"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:ノビリア

今回は"☆のキッチン研究所"からの報告です。こんばんはー所長の"KS-星の"です。

以前にも述べましたが、現在キッチンプランを御提案する時に少し悩ましく感じるのは クライアントが

"クラシック"とか"エレガント"風のインテリアテイストを目指している事が明確になった時です。

何故なら、国産メーカーさんの繰り出す商品はどこも"シンプルモダン"系のものが大半だからです。

そんな中、現在引合中のクライアントもヨーロッパの格式高い伝統のあるインテリアを目指したいとの

要望を掴みとる事が出来ましたので、迷わず"Nobilia(ノビリア)"さんのキッチンを御提案しました。

こちらが現在“ノビリアキッチン”さん名古屋ショールームに展示してあるシステムキッチンです。
 
先日“I様”を こちらのショールームに案内した処、この展示のキッチンに一目惚れして頂きました。

きっと自分達が目指すインテリアの方向性にマッチしたのでしょう。早速この商品のテイストを踏襲

し、独自の設備機器を搭載した形で、計画間取りに合うようにプランニング及び見積を作成しました。
 
このキッチンの扉は“MDF(木質繊維板)”材を彫り込み加工して框(かまち)組みの様に見せたもの

に塗装仕上げを施したものです。仕上げはマット(艶消し)調のものとバフ磨きを加えた光沢仕上げ

(ピアノ塗装)が有って光沢仕上げの方が少し高価になります。(写真左がマット調、右が光沢仕上)
 
框組み扉は、そもそも天然木無垢材を使用する場合に乾燥や加湿による反りや割れを防止する為

中央の鏡板の反りやむくみを抑える様に周りにフレーム(框)を組み全体の強度を増したものです。

現在では、プリント合板や突板(天然木を薄くスライスして貼った天然木化粧合板)など乾燥加湿の

影響での狂いが少ない材料を使用する事で、天然木の風合いそのままで框組の必要も無くなって

来ています。むしろ現在の主流となっている扉材は、合板やMDFやパーティクルなどの木質圧縮

ボードにメラミンや樹脂系のシートを施したものやホーロー製,ステンレス製の扉などとなっています。

トーヨーキッチンさんの3Dビジュアルエフェクトの扉(Lens)      高圧メラミン扉の(メタルウッド)












製作に手間が掛かる事や製品の均一性の保持が困難である事などで、どうしても高コスト製品と

なる上に、現在のデフレ基調の市場背景が相まって国内大手メーカーさんの商材からすっかり

姿を消した感のある“框付扉”ですが、伝統的なクラシカルデザインをインテリアに反映させたい

ケースには、どうしても欠かせない意匠性アイテムの一つだと思います。
 

框扉はその框部分を複雑に面取りする事で、アンティークやクラシカルなデザインの扉になります。

そして、その框部分に出来る陰影は 扉の重厚感を増し キッチン全体の装飾性を高める事が出来、

また鏡板の部分をカットガラスにして、あえて魅せる収納にすると“エレガント”なテイストになります。
 
今回写真で見て頂くようなキッチンになると、ほぼすべてがオーダーメイドになりますので、サイズや

スタイリングも自由にレイアウトする事が可能となります。(多少の制約事項は有りますが・・・・)

それと確実にオリジナル商品となりますので本契約迄に施主様と綿密な打合せが必要となります。

アイランド型調理台+配膳台の下部にワインセラーなど組み込んだ収納なんかも お洒落ですね。

但し、製作期間(納期約3か月)と御予算に余裕の有る方にのみ お勧めしたいキッチンとなります。













システムキッチンの発祥の地と言われる【ドイツ】の流れを汲む“Nobilia”さんのキッチンなら

伝統的なヨーロピアンクラシカルのインテリアテイストを実現する事が 可能となりますね。
 
あとは、I様の御予算との闘いが残っています。                     Hoshino

今年も又 鬱陶(うっとう)しい梅雨のシーズンがやってきました。

それにしても「鬱陶しい」とか 「憂鬱(ゆううつ)」とか「躁鬱 (そううつ)」で使う「鬱(うつ)」という漢字・・・

どんだけ大人になっても 未だに手書きでは書く事が出来ません。(何とか読む事は可能ですが・・・)

こんばんは~さすらいの中年キッチンスペシャリスト"KS-星の"です。

本日は、以前 見学に訪問した"Nobilia(ノビリア)"さんの ショールームからの報告です。

ここが ショールーム~岐阜県六条南3丁目の旧R21号線沿いに有ります。

御本家はドイツに有る"nobilia"というキッチンメーカーですが、日本のみ"Nobiria"(Nが大文字)

というブランドで (株)ヤマゼンさんが 世界で唯一独自に製造し販売する認可頂いているそうです。

扉材などの資材は ドイツの御本家から 直輸入し国内の工場で 加工、組立をしているそうなので

純粋な"輸入キッチン”という訳では 無いのですね~この事実は、ここへ来て 初めて知りました。



まず2Fに上がると、 こんなキッチンと御対面 天然木のウォールナット扉の135°曲げ2回ライン

吊戸棚、アイランド調理台の扉には ガラス細工の施し(ステンドグラス)が有りました。
  


アイランド部分には、蒸気排出ユニット付家電収納とゴミ箱ワゴンがビルトインされてます。

 

純白の塗装扉にアール形状のキャビネットとカウンタートップ  Barの様な雰囲気を醸し出してます。

キッチンのキャビネットの木工と人造大理石トップ加工は 自社工場の職人が手作業で行います。 
 

キッチンとサニタリー部分を ガラスパーティーションで仕切る新しい空間提案の展示も有りました。
 

すこし "和”のテイストを感じるキッチンも有りました。
 


L型キッチン+ ダイニングカウンターの付いたアイランドにはパーティーシンクが有ります。

ワークトップは ノビリアさんオリジナルの表層メラミン(厚さ2.5mm)が使用されていました。

このメラミンは 耐熱性 250℃、衝撃性、耐水性、耐摩耗性に優れ お掃除も簡単との事です。
 

この他にも 数基のシステムキッチンの展示が有り 眺めているだけで 充分に楽しめます。

また、扉蝶番、引出レールのディテイル、収納パーツやトレーなどのパーツなども今後の

キッチン造りの提案に参考になるものが 沢山有りました。


ここで システムキッチンのモジュール(Module )に付いても 考えさせる事が有りました。

御存じの様に" システムキッチン”というのは和製英語で 海外では 主に"ビルトインが可能な

キッチン"という意味合いの言葉で呼ばれている事が多いのです。従って キッチン構成部材は

システムキッチン発祥の地~ ドイツの"DIN規格”が基準となり制定されている" ISO規格”

に準じて製造をしているメーカーが殆ど、パーツやビルトイン機器は供用出来る物が多いのです。

しかしながら 現在日本の国産キッチンメーカーの構成部材のモジュールは 尺貫法を原点とした

1尺に近い300mm、あるいはその半分の150mmが 基準とされ構成部材は製造して来ました。

この単位は 家具のモジュールの世界的標準(global standard)は 国際標準化機構(ISO)

の基本モジュール1M=100mmとは 整合しておらず 日本独自のものとなっています。

もちろん、"Nobilia"さんのキッチンは 世界標準に合わせての ISO100mmが基準モジュール、

さらに加えて、ドイツで発案された伝統の"32(サーティーツー)システム"を採用しています。

32という数字は、2進法(2×2×2×2×2)で 辿り着く数で 分割が容易に出来る利点が有ります。

そして、ヒンジ、ハンドル、材料のボーリングピッチ(穴の間隔)、材料の厚み(板材16mm等)迄の

すべての規格を"32システム”で 統一する事で20年、30年お使いのユーザー様にもパーツ等の

取替によるリニューアルのみで 既存キッチンを使い続けて 頂く事が出来るシステムなのです。

国で規格を統一する事は 他社製部品を取付たり、機能品をビルトインする事が 容易なりますね。

それに引替え国産メーカーは 独自路線のクローズド商品の開発に傾倒しているような気がします。


「祖母から母、そして娘へと永く愛され続けていく・・」 国をあげて環境問題に

取り組んでいるドイツだからこそ生まれたこの風習に、ノビリアは30年以上も

前から賛同しています。~ノビリアキッチン カタログより


この精神が 本当の"エコな精神”だと思いますが 未だに誰かの事情により"スクラップ&ビルド"

を繰り返さねばならない 我が国の建築業界には 少し耳が痛い話ですね。


写真真ん中の扉は 実際30年以上使用された扉だそうです。(同じ物の製作は現在困難らしいです)

いつまでも飽きの来ない トラディッショナル(伝統的)なデザインでカッコイイ~!と思いませんか?

 

その他にも 国産メーカーには品揃えの無い 個性的な扉デザインが豊富にあります。
 


RECO(リコ)Styleキッチン(Reduce、Repair、Recycle、Reuse)の4Rエコロジーキッチン

Alder(アルダー)材に オスモ塗装を施した エコ的なキッチンの展示も有りました。
 

キッチン販売業に携わる方は このショールームは 一度訪れる価値が有りますよ。

                                                      Hoshino

↑このページのトップヘ