週末は 仕事以外のネタが多いのですよ。

今晩は” KS-星の”です。

本日 御紹介するのは 岐阜県 垂井町に有る とても アートな喫茶

”Cafe FLANDRE”(カフェ・フランドル)さん
 
名神高速道路 関ヶ原ICから 車で5分ぐらい走った R53号沿いに有ります。

我が家(四日市)から NAVIを入れると 約90kmと出ますが 一般道 走行のみ

いつもの Hoshino流 安全運転でも 約1時間余りで到着しました。

 











黒い板張りのシンプルな外観   建築家 中村好文さん(レミングハウス)の設計です。

中村好文さんとは・・http://agata107.sakura.ne.jp/y/2009/02/post-2.html


まず 始めに出会うお出迎えのアートは 玄関の入口の取手です。

この作品は望月通陽(もちづきみちあき)さん
 

望月さんについては、当Blog 2010/5/14の ギャラリーやまほん/カフェ・ノカさん

の中でも ご紹介させて頂いていますが、染色家で陶芸、ガラス絵、、リトグラフ、木彫、

ブロンズなど 多様な手法を用いて独自の作品世界を築いている 作家さんです。


店に入るもう一つの扉には これも望月さんの作品の染め絵のタペストリーが木枠に

はめ込まれ ガラスで挟み込んでありました。



店内はカウンター席と テーブル席が 有ります。”テーブルや椅子”は 中村 好文さん

各テーブルの上に 置かれている”シュガーポット”は 武田 武人さんの作品です。
 

窓の格子の木枠に はめ込まれた ”ブロンズのオブジェ”は「鉄の仕事”の望月さんの作品


真っ白い壁の額の中にも 望月さんの”染め布”が飾られています。



”コーヒーカップ”は 「ギャルリももぐさ」のオーナー安藤雅信さんの作品です。

ギャルリももぐさ・・・・http://www.momogusa.com/

コーヒーには ここのオーナーさんのお手製”生チョコレート”が付いてきます。

この”生チョコレート”は 御自慢のコーヒーの味に 一段と深みを増し絶品です。












窓枠の上に 飾られた ”ミニチュアの椅子”これも建築家 中村さんの作品です。


こんな風に店内の小窓3ヵ所にミニチュアの椅子が飾られてます。












おやおや、トイレの中の鏡にも 望月さんの作品が有りましたよ。


そして 何と言っても”フランドル”さんは 通を唸らせるほどのコーヒーの専門店なのです。

ここの オーナーさんのコーヒー豆へのこだわりは”スゴイ”のです。

世界各国のコーヒー豆を 自ら視察厳選し(棚に置かれるガラスポットだけでも 20種類)

豆の鮮度に こだわり 毎朝自家焙煎し さらにハンドピックで一粒づつ選別しているそうです。

メニューは ほぼ コーヒーのみで、 深絞り・中深絞り・中絞り・浅絞りが種別されていて、

中南米、中東、アフリカなどのコーヒー豆の産地名の”ストレート”と”ブレンド”が有ります。

注文してから 豆を挽き、一杯づつドリップしますので その香りは また格別の物となります。

Hoshinoもこの歳迄に数え切れない程 多くのコーヒーを頂いてきましたけれど ここで頂いた

深絞りで少し苦味の強い”イタリアン・ブレンド”の芳醇な味わいは最高ランクのものと言えます 。

この前御紹介した  伊賀のギャラリーやまほん/カフェ・ノカさんの豆もここが 発信元でした。

もちろん、豆だけの小売もありましたので 帰りには”フランドル・ブレンド”をお土産に購入しました。



  
帰りには、又 例のブロンズの”ドアノブ”が お別れの挨拶をしてくれます。

何処かしら、我々の帰り道中の安全を祈ってくれている様にも 見えます。

建物にも 内装にも 小物にも そして何より ”コーヒー”にこだわり続ける”フランドル”さん

このアーティスティックな こだわり加減は 尊敬に値すると同時に うらやましく思います。

是非皆様も 休日の午後辺り  ここで まったりと ティータイムを 過ごしてみてはいかがでしょう。

   
    
   Hoshino








岐阜県不破郡垂井町岩手767

TEL 0584-22-6988 Open 10:00~18:00  Closed Wed.