"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:オートムーブシステム

長らく御無沙汰しましたー3か月振りの投稿となります~こんばんはー"KS-星の"です。

しかし、何とかなりませんかねー消費税増税前の駆け込み需要とやら・・・一時的に超忙しいです。

当然の如く4月以降には反動で超ひまになっているかも知れませんね~今が正念場です。

・・・ってな事で、本日は最近のリフォーム現場からキッチンのプランを御紹介しましょう。

まずは、約20年程以前に納入した既設のシステムキッチン ~3450mmI型Wall to Wall

実はこの既設キッチンは、"星の"が新入社員の頃にプラン及び納入させて頂いたものです。
 

引き渡し後20年振りに目にしたキッチンにはあの当時は無かった収納や食洗機や調理家電が

処狭しと設置され、システムキッチンのベースキャビネットの扉は一部開閉の出来ない状態でした。
   

今回のリフォームは現在のダイニングキッチンを間仕切り撤去しLDK化する事とキッチンと収納を

より効率的に且つ機能性を高めたものにする事が主目的でした。(結果的には水廻り全面改装に)

これは改装予定図・・・関連業者様への作業指示する為に"星の"が作成したものです。
  
既設キッチン撤去はお施主様がお手伝いしてくれました。  タイル撤去後の壁は下地やり替え。













キッチン取付日~取敢えず部屋に搬入して検品中・・・部材は50点数超となりました。
 

キッチン壁パネルを施した後、レンジフード取付です。今回の採用品は"とってもクリンフード"

整流板から入り込んだ油煙が「リーフプレート」と「プレートパネル」によって形成された空間で衝突

し合い乱流を発生。乱流によって油分やホコリが油煙から飛び出し「リーフプレート」で捕集します。
 

システムキッチンの構成部材は専門の職人の手作業によって次々と所定の位置に取付しました。













早朝から始めた取付作業でしたが ほぼ問題無く大体の完成形が見えた処でこの日の作業は

一旦終了し、翌日に機能品等の器具取付と細部の仕上げ及び調整を行うことにしました。
 

今回御採用の クリナップ製クリンレディは新素材「NSSC FW1」製のステンレスエコキャビネット

何故エコかと言うと、ステンレスは耐久年数が長い上に リサイクル率80%以上のエコロジー素材

だからです。しかも、カビは繁殖しにくく臭いも付きにくいし 水汚れ、サビ、熱にも強い素材です。













そして、これが完成形の正面からの姿です。キッチンの収まる間口は前回と同様3,450mm

ですが、今回はキッチン部3,000mm+コーナー用ハイフロアカウンター450mmとなっています。
 

カウンターは人工大理石アクリストンに象嵌(ぞうがん)風のFC製法で木イチゴをモチーフにした

ミュール柄をシンクの両袖に埋め込んで有ります。シンクはステンレスにエンボス加工を施し

さらに、親水性セラミック系の特殊コーティング(eコート)がなされています。

 

以前とは冷蔵庫の配置も変えて、本来のキッチンにおけるワーキングトライアングルになり調理時

の効率は上がりました。キッチンの対面の壁には900mm幅のシステムエリア収納も配置しました。














コーナー用ハイフロアカウンターのオープンになっている部分は蒸気排出ユニット付の家電収納

となっていて、蒸気の出る家電(炊飯器や湯沸しポット)をスライドテーブルを引き出さず使用可能

です。その下には分別ゴミ箱をセット出来るダストボックスワゴンをセットしました。ワゴンを前に

出すと、コーナーの奥からはストック品などを収納できる内引出しが付いています。シンク上部には

シースルー扉の電動昇降吊戸棚(水切り&小物収納)は迫力のW1800mmを御採用頂きました。

  

キッチンの配置は今迄と変わりませんが、収納力は大幅に増えて、調理・片付けの作業効率も

向上した新しいキッチンが出来上がりました。現段階では、このキッチンスタイルが一番使用勝手

が良い様に思っているのですが、如何でしょうか?・・・・その②もあります(後日)     Hoshino


桜もそろそろ満開となってきたところなのに、今日は冷たい雨~こんばんはー"KS-星の"です。

本日は親孝行な御一家の"M様邸母屋キッチン改修工事”の模様をお届けしましょう。

M様邸は同一敷地内に息子様御家族の住居が別棟に有り、母屋は御年配のお母様の一人暮らし

となっています。かつての台所の大半がそうであった様に 土間に直接流し台が置かれていました。
 

そして、このお宅では独立型のキッチンとなっていて、居室と台所の段差は30cm程度有りました。

既設キッチンは2間の内法3,450mmのセクショナルキッチンI型配列と背面に冷蔵庫と食器戸棚
 

既設の壁、天井は一旦すべて撤去し、給排水設備配管もすべてリニューアルして所定の位置に

変更しました。工事中は最低限の家事が行えるように仮設の流しとコンロ台を用意していました。


大工さんに 床上げ及び壁・天井の造作をして頂き、キッチンの取付設置工事がスタートです。

キッチンの据付設置面が居室の床と同一レベルになっている事を御確認頂けますでしょうか。 
 

今回採用して頂いたキッチンは クリナップ製新クリンレディのステンレスecoキャビネット2700I型

世界初のステンレス素材「NSSC FW1」を使用しシンプル設計でリサイクル率を高めた製品です。

そして、アッパーキャビネットは御年配の方でも使用しやすい電動昇降棚 間口1800mmを採用
 キッチン設置後、居室から撮影・・・ キッチンの延長上のスペースに 洗濯機を配置しました。

背面には、冷蔵庫、蒸気排出ユニット搭載の家電収納(ダストBOXワゴン付)と引戸式カップボード 

(システムエリア収納 ステップコンテナタイプ 間口900mm)を配置しました。


こうして今迄昇り降りで苦労された"居室との段差30cm"を解消したキッチンは、以前より家事効率

と収納率を向上させた形で仕上がりました。実は、この改修工事は 既に嫁がれている娘さん達や

隣に住む息子さんの年老いた母を思うお心遣いから 御提案がスタートし、実現した次第です。 

 
M様邸では、キッチンの以外にも浴室、洗面所、トイレの水廻りを一新する大型リフォームでした。

各部位共に御年配になられた母親の使用勝手を 親身になってお考えになられる"M様御一家”の

優しい気持ちをひしひしと感じながらの工事となりました。親孝行って思っていても中々出来ない事

ですが、M様御一家には「親孝行したい時に、親はなし。」という言葉は当てはまらないようですね。

                                                                              Hoshino

年末も近づき 夜のお誘いが多くなってきました~こんばんはー“KS-星の”です。

本日御紹介するのは、最近採用率が高まっている“電動昇降吊戸棚”の施工例です。

この商品は、読んで字の如く 電動モーター駆動により収納部分が昇降する吊戸棚です。

キッチンシンク側に窓が有ったり、対面型キッチンにも設置可能で必要時のみ下降させ

キッチンでの調理や片付け作業中に ユーティリティスペースである“アイレベルゾーン”を

より有効に活用できる商材です。この商品が実際に一般市場で採用されるようになって

既に12~13年が経過していると思います。実際“我が家”では 当時新商品だった製品を実験的

に採用し、現在12年目になりますが今では キッチン作業上必須アイテムの一つとなっています。

 

この商品は メーカーや間口サイズによって本体重量は多少違いますが、取付ける壁の耐力は

本体重量60kg+積載重量25kg+昇降時負荷α=100kg以上が必要と考えています。

新築時に当初から取付を予定して頂いたユーザー様には 建築者側と打合せにより 壁耐力を

増強する手段(梁補強や柱増設による垂壁の増強工事など)を施す事は可能ですが、キッチン

のみの改修工事時は その壁に耐力が有るかどうか確認の上、不足していると思われる場合には

取付部の壁補強を施すか、天井に梁等を増設し天井吊による固定を併用する必要が有ります。

リフォーム現場では 補強工事の必要性を予め御理解願う様にお伝えしておくと良いと思います。

今回の現場の既設キッチンが 取付けられていた壁の構造は 実際この様になっていました。

 
御覧の様にキッチンとLDの間仕切壁の構造は 間柱程度のものにコンパネで造作されていました。

この垂れ壁にはどう見ても 100kgの耐力が有るとは思えません。仮に当初取付が可能だとしても

長期間安全に使用出来る壁耐力が有るとは言い難い構造だと思われました。そして工務店様と相談

の上 天井裏に鉄骨C鋼を増設し、そこからボルトを降ろし壁と天井固定を併用する事にしました。

少し見づらいとは思いますが、上記は既に天井に仕込んだ鉄骨からボルトを出している写真です。

商品により天吊金具取付箇所が決まってますので、ピンポイントで所定位置に出す必要が有ります。

この取付下地補強工事は 法的有資格者による工事が必要となりますので 御注意下さい。

そして、イザッ取付です。この日はこの商品取付時には 4名がかりの作業となりました。
 

天井から降ろしたボルトが所定の位置に入ったら ワッシャとナットを締め付け固定します。
 

天吊りボルト固定が完了したら、電源を投入し収納部を一旦加工させて壁固定します。

それから基本的には、天井固定のみの設置は禁止となっています。
 

こんな感じでキッチリ、シッカリ取付ける事が出来ました。これで安心して御利用して頂けます。
 
以前当Blogでも 御紹介した通り キッチンに於けるアイレベルゾーンは作業上とても有意義な

ゾーンだと考えています。この部分に働きを加える事により キッチン作業は格段と快適になる

事は間違い有りません。収納のみで出し入れにも不自由な標準吊戸棚と比較すると当然高価

になりますが、働きを見合わせた“費用対効果”で考えると決して高い買い物では無いと思います。

                                                                                  Hoshino

急逝したサッカー元日本代表DF松田直樹さんへ 心から御冥福をお祈り申し上げます。

代表時代のガッツ溢れる彼のプレースタイルが 好きでした・・・・ こんばんはー"KS-星のです"

先日施工途中を御紹介した"H様邸"L型フラット対面キッチンが ほぼ完成しましたのでお披露目

クリナップ製 新クリンレディ 扉グレードAclass Beaute(ボーテシリーズ) ボーテロゼでのプラン

先回、キャビネットが新素材のステンレスと紹介しましたが このクラスは扉表面材もステンレス。
 

フラット対面とは、キッチンの背面に造作壁を設けず キッチンカウンターがダイニングスペース迄

フラットの状態で繋がっているキッチンの事です。今回はシンクをダイニング側に加熱機器を外壁

側の壁に向けたL型フラット対面キッチンの御採用となりました。 この様に配置する事で、調理中

に発生する"臭い”・"水蒸気”・"音”などを リビングやダイニングに向けて流れ込みにくくなるにも

関らず それでいてゲストや家族との一体感も得られるという 機能的な収まりのキッチンです。

 

そして、ダイニング側にもユーザー様の使用勝手に合せた収納を設けました。(一部特注品)

 

頑強に補強を施した壁と天井内の下地から降ろしたボルトで支持された大型の電動昇降吊戸棚

(オートムーブシステム---水切り&小物収納タイプ)は この様に"アイエリア"迄下がります。












デットスペースになりがちなコーナーの収納部には サッと引き出せる"コーナーワゴン"を配置
 

"コーナーワゴン”を引き出すと、両サイドから"デルタトレー”が現れます。使用頻度の低い物の

収納スペースにはなりますが、収納のデットスペースを作らず収納品の取出しにも困りません。

 











そして、"H様邸"御採用の加熱機器は 巷で話題騒然の"スーパーラジェントヒーター"

目に見えぬ電磁波が与える人体への健康被害の恐怖を危惧するよりも 極力電磁波の発生を

抑えた製品を選択したいという ユーザー様の意志で御採用になりました。(H様は開業医です。)  
 


最後にビフォアー

                                         ↓   ↓   ↓

アフター・・・今迄より調理家電の配置も良くなり、収納効率も数段上がりました。

クリナップさん一押しの"うきうきポケット”も搭載のオールスライド/フロアコンテナ収納付
 

もう一つ  ビフォアー
 
                                         ↓   ↓   ↓

アフター・・・・少し解放感を感じると共に ダイニング&リビングとの一体感も出ました。

もちろん、食器洗い乾燥機(省エネナビ付サイレントパワー除菌ミスト洗浄タイプ)もビルトイン
 

このキッチンは人寄りの多い"H様邸"で 活躍してくれる事間違い無しですね。

                                       Hoshino

サッカー“なでしこジャパン"の御一同様~国民栄誉賞の受賞おめでとうございます。

昔はサッカー少年、現在は さすらいの中年キッチンスペシャリスト“KS-星の”からの~

本日御紹介する現場は 先日御紹介した L型対面キッチン改修工事レポートの続きです。

まずは、コーナー吊戸棚とレンジフードの取付からです。
 

大型電動昇降吊戸棚(W=1650)は本体のみで重量約75kg 収納最大積載量が25kg

従って、最大100kg以上の耐荷重が掛かります。今回は充分に耐力補強した取付壁に固定

すると共に 天井内部下地より10mmのボルト4箇所で吊る方法で万全の体制で挑みました。



今回採用したキッチンは クリナップさんから新発売、リニューアルしたての新クリンレディです。

世界初のステンレス素材「NSSC FW1」を使用したステンレス エコキャビネットが標準装備、

側板、底板などの構造自体のすべてが 新素材のステンレスで出来ているという代物なのです。

 

そして、ダイニング側にも収納を設けました、こちらの構造部はご覧の様に木製です。

ここで使用する収納の開き扉キャビネットは標準設定では無く "特注仕様”になります。


実は このL型キッチンはコンロ側で コーナー用家電収納庫を使用して、もう一回折り返して来ます。

だから、平面上収まりは "L字型キッチン”と言うよりも"U字型キッチン"になります。“星の”周辺は

 「フラット対面L型キッチン+コ-ナー家電収納ハイフロアー付のアッパーUライン」と呼んでいます。
 


シンク側のプレミアムデザイン入り アクリストンワークトップも無事に設置 施工も終盤を迎えてます。

今回のプレミアムデザインは 木イチゴをモチーフにした"ミュールホワイト"(FC製法)でした。
 

しかし、このキッチンには致命的なプラン上のミスが1か所有ります。さて どこでしょうか?

キッチンプランナーとしては初歩的なミスで お恥ずかしい限りの話ですが、同様な収まりの

プランでは、陥りやすい箇所ですので プランナーの皆さんは 同じミスをしないようにね。

この写真をご覧になって 30秒以内に欠陥部を発見出来た方は プランナーとして合格でしょう 。

 

現在その箇所については 特注にて製作中で 施主様御了解の上で問題解決できそうですが、

見積の時点でエラーにならず作図が出来てしまったり、その後の発注時や工場出荷時での

チェック機構のすべてを難なくすり抜けて そのまま現場に来てしまうのも 考えものですね。

この現場の完成報告は いずれまたの機会にさせて頂きます。 ・・・・ Hoshino

↑このページのトップヘ