"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:プルオープン食器洗い乾燥機

最近、京都下宿中の甥っ子“Tatu”に「おじさんのBlogは更新が遅い!」との指摘を

を受けているらしいが・・・これが限界なのですよ~こんばんは おじさんの“KS-星の”です。

そもそも、このBlogは 流行の“Tweet”や “日記”の類いでは有りませんので ご容赦下され。

おじさんは 我々の業界の活性化地位向上の為に少しでもなれば、と思い頑張って書いてます 。

だから 本日は“おじさん”のお仕事の話~ K様邸食器洗い乾燥機の取替工事の報告です。

K様邸-既設ビルトイン食洗機は 日立製の『ダブルプルオープン食器洗い乾燥機』で、

既設の食洗機は 2002年に当社で既存キッチンに増設ビルトイン施工させて頂いたものです。
 
このキッチンは某ハウスメーカーのオリジナルキッチンで 当初 食器洗い乾燥機はビルトイン

されていませんでした。どうしても、食器洗い乾燥機が欲しかった K様は 当初ハウスメーカー

の方に御相談されたそうですが、このキッチンには ビルトインが不可能なので 卓上用の設置か

キッチンごとの取替を強くすすめられたそうです。・・・確か、当時は築12年程度でした。

K様が諦めかけていた頃、ある共通の知人からの紹介で“KS-星の”と出逢い 厳しい設置条件

の中何とか 御要望の食器洗い乾燥機をビルトインする事に成功しました・・・想い出深い現場です。

その当時 K様が ビルトインに選択したのが この 日立製『ダブルプルオープン食洗機』でした。

この商品は 既に廃番となってます・・と言うより 日立さん自体ビルトイン食洗機より撤退してます。

発売当初は 「上で食器、下では調理器具 上下で分け洗いの省スペース・大容量スリムタイプ」が

謳い文句で 結構ユーザー様での評判も高く、多くのキッチンメーカーが標準採用をしていました。

ところが、この機種の故障発生率は 極めて高かったのです。当社の納入した現場では これ迄

のメンテナンス発生率は ほぼ100%です。・・・・おそらく これが 日立さん撤退の原因でしょう。

例に漏れず K様邸でも ほぼ 年一回は『販売店連絡要!のエラーメッセージ』が出てました。

そこで この夏 思い切って 買い替えていただく事になりました。(・・・・・御使用年数は7年と8ヶ月)

下の写真を見て 前回食洗をビルトインの際 当社が成した仕事が解る人がいたら 大した“通”です。

 
K様は ダブルプルの使い勝手的には 非常に満足されていましたが 現在お勧めできる商品が無い為

今回取替納入させて頂いたのは パナソニック製DEEP型プルオープン食器洗い乾燥機の最新型
 
パワー除菌ミスト洗浄付きで 省エネのエコナビ搭載背の高いものも入る深型大容量タイプです。

食器の量や汚れの度合いで すすぎや乾燥の時間を変える優れもの・・・Eco Navi(節水・省エネ)

K様は「以前より背の高いものが洗えるようになって 返って良いかもね。」と言ってくださいました。


キッチンのビルトイン機器については 以前も述べた通り 過酷な条件の中懸命に働きますので

故障もする事が有るし 電気的にも機械的にも寿命は有るものなのです。

故障が少ないのが何よりですが イザ故障した時のメンテナンス対応力や買換え時の取替品の 

供給責任能力も商品を選択する時の大切なポイントとなります。

当社では製品の性能も然る事ながら 過去の我々の経験と今後のメーカーの動向を鑑みながら 

キッチンのビルトイン機器製品を ユーザー様に御提案するようにしています。

例えば、ビルトイン食器洗い乾燥機の場合は、

国産ブランドのみ選択肢なら 『パナソニック』製~品揃えは現行品プルオープンのみ

海外ブランドも視野に入れるなら 『Miele』製~品揃えは現行品フロントオープンのみ 

この2メーカー以外を積極的にお勧めする事は 現在の処は有りません。

(他のメーカーさんゴメンナサイ!・・・・・あくまで、当社独自の経験データに基づいてます。)

『パナソニック』については 国内初の食器洗い機を生産したメーカーで 今年で50周年を迎えます 、

パイオニアとしての責任と 現在の国内シェア率から言っても すぐさま撤退は有り得ないでしょう。

『ミーレ』については、何と言っても 世界中を商圏に 80年もの間 食器洗い機を販売してます。

「まるで、生涯のパートナーのように。」・・・こんな考え方で 商品を御提案したいものですね。
 

これは トーヨーキッチン&リビングの名古屋ショールームにある Mieleの食洗機
  ↓  ↓
                     Hoshino

遊んでばかりじゃ あ~りませんよ!仕事は仕事でがんばってます 。

本業は キッチンの販売の~こんばんは、“KS-星の”です。

本日の御紹介現場は、 Y様邸の 食器洗い乾燥機の取替工事の模様です。

納入は 13~4年以前だったと記憶していますが その頃 “”トップオープン食器洗い乾燥機”

が 少し流行っていまして これを組み込んだ システムキッチンを御採用頂いたユーザー様宅。

☆シンクサイドのトップから食器を投入するタイプ、作業性から一時採用率高かったんです。



この様に扉が開きます。食洗製造メーカーは 三菱電機さん・・・既に廃番となっています。


販売しておいて恐縮ですが、このタイプ 故障発生率が非常に高い。

このユーザー様も 何度かメンテナンス(修理)を行いましたが、

余りの発生率に、遂には交換する決断を・・・して頂きました。


しかし、現在トップオープン食洗乾機を製造しているメーカーさんは有りません。

という事は 代替後継機種が 無いという事で~ これは実は大変な事態なのです。
 

何故かと言うと、既にカウンタートップは 専用の開口がして有るからです。

一時は カウンタートップごとの交換も検討しましたが、良い方法が見つかりました。


ヤマハリビングテックさんには プルオープン食洗機取替キットなるものが存在してました。

既設食洗を取外したスペースに新規プルオープン食洗乾燥機を組込、下部は引出収納になり

気になるカウンタートップ開口部には 人造大理石トップをはめ込、調理スペースに利用できます。


この様に 新規プルオープン食洗機を組み込みます。
 

少しキャビネットの加工や給排水の変更も必要となります。


カウンタートップの開口部は この様に人造大理石トップを はめ込んで仕上ます。
 

これが、完成の状態です。今回採用した プルオープン食洗機は パナソニックさん製です。
 

かつては 我々の販売する商品は 20年以上は 当たり前に使っていただけるものが大半でした。

しかしながら、昨今のキッチンには 何らかの家電商品をビルトインするケースが殆どです。

これは、家事の負荷軽減を要望する主婦の方の御意見と スペースの効率化から 考えても

今後益々増えていく事でしょう。但し、働きのあるものには 必ず故障の可能性があります。

ビルトインする製品を選択する時には、10年、20年後の取替時の事も考慮しなければなりません。

そこのメーカーしか採用していない独自のビルトイン機器を 特別な収まりで組み込まなければ

ならないケースでは 或る程度の覚悟をして頂く必要がある事も 御承知於き願います。

そして、我々販売者側は ユーザー様に長期間安心して お使いなって頂ける様 メーカー動向や

信頼性、メンテナンス体制迄も 良く考慮し、流行だけに惑わされる事無く ビルトイン機器メーカーの

商品を選択し 御提案する必要性がある事を肝に銘じなければなりません。


下部の引出もレールから現場で組み込みます。Y様長い間ご不便をおかけ致しました。

                                                                  Hoshino

↑このページのトップヘ