"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:サンウェーブ工業

懲りもせずに RC造改修工事第三弾のレポートです。

こんばんは、業界の活性化の為に がんばりたい”KS-星の”です。

今回は 四日市の市街地にある 8階建てビルの5階の一室事務所の改修工事です。




本日の相手はこの一室です。向って左側はエレベーター


今迄は 事務所として利用してましたので 湯沸し用キッチンとトイレのみの設備が既設です。
右奥に見えるのが トイレブース(洋式便器のみ)です。


既設キッチンは こんな感じのW=1200の流し台のみ これでは 精々湯沸し程度


給水とガスの設備のみが 有効となっていました。


トイレブース撤去後① 汚水、雑排水管がいやらしい所に出てきました。
 


トイレブース撤去後② RC壁が現れました。


ここで生活する為には 浴室、洗面が必要になると言う事で

このスペースに 3点式(浴槽・洗面・洋便器付)ユニットバスルームを設置する事にしました。


取付施工は いつもの HGのまっちゃんでした。5Fへは階段にて搬入~この日も暑かった。
 

使用機器は ハウステック製 MSH-1216  内開きの折戸・・・これしか収まりません。


今度はキッチンでも お湯が使える様に設備してもらいました。 給湯器はベランダ設置



キッチン・ユニットバスルーム施工後
 

使用キッチンは サンウェーブ Tioプラス 1650(スムースイエロー)2口コンロ・グリル付き

お一人住まいの方なら このキッチンで 何とか調理をできるでしょう。



キッチンは間口、設置場所共変更しましたが 換気設備の変更工事が困難な為

レンジフードはそのままの位置で既設を利用する事にしました。

事務所部屋からワンルーム居室への改装工事  一丁上がり~!
  

5Fベランダからの眺望
   

                                                                           Hoshino

今日は蒸し暑かったですね!これからは体力勝負と水分補給が大切な季節です。

こんばんは、”KS-星の”です。

本日御紹介の現場は ライトタッチなリフォーム S様邸 「システムキッチン取替工事」です。 

 

築23年・・・既設はナスステンレス製システムキッチン2550I型 ガスコンロ仕様












1日目に既設SK撤去及び給排水及び電気設備移設と造作下地工事
                            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


2日目は朝から システムキッチンの据付施工  午後からは設備接続工事で完了
 

以前は、卓上用食器洗い乾燥機を今回はビルトインしました。フード部額縁ハツリました。

 











新設システムキッチンは サンウェーブ製 Pitto 2400I型 パタパタ付 食洗+IHヒーター仕様

コンパクトながら オールスライド・ダブルストッカー+ドアポケット付で収納効率は充実!

その分吊戸棚は無しです。 着工から使用開始まで たったの2日間(この工事も楽勝です。)
  

ちなみに、「サンウェーブ工業(株)」さんの営業部門は 来る平成22年7月1日より

INAXとの共同出資会社「(株)INAXサンウェーブマーケティング」に移管、承継されます。

また一つ、キッチン専業メーカーの形が 業界から消失すると言う解釈をしても良いかな。

一般ユーザー様には 余り関係ないかもしれませんが 我々代理店、販売店の同業者は

やはり 今後の市場動向が 少し気になりますよね。
                                                                   




 Hoshino

↑このページのトップヘ