場は もう4~5回程見学させて頂いた事が有りますが結構見るべき処有りますよ。

もし、御興味の方が御座いましたらお声かけて下さい。人数が集まれば企画してもいいと思います。

 

そして、“政策説明会”終了後は 懇親会~確かに遠方から出席の方への 御配慮でしょうが、

懇親会のスタートが PM16:30~では 中々飲食はススムものでは有りませんね。

そもそも この日は懇親会は キャンセルし 帰って仕事に復帰するつもりでしたが

東日本大震災被災地である東北地方地酒の“銘酒”の用意が有るとの情報が入りましたので

もう本日の仕事は諦めて 人知れず一人で“飲みくらべ”に没頭していました・・・・・・・kao19

そして、PM18:00過ぎの散会時には まだ明るいうちから 一人で完全に出来上がってました。

 
しかし、乾杯前の挨拶と〆の挨拶は もう少し手短にお願いしたいものですね!

                                                                    Hoshino

昨夜は 当社下請け電気業者(NDS)のお誘いで 四日市の夜の街に繰出してました。 

本日も 少し“二日酔い”気味です。こんばんは“★のキッチン研究所”所長 “KS-星の”です。

現場の“棟梁”より 気になる情報が入ってきたので 倉庫でこんなもの作りました。

 

これは 何かと申しますと 今回 新築現場に納入する システムバスルーム天井形状の

実寸を廃材の段ボールで型どり、切り抜いた“断熱ドーム天井”の型紙です。
 


現場に到着すると 当社がシステムバスルームを設置する場所がこんな風~

 

システムバスルームの天井裏になる所に 空調用の換気システムのダクトが配管されてました。

これが“棟梁”の御心配の種~「このままで おたくの“システムバスルーム”収まるの~?」
 

そこで、先程作った “お手製ドーム天井の型紙”を実際の高さに貼り付けてみました。


う~ん、残念ながら このままでは 天井換気扇がわずかに干渉してしまいます。

すぐに空調工事業者に連絡して、換気ダクトの経路変更をお願いいたしました。

空調工事店様の名誉の為に言っておきますが このシステムバスルームの標準仕様

の“ステップ天井”なら この配管経路で収まってました。今回ユーザー様の御希望で

オプションの“断熱ドーム天井”を御採用頂き、その情報がきちっと届いていなかったのです。

この点では 当社の情報提供に於いて 配慮不足があったのかも知れません・・・・・・。
 
事前に現場を確認しておいて 収まり上不都合な部分は変更して頂く~これが鉄則ですね。

そして 施工当日~何とか収まりましたね!ヤマハリビングテック製 リベロ1616
 

天井裏の様子は こんな風です。心配していた天井換気扇も正規の位置にちゃんと取付ました。
 

換気システムの分配部は 事前に ドーム天井の低い部分に移設工事をして頂きました。
 

この様に建築現場では思いもよらない 「不測の事態」という事が往々として有ります。

私共の仕事は、ユーザー様と商品の仕様決定~商品の発注~納期管理だけでなく

商品の施工当日 当社が送り込んだ職人さんが 現場でスムーズな工事が行う事が出来る

現場環境を整えるところまでの いわゆる“現場監理”も大切な事だと思ってやっています。

そうする事によってユーザー様には見る事の出来ない“ 商品の裏側”を確認する事が出来ます。

そして 稀に“商品の裏側”に その商品の本質や作り手側の思いを見い出し その商品が持つ

本当の価値(値打ち)を知る事も有ります。正直言って いくら 見てくれの良い商品でも

現場性質上或いは 原価コスト削減の為に 積極的にお勧めし辛い商品が有るのは事実です。

ユーザー様に代わり “商品の裏側”を把握するのも その道の“プロ”としては 大切な事ですね!

                                                                      Hoshino





相変わらず 寒さが身にしみますが 連日 現場打合せで今年も忙しくなってきました。

こんばんは“KS-星の”です。本日は 本業のキッチンプランの御紹介しますね。

今回 御新築でお世話になりましたN様は 新婚ほやほやの爽やかなカップルさんでした。

若年層の新築物件では やはり 御予算との闘いが大きなウエイトを占めます。

 

これからお二人で新しい人生のスタートを送る為の棲家には 夢や希望が一杯詰まっています。

N様邸は 地元工務店様の注文住宅ですので 大手ハウスメーカーやフランチャイズ加盟店

ビルダーの扱う 押し付け標準仕様品では無く、数あるメーカー群の中から 自分達の趣向に

合った 商品を御予算の範囲内で 自由に組合わせて購入できる方法を選択していました。
 
まずは着工前に 工務店さんが建築図面を持って来社 施主様の目指すインテリアや必要な

機能の抽出をした上で 叩き台になるプランを2社のメーカーにて作成し 見積を提出ました。

プランと機能装備は 大変満足していただけるものとなりましたが 先方の目指す御予算内に

納める事が出来ませんでした~ここからは当社と御施主様との共同作業に入ります。

 
その方にとって何が本当に大切なものか?プランに無駄や贅肉がないか?を一緒に考えます。

御施主様各々に こだわりの部分は違いますので 、決して こちらから 押付ける事はしません。

もちろん プロサイドの意見で誘導してあげる事は大切な作業ですが あくまで “主役”は御施主様

であり、我々は その方の目指す方向性を把握し 夢を形にする お手伝いをしているに過ぎません。

ここで一番大切な事は「その方に 如何に“愛情”注ぎ接する事が出来るか。」 だと思っています。

我々の持っている “引き出し”の中から その方の御予算の内輪で一番の良い買い物をして頂く

御提案の努力をし続ける手間暇を惜しむ事は有りません。・・・・これが 本当に大事な事です。

ですから 当社にはメーカーの縛りは 一切有りませんし 担当営業マンの質や好き嫌いで提案商品

を選択する事も有りません・・・・ただ 商品の本質(コストバリュー)だけを見れる様にしています。 

 

ショールームで 試行錯誤の上 御施主様と辿り着いたのが 上記の写真でご紹介のプランでした。

今回 使用したのは ヤマハリビングテックさんの システムキッチン「Bb」シリーズです。

基本性能を充実させ 無駄な贅肉部分(ユーザー様の解釈)を極力省きましたが

マーブルシンク&人造大理石カウンターで インテリア性は 死守しました。

こだわりの フロントアップウォールキャビ、ダストボックスワゴン、蒸気排出ユニットも付いてます。




奥様たっての御要望で 食器戸棚は 壁埋め込みで 大工さんの造作カウンター収納と並べました。
   
打合せの途中で N様邸の御主人様が “星の” 母校のサッカー部後輩 だという事が発覚し

かわいい後輩の為に“サービス過剰”になってしまった事は言うまでも有りません。
                                                                                          
                                                                                       Hoshino          
                                                                                                                                                                                    

 洗面化粧台は INAX ピアラ-DS採用            トイレ器具は TOTO GG1+セレクトシリー ズ
                                         


↑このページのトップヘ