"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:ダイナモ長友

やりましたね!サッカー日本代表 決勝リーグ進出。

早寝早起きでTV観戦しました。こんばんは” KS-星の”です。

デンマーク戦の詳細は 皆さんも良くご存知でしょうから 敢えて細かく解説はしませんが

やはり この試合でも 先回のBlogで御紹介した 現日本代表の世界に通用する3選手

(松井、本田、長友選手)の大活躍あってこそ 勝利できました。

特に 1得点1アシストの本田選手の活躍は世界中が賞賛しています。

しかし 、この試合も やはり Hoshino的 マン・オブ・ザ・マッチは ”松井選手”です。

  
守備にも攻撃にも彼の頑張りが無ければ この試合勝つ事ができなかったでしょう。 

今回はプレーの派手さは あまり無かったですが、守備では 危険を予知し早めのプレス 、

攻撃では 起点になったり 溜めを作ったり 彼のサッカーセンスが随所に輝いていました。

この試合で彼のボールコントロールやドリブル、独特のリズムとクレバーさは 確実に世界のトップ

レベルだと確信する事ができました。 岡田ジャパンの救世主は間違いなく ”松井”なのです。

 

決勝トーナメント第一戦は南米予選でアルゼンチンやブラジルにも勝利している 「パラグアイ」です。

今大会初の南米チームとの 戦いですが 現在の日本代表なら 南米的サッカーの方が組し易い様な

感がし、勝利する事も決して夢では有りません。

但し、岡田監督が変に奇策を狙って 選手や戦術を変えてこない限りは。ですが・・・・・

(でも個人的には、森本には今大会でW杯の実戦を少しでも経験して欲しいと 思います。)

                                                                                                        Hoshino


 


サッカーW杯開催中は 当然 毎日が寝不足です。

こんばんは、サッカー中年の” KS-星の”です。

まずは 昨日のカメルーン戦の勝利おめでとうございます。

Hoshinoも TVに噛付きながら この一戦を観戦し、流石に勝利の瞬間は大騒ぎしてました。




今朝ほどから ”岡田監督”の采配や得点を挙げた”本田”の アシストした”松井”の活躍

を称える 報道が数多く見られます。 そもそも、もう少し早くからこのメンバーで戦えば

それまでの数試合の不細工な 試合を見なくても良かったのではないかと思います。

選手のコンディション迄は 把握できませんが 現在南アフリカにいる代表で先発メンバーを

選出するなら 昨日のメンバーが ほぼベストである事は サッカーが解る人なら大半納得します。




但し、ポジショニングや戦術等 そもそもの「サッカー観」が 岡田監督とは合いません。

昨日の試合も 結果的には勝利しましたが、冷静に試合を振り返ると シュート数が5本

CKは0本、と言うデータからしても いかに 相手を崩した攻撃ができていなかったかを物語ります。

どうしても”岡田監督”は リスク回避の”守備”を重視の戦術から抜け出すことが出来ません。

後半の選手交代では FW岡崎、矢野を投入しましたが、これも前線からのプレスを期待したもの。

(ほとんど機能してませんでしたが・・) FWは得点するのが 本当のお仕事なのです。(世界共通)

そして、攻撃こそが最大の防御策ですし、FWの頭数を増やしても得点には繋がりません。



試合開始早々の松井オーバーヘッドのクリアを見た瞬間から この日の活躍を予感しました。



Hoshino的に 現在の日本チームで 世界に通用する選手とプレーは

①松井・・・トラップを始めとするボールコントロールと攻めのイマジネーション(随所に光りました。)

②本田・・・シュート力(得点こそ挙げたものの 昨日は発揮する機会がありませんでした。) 

③長友・・・運動量(昨日の献身的な守備は エトオに仕事をさせませんでした。がんばりました。)


この三人を攻撃の基軸にするしか現在の日本代表は得点を挙げる事ができないでしょう。

だから、左サイドは ”松井”と”長友”で切り崩せる様に左同サイドにポジショニングさせるべきです。

そして ”本田”には ゴールに向って前向きのプレーをさせる為に 2列目のポジションに置くべきです。

左サイドからの センタリングにFW(出来れば 森本)が飛び込み こぼれ玉を 本田が左脚で押し込む

って具合しか 得点シーンはイメージできません。

ですから、オランダ戦は この様な布陣で臨むしか有りません。

Hoshino推奨の オランダ戦先発メンバー
 

例え、オランダが”ロッペン”を左サイドに使って来たとしても”長友”を右サイドに持っていかない事!

”松井”、”本田”も本来の得意なサイドでのプレーが見たいものです。意表を突く必要は有りません。

残念ながら、今回の”中村俊輔”の出番はないでしょう。これは 岡田監督の勇気ある采配でも

何でも有りません。今年になってからの彼のパフォーマンスを見れば 既に代表レベルで無いことは

明確です。むしろ ”小笠原”を代わりに選出しなかった時点で 監督としては失格なのです。

オランダに勝利する事は 難関だとは思いますが、リスク承知で攻めるサッカーに徹すれば

今後の日本サッカー界に何かしら光明が見えてくるものです。

                                                                                         Hoshino

  

↑このページのトップヘ