"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:クリナップ

やはり今年も師走は慌ただしく過ぎてゆきます。こんにちはー"KS-星の"です。

本日は現在工事中のキッチン取付現場からのレポートをお送りします。

今回この現場に納入させて頂きますのは、クリナップ製 S.S. 2550I型 LUMINOUSシリーズ

多くのキッチンキャビネットは、パーティクルボード、MDF、化粧合板などの木製で構成されてます

が、この商品はキャビネット構造部(側板・背板・底板共)すべてがステンレスで製作されています。
 

しかも、採用しているのは高級ステンレス素材の「18-8ステンレス(SUS304)」です。

ステンレス(stainless)は、鉄を主成分にクロム(Cr)とニッケル(Ni)などを添加してできた合金です。

中でも「18-8ステンレス」とは、鉄に添加される割合がCr-18%、Ni-8%以上のステンレス素材で

添加された"Cr"が表面に薄い酸化皮膜をつくり、その皮膜は剥がれても再生する特徴が有ります。

しかも"Ni”を添加した為に堅牢な素材となり、錆びにくく耐蝕性、耐久性が優れたSUSとなります。

さらに、ステンレスは一般的にリサイクル率が高く 80%以上が回収されリサイクルされるエコロジー

素材です。したがって、キッチンとしての働きを終えた後も、形を変え再利用される事になります。
 
そして、こちらの現場はカウンタートップも「18-8ステンレス」天板を採用しています。

一般的にキッチンカウンターに使用される素材の種類として、"ステンレス"の他に"人工大理石"、

"天然石(御影石)"、"メラミンポストフォーム"、"木製"、"タイル"などが有ります。

中でも昨今の住宅間取りに於いては、LDK一体化のオープンキッチンスタイルを望まれる方が多く

意匠性(インテリア性)の高い"人工大理石"のカウンターの採用率が高まっているのが現状です。

人工大理石は、アクリルやポリエステル樹脂を主成分とし無機物と混合して作られた素材に 顔料

で着色しますので多彩な色柄のものや石目調で高級感を演出できる素材として人気が高いですが、

樹脂の結晶体を融合して製作されている為、耐熱性や耐水性などはステンレスに劣る点も有ります。
 

もちろん、シンクも"ステンレス"・・・ このシンクはクリナップさんの「美・サイレント」シンクと称し、

独自のeコート(親水性セラミック特殊コーティング)が施され 水垢や油汚れなどのしつこい汚れも

スポンジに中性洗剤をつけて洗うだけで簡単に落とす事が可能な上に、 シンク底面だけでは無く

前面や側面にまで精神構造を広げサイレント性をさらに向上させています。
 

そして今回御採用頂いたのは"ルミナスシリーズ"といい 扉もステンレスの仕様となっています。

これでキャビネットを始めカウンタートップ、水のかかりやすいシンク前の幕板部、台輪引出収納部

(フロアコンテナ)迄のすべてがオールステンレス仕様の本格調理派志向のキッチンとなりました。

(注)・・施工中の為 扉の養生シートをめくる前の撮影となっています。
 
"ステンレス"は水分や臭いが染み込む事が無く、自身が錆びにくい事から食器や調理器具にも

多く使われるように衛生的で安全な素材な上に、日本の様に湿度の高い環境下に於いて過酷な

ヒートショックが日常的に与えられる調理現場に最適素材としてプロの厨房に採用されています。

またインテリア性に於いての"暖か味"は求める事が出来ませんが、磨き傷も年輪として考えれば

磨けばいつまでもその輝きを取り戻す事の出来る耐久性は魅力的な素材だと考えられます。

他の素材とは違い、磨きを加える度に風合に深みを増すステンレスには「キッチンを育てていく」

楽しみも有るかも知れませんね。
 
ちなみにレンジフードも"ステンレス"フェイスの御採用でした。   Hoshino

先回に続き メーカーさんの会合出席の模様を御報告します。

こんばんは “KS-星の”です。

先回は 現在この業界の大きな動きである メーカー統合の渦中にある “サンウェーブ工業”さん

の“新春情報交歓会”の模様をご報告いたしましたが、今回は 水廻り専業メーカーとしての

企業存続を模索中の“クリナップ”さんの“特約店名古屋地区分科会”の模様の報告です。


 

冒頭の井上社長様の ご挨拶より感じたのは やはり 「専業メーカーとしての生き残りに賭けた苦悩」

でした。以前よりお話の中で 現在のTOSTEMを筆頭にINAX、SUNWAVE等が 統合化し 一つの

ブランド化される“LIXIL(リクシル)”への お誘いは SUNWAVEと 同時期に同スキームにて行われ

井上社長が思案中に サンウェーブ工業 織田社長が早々と決断し 参画したというのが事実らしいが
 
驚くべきは 現在も尚 その勧誘は継続しさらに巨大な総合メーカーを目指してるとの事なのです。

織田社長の言葉には常に「雇用を守る為の 苦汁の決断」めいた発言がありますが、やはりユーザー

目線で見たときには メーカーや商品の選択肢が 減少する事は決して喜ばしい事では有りません。

メーカーが統合するのは 効率化が目的でしょう。おそらく今後の商品開発はボリュームゾーン

である普及品に重きを置かれ 没個性の平均的な商品ラインナップになってしまう事が危惧されます。

そもそも企業として一番の効率化は「人員削減」だと思いますが 本当に雇用は守れるのでしょうか?

そんな中 クリナップさん他のメーカーさんには 是非 専業メーカーさんとして生き残ってほしいです。

だから 勇気を持って 愛情のある提言をさて頂く事にしましょう・・・・・・

今回の講演会の講師は (株)ビスタワークス研究所の「大原 光泰(おおはら こうしん)」さん 

高知の“ネッツ トヨタ南国”で 20年以上人財開発の責任者として 全国のトヨタ販社のCS NO1

を11年連続達成させたという 経歴の持ち主の方で 現在は分社化し そこの代表をされてます。
 
お話は 軽快で 90分 飽くことなく聴けましたが、クリナップさん分科会の講演会のテーマは

ほぼ一環して行き着くところ 「“感動”を超えた“感謝”をもたらす事による顧客満足度UP」ですね。

ぶれてないと言えばそれ迄ですが、もうそれは「東京ディズニーランドがすべて教えてくれました」よ!

ここから 懇親会の模様~

誰が 企画したのか知りませんが 懇親会で“太鼓”の余興・・・やかましすぎて 会話が出来ません。

「皆が元気の出る催し」~との事でしたが 一体 何の為の 懇親会なのでしょうね?
 


そして 懇親会の終盤には 社内コンペの優秀営業マンによる クリナップ恒例の“鯉の滝登り~
 
“星の”も元々体育会系で 育ちましたので この ノリは解らない方では無いのですが

現在の混沌とした市況や変化し続ける市場や様々な背景を 行き着くところ この“気合”のみで

乗り切ろうという精神・・・・それから この“半被姿” ~少し 時代錯誤感が否めません。

水廻り商品の選択権の有る “主婦層”の方が この姿をみて“感動”したり“感謝”するでしょうか?

もっと 営業マンも“色気”を感じさせる演出に そろそろ変えてみては いかがでしょうか?


いろいろ 勝手な事ばかり言って申し訳ございませんが これも ひとえに クリナップさんが

水廻りの専業メーカーとして 生き残って欲しい故の “愛情表現”として受け止めて下さいね。

そして、この春 発表の 社運を賭けた キッチンの新商品に 多大なるご期待を申し上げます。

やはり この会でも 先陣切って“赤ワイン”を 一人でがぶ飲みしてきました。

                                                                    Hoshino


↑このページのトップヘ