"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:カフェ

本日は久々に土曜休暇となりました。~こんばんは"KS-星の"です。

先回の続き・・・・三月のお天気の良い休日 娘の成人式後(あと)撮りの日の話です。

J’Adore(ジャドール)で 娘の成人式後(あと)撮りのヘアメイク&着付けを待つ間に

名古屋市川名に有る"Positive food cafe bou"さんで モーニングを頂きました。

 
お店の名前は"ポジティブ フード カフェ ボウ"と読みます。なんでも「ボウ」は坊やの「ぼう」らしい。

お店の場所は 川名公園のすぐ隣で判り易いのですが 専用駐車場が無いので 御注意下さい。

入口横には 望月 通陽(もちづき みちあき)さんデザインのロゴと店名が描かれています。

望月さんについては 過去Blog 「時が止まるギャラリー・・・」「休日のティータイムはアートな・・・」

でも御紹介させて頂いてますが、"Yu"がお気に入りな 現在人気の高い作家さんなのですね。

お店の内装的にはとても シンプルですが 所々に 望月さんのイラストが描かれています。
 


店内の壁画だったり・・・・・お子様(坊や)なんかも楽しめる空間創りとなっています。
 

そして、トイレの中にもネ!
 

この照明の使い方は 圧巻ですね~ここにもアートを感じます。
 

まずは お店一番奥カウンターで注文し先に支払を済ませます、水やおしぼりは セルフでね。

モーニングセットには お好みのドリンクに トースト・玉子・サラダが付いて ドリンクと同一料金

トーストは バターorオーガニックピーナツバターorアガベシロップ&シナモンの3種から選べました。

注文した品は 席で待っていると 届けて頂けますので 店内にある望月さんの本を読書しながら待機

この日は "星の”はオーガニックピーナツバター、"Yu"がアガペシロップのトーストを頂きました。

丁度我々世代には ありがたい 身体を気遣う 優しいテイストのモーニングでした。













そして、客席テーブルを良く眺めてみると 1テーブル毎に少しずつ 英単語が刻印されていました。

このテーブルには「AND GOD」隣のテーブルには「BLESS ME」他のテーブルには「THE MOON」



つなげてみると、マザーグース1の「ぼくが つきをみると」の一節になっているようです。

    I  see the moon              ぼくが つきをみると

    And the moon sees me   つきも ぼくをみる

    God bless the moon        かみさま つきを おまもりください

    And God bless me           かみさま ぼくを おまもりください      谷川 俊太郎 訳

この並びのテーブルには おそらく この詩が刻まれていたのでしょう~メルヘンチックですね。


それから、bouさんは「たべること、はぐくむこと、つながること」をメッセージとされています。

幅広い客層が楽しめる演出には 名前通り とてもポジティブ(前向き)な姿勢が伝わってきますね。




ドリンク・スイーツ・サンドイッチ・・などはテイクアウトもできるので 天気の良い日は目の前の

川名公園に持ち出し ピクニック気分で休日をまったり過ごすのもきっと良いでしょうね。

(但し、現在の処 広域避難場所の防災公園になるべく 再開発工事が近辺で行われていますので

少しゆっくりできないかも知れませんが・・・・・併せて再開発後の景色も気になりますね。)
  


"Yu"のお姉さんには かわいい 焼き菓子をおみやげにテイクアウトしました。

 
ここで、のんびりしている間に 娘のヘアメイク&着付けが終了!

あわてて"bou”さんを後にして "J'adore”へ 娘を迎えに車を走らせました。

   
   
おまけ・・・これは ある展覧会の望月さんの作品     
 




  Hoshino

このところ 中々 調子の良い時間に暇が無くて 散髪できず 髪の毛がボサボサでしたが

只今 およそ 3ヵ月半振りに 散髪屋で 髪をカットして頂きましたー!(毛染めも・・・)

しかし 中年の“ロン毛”は 不気味ですよね。心なしか 少し頭が軽くなったような気がします。

先週の日曜日は 午前中のみ半日休暇が 取れましたので 義母と“Yu”を誘い

御在所までドライブして 今が旬の“紅葉”を眺めに行きました。


シーズンだけあって かなり渋滞していましたので 途中 景色の良いところでで車止めて“紅葉狩り”

帰り道は 少し裏道を走っていると のどかな田園風景の中に お洒落なCafeらしき建物を発見!

そこは“Yu”が以前から 行ってみたい近場のCafeの一店【Cafe SNUG(スナッグ)】さんでした。

丁度 お昼どき だったので “星の”御一行様は急遽 ここで ランチを頂くことにしました。



店内の模様・・・微妙なレトロテイストと 差し込む自然光で癒し空間の演出がうまくなされています。

季節柄 既に 所々 かわゆい X’masの飾りつけもされてました。

自家製天然酵母を使って焼いた人気のパンやケーキなどの店頭売りもあります。











ランチを待つ間に“Yu”が思わず言った〜 「思ったより“ こぢんまり”した 雰囲気ね。」

それもそのはず、店名の【SNUG】には (こぢんまりして)居心地のよい場所[部屋,地位]

という意味があるそうで、正しく こちらの店主さんの狙い通りの雰囲気が醸し出されているのです。

この時間の客層は 小さなお子様から御年配の方まで幅広い年齢層の方で ほぼ満席状態でした。

そして、ここで頂いたのは“しみじみごはん”・・・(注)決して 蜆(しじみ)ごはんでは ございません。

和風創作系の一膳・・・どれも 素材からの こだわりを感じる逸品で 味付けもGoodでした。



食後の “カフェオレ”は 泡立ち良く 少し大きめのかわいいボウルで 出てきました。



何故か 店内入口にはマトリョーシカの“顔ハメ”写真撮影用が・・・・













午後からの仕事の事を ひと時忘れてしまうほど “まったり”とした時間を過ごしてしまいました。



皆さんも この週末が見頃の御在所“紅葉”散策の帰りに お立ち寄りしてみてはいかがでしょう。

 
;                       Hoshino

週末は 仕事以外のネタが多いのですよ。

今晩は” KS-星の”です。

本日 御紹介するのは 岐阜県 垂井町に有る とても アートな喫茶

”Cafe FLANDRE”(カフェ・フランドル)さん
 
名神高速道路 関ヶ原ICから 車で5分ぐらい走った R53号沿いに有ります。

我が家(四日市)から NAVIを入れると 約90kmと出ますが 一般道 走行のみ

いつもの Hoshino流 安全運転でも 約1時間余りで到着しました。

 











黒い板張りのシンプルな外観   建築家 中村好文さん(レミングハウス)の設計です。

中村好文さんとは・・http://agata107.sakura.ne.jp/y/2009/02/post-2.html


まず 始めに出会うお出迎えのアートは 玄関の入口の取手です。

この作品は望月通陽(もちづきみちあき)さん
 

望月さんについては、当Blog 2010/5/14の ギャラリーやまほん/カフェ・ノカさん

の中でも ご紹介させて頂いていますが、染色家で陶芸、ガラス絵、、リトグラフ、木彫、

ブロンズなど 多様な手法を用いて独自の作品世界を築いている 作家さんです。


店に入るもう一つの扉には これも望月さんの作品の染め絵のタペストリーが木枠に

はめ込まれ ガラスで挟み込んでありました。



店内はカウンター席と テーブル席が 有ります。”テーブルや椅子”は 中村 好文さん

各テーブルの上に 置かれている”シュガーポット”は 武田 武人さんの作品です。
 

窓の格子の木枠に はめ込まれた ”ブロンズのオブジェ”は「鉄の仕事”の望月さんの作品


真っ白い壁の額の中にも 望月さんの”染め布”が飾られています。



”コーヒーカップ”は 「ギャルリももぐさ」のオーナー安藤雅信さんの作品です。

ギャルリももぐさ・・・・http://www.momogusa.com/

コーヒーには ここのオーナーさんのお手製”生チョコレート”が付いてきます。

この”生チョコレート”は 御自慢のコーヒーの味に 一段と深みを増し絶品です。












窓枠の上に 飾られた ”ミニチュアの椅子”これも建築家 中村さんの作品です。


こんな風に店内の小窓3ヵ所にミニチュアの椅子が飾られてます。












おやおや、トイレの中の鏡にも 望月さんの作品が有りましたよ。


そして 何と言っても”フランドル”さんは 通を唸らせるほどのコーヒーの専門店なのです。

ここの オーナーさんのコーヒー豆へのこだわりは”スゴイ”のです。

世界各国のコーヒー豆を 自ら視察厳選し(棚に置かれるガラスポットだけでも 20種類)

豆の鮮度に こだわり 毎朝自家焙煎し さらにハンドピックで一粒づつ選別しているそうです。

メニューは ほぼ コーヒーのみで、 深絞り・中深絞り・中絞り・浅絞りが種別されていて、

中南米、中東、アフリカなどのコーヒー豆の産地名の”ストレート”と”ブレンド”が有ります。

注文してから 豆を挽き、一杯づつドリップしますので その香りは また格別の物となります。

Hoshinoもこの歳迄に数え切れない程 多くのコーヒーを頂いてきましたけれど ここで頂いた

深絞りで少し苦味の強い”イタリアン・ブレンド”の芳醇な味わいは最高ランクのものと言えます 。

この前御紹介した  伊賀のギャラリーやまほん/カフェ・ノカさんの豆もここが 発信元でした。

もちろん、豆だけの小売もありましたので 帰りには”フランドル・ブレンド”をお土産に購入しました。



  
帰りには、又 例のブロンズの”ドアノブ”が お別れの挨拶をしてくれます。

何処かしら、我々の帰り道中の安全を祈ってくれている様にも 見えます。

建物にも 内装にも 小物にも そして何より ”コーヒー”にこだわり続ける”フランドル”さん

このアーティスティックな こだわり加減は 尊敬に値すると同時に うらやましく思います。

是非皆様も 休日の午後辺り  ここで まったりと ティータイムを 過ごしてみてはいかがでしょう。

   
    
   Hoshino








岐阜県不破郡垂井町岩手767

TEL 0584-22-6988 Open 10:00~18:00  Closed Wed.


何年か振りの風邪で ひどい 声になっています。

こんにちは” KS-星の”です。

本日は 京都でのカフェランチの紹介です。

京都 東福寺で モダンなお庭を拝観した後 は 二条にある バナナの木で有名な

「Cafe’Bibliotic Hello!」(カフェ ビブリオテック ハロー!)さんでランチしました。

 
お店の目印は 店前に植えられている”バナナの木” ここも、町屋を改装した Cafe

    


 店内の模様・・・・落着いた濃い目のカラーで統一されたスタイリッシュモダンな内装

北欧デザインの家具(テーブル&ソファ、チェア等)どれも センス良く配置されてます。

  










 






梁あらわしの吹き抜け、スケルトン階段は開放的、2F窓から差込む 自然光は心地良い。

階段を登ると2Fにも 少ないですが客席があります。



壁一面の大きな本棚には、建築、インテリア、美術関連から絵本迄の蔵書で一杯です。

図書館で お茶しているような感じがしてきます。


ランチサラダ 旬の野菜に半熟卵
 


B・L・Tサンドにモッツァレラチーズとバジル風味少々



この日のランチパスタはミート系スパゲッティ
 

食後は、エスプレッソ飲みながら”パリのキッチン”と言う本を読んでました。
 
ソファーに深々と腰掛て”まったり”していたら 余りの居心地の良さに

暫しの間 気を失ってしまいました。・・・・・Z.Z.Z.




そして、お隣は ”Halo Galo” --Bakary&Gallaryです。(店内で繋がっています。)

Cafeででるパンは ここでお兄さんが焼いてます。もちろん 店頭販売もしています。



パン販売カウンター脇の 奥に細長い陳列棚には 陶器類の展示販売してます。












キッチン雑貨類(これも北欧風)の販売も有ります。



店内トイレには 自転車駐輪についてのお願いが ”丁寧にやさしく” 注意書きが有ります。

道幅狭いので 近所迷惑にならないように お願いします。 

   
                   
                                   Hoshino

↑このページのトップヘ