今日は、★のキッチン研究所 所長のKS-”星の”です。
昨年末に 恒例のキッチン・オブ・ザ・イヤーの発表が有りました。

2009 グランプリ・大賞は IKEA キッチン FAKTUM(ファクトゥム)でした。

下記は、選考委員長  黒田 秀雄先生(ほとんど、彼の独断で決まります。
決し公正な審査では有りません。)のAll About コメント引用です。

                                                       (記)
昨年から続く不況の波は、建築・住宅業界に暗雲を拡げ、市場回復の兆しが見えないまま2010年を迎えようとしています。

こんな環境の中、キッチン業界も大きく変化しようとしています。そのひとつの波がスウェーデンIKEAを発信元とするキッチンの低価格化の現象でしょう。国産品では総合インテリアショップのニトリが発表した1.5間間口で199,000円という破格の定価設定のキッチンも登場しました。

キッチン業界からは、品質面での問題が指摘されることも多いようですが、見方を変えれば、製造直販という今までのキッチンの流通経路を単純化したごく当たり前の価格設定であることに気づくはずです。
すなわち、旧来の特約店や販売店という複雑な流通経費をパスし、運搬・施工費用など別業者の費用を別途計上することで、商品価格を抑えることに成功している訳なのです。現実問題として集合住宅やハウスメーカー等への納入価格が、定価の何掛け、何割引ということが公然と言われ、実際に驚くような価格で取引されていることから見れば、決してIKEAやニトリの価格が異常とは言えないのです。

もちろん日本市場の中でも、高価格帯のキッチンへの人気が高いことも一方にはあります。しかし、世界各地に展開する家具工場の特性を生かしたIKEAの商品戦略は、今までの製造・流通方式の温存を続ける日本のキッチンメーカーへの警鐘でもあります。

そんな背景の中、公正な審査の結果今年のキッチングランプリはIKEAのキッチンに決まりました。



ここから、「★のキッチン研究所」のコメント

Hoshinoも IKEAのキッチンを神戸にて拝見させて頂いた事があります。

確かに、現行の国産メーカーのキッチンは どちらかと言うと 機能重視で デザイン的には 

没個性化しています。

それに対して、IKEAのキッチンは 個性的な北欧風デザインで 

現行国産品では、出し切れない風合いが有ります。

しかも、製品そのものの 販売価格は 確かに コストパフォーマンスを感じてしまいます。


そして、黒田氏のコメントで御指摘の通り 国産メーカーの一部に於いては 

一切 現場やユーザー様との接触をする事の無い 「商社」が汗もかかずに 

マージンを取っている現状も事実として有ります。(当社は汗分だけ頂戴してます。)


但し、このIKEAのキッチンに 一般ユーザーは どの様にして辿り着けばよいでしょうか。


果たして、IKEAのStuffが どれだけの対応力にて プレゼンや見積作成をして頂けるのでしょうか?


そして、自分の本当に欲しいキッチンを 手に入れる為に 何度 IKEAに脚を運ぶ必要が有るのでしょうか?


確かに、IKEA HPから 簡単な見積は作成出来ますが 本当にユーザー様がNet上で完全な商品構成を出来るのでしょうか?


運搬・施工費を別途計上して 商品価格を抑えて見せる事が 本当に親切なやり方でしょうか?


現場での工事の責任、役割分担は うまくいくのでしょうか?


そして、現場を確認して タイミングを見計らって 現場に納入して頂けるのでしょうか?


確かに欧米の様に "DIY”的考え方が生活文化に根強く育っている地なら この方法も良いでしょう。


Hoshinoの実感では 未だ 製造直販にて ユーザーがFullに満足した商品を 手に入れるのは 困難なような気がします。


我々が 納入させていただく商品は 納まって初めて 価値を 生み出します。

納まらない物は 何の価値も有りません。


さらに、同じ金額でも 納まり次第で 値打ちが変わります。(前ブログ参照) 

家電や家具を購入する時とは 少し違います。


もし、ユーザー様と 製造元のみで 本当に欲しい商品が 手に入り、

現場もスムーズに納まっていく事が 当たり前になった時点で、

我々はそこでの 存在価値は "無"ですので 潔く この業界から 退陣させて頂く事となります。

但し現時点では、直売にて商品を購入された ユーザー様からの S.O.S

数多く対応させて頂いているのが現実です。


もし、IKEAのキッチンの様な 直販品を どうしても御購入されたい ユーザー様見えましたら、

御計画、御購入前に 是非 御相談下さい。


失敗しない プラン作りと商品作りの お手伝いをさせて頂く事も可能です。

(有償サービス---- 購入金額の 10%~15%程度  運搬費、取付施工費は別途です。)


キッチンなどは、一生に何度も購入経験出来る代物では有りません

業者+商品選びは慎重に願います。

                                                     Hoshino