"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:イルフェボゥ

本日はシリーズもの第四弾「お店に行ったら手洗器をいろいろ見てみましょう」をお届けしましょう。

こんばんはー「☆のキッチン研究所」の所長を務めさせていただいています"KS-星の"です。

いろんなお店の手洗器を 調査してみると、そのお店が目指すインテリア傾向が反映されている事

が多い事に気が付きます。そこには、オーナーさんの思い入れが一杯詰まっているのでしょう。

多少の遊び心も許される設備器具ですので、一般住宅にも生かせるヒントが有ると考えています。

まずは、このお店の手洗器~岐阜県多治見市の山間に有る"ギャルリ百草"さんのトイレ内手洗い

特注のステンレスボウルを加工したベッセルタイプに、衛生カラン(ロングレバー付)
 
築百年の古民家を移築して、ギャラリーとしてオープンされた"ギャルリ百草"さんのオーナーさんは

陶工作家の「安藤雅信」さんと衣服作家「安藤明子」さん御夫婦とも人気の作家さんだけあって

トイレの手洗器も シンプルな仕上りでありながらも、そこには深い芸術性を感じさせます。

  












併設されている"ももぐさカフェ"の店舗内にある 手洗器も 一見は何気無い様ですが、このボウル

も トイレ内手洗いカウンターに使用されていたものと同様 特注で製作されたものと思います。


























こちらは、四日市市広永町に有る"石窯パン・和みカフェ ゆるり"さんのトイレ内手洗器

こちらも築86年の古民家をカフェとして再生したお店で、お手製の石窯で焼いたパンが売り物です。

最近はこの様に 大手メーカー品でなく 焼き物の陶製手洗いボウルを木製カウンターに設置する

パターンが多く見られます。手洗器の色・柄と壁のタイルとの配色の相性も良く お洒落な感じです。
 

"ゆるり"さんのランチは、オーガニックでヘルシーナメニューに御自慢の"石窯パン"でした。












こちらは、桑名市西方にある カジュアルなフレンチレストラン"イルフェボゥ"さんの手洗器

輸入品と思われる陶器ボウルと水栓金具を モザイクタイルを施したカウンターに埋込んでいます。

シンプルなカウンターの上にハンドソープや一輪差しなど小物をアクセサリーとしてトッピング。
 

フランス語で「いい天気だね。」と言う意味の「IL fait beau(イル フェ ボウ)」さん、本場フランス

の本格レストランと国内老舗レストランで修行をされたシェフの御主人様と"山本容子"さんの作品

を好まれる奥様の 日々の暮らしを大切にされている様子が感じられる 店づくりとなっていました。














これは、滋賀県甲賀市にある"Gallery-mammma mia” &"patisserie MIA"さんの手洗器

銅板を叩出して製作したであろう"一槽シンク”に 白玉砂利を敷き詰めて 音と水はねを緩和させて

いました。白い塗り壁と木製カウンターの自然素材とマッチして 癒しの空間演出がなされてました。



丘の上に有る 既に廃校となっていた木造校舎を改築して、ギャラリー&カフェをオープンされました。

オーナーさん自身が 木工作家さんと言う事も有り、店内内装は古き良い物をそのまま残しながらも

センスの良い仕上りになっていました。そして、この場所を「文化の発電所」にしたいと切望してます。














そしてこちらは、京都の亀岡市 英国通が集う“DREAMTON VILLAGE PONT-OAK”さんの

トイレ内の海外ブランドと思われる"ペデスタル"型の洗面器、"ペデスタル"とは柱、彫刻、壷などを

置く台座や土台を意味し、洗面器の場合は陶磁器製の足(台座)が付いたタイプの事をいいます。

陶器部分には優しい花柄が散りばめられ、アンティークブラスの単水栓が2つ取付けて有りました。

西欧では古くからの定番型ですが、国内でもクラシカルテイストを目指すユーザー様からの御依頼

で取付ける機会も増えました。但し、取付の際には下地段階から綿密な御計画が必要となります。

 

“PONT-OAK”さんでは、建造物といい、ロケーションといい、オーナーのこだわりが随所に感じられ

英国のカントリーサイドのどこかの村に来ている錯覚に陥りそうな雰囲気を味わう事が出来ました。

こちらで頂いた本格的な「フィッシュ&チップス」は 一瞬にして英国での想い出を甦らせてくれました。













今回シリーズ最後に御紹介するのは 三重県津市に有る洋食屋老舗の“中津軒”のトイレ手洗器

このお店は創業が明治44年と言う老舗中の老舗です。もちろん、この手洗器は創業当時の物では

無いでしょうが、床・壁に貼られたタイルと飾り気の無い陶器製手洗器は、レトロ調に仕上げたという

代物ではなく 永年に渡り使用し今も尚働き続けている リアルなレトロ品と空間となっていました。
 
店内内装は 下町感覚のレトロな洋食屋さん風で、気取った雰囲気は無く とても庶民的な感じです。

こちらのお店では 名物「メアベア」を頂きました。牛・豚・鶏の3種の肉と大盛りの玉ねぎなど野菜類を

炒め、創業当時から継ぎ足しの秘伝デミクラスソースで煮込んだものを、さらにオーブンで焼いて、

最後に半熟目玉焼きをトッピングした料理です。リーズナブルでとても美味しかったです。













まだまだ御紹介できる“手洗器”は沢山有るのですが、今回はこれくらいにしておきます。

この続きは 第5弾で・・・・・・出来るかな?                         Hoshino

この処 難易度の高い現場や見積りが多くとても多忙な毎日を送っています。

でも、休日は"おでかけランチ”での気分転換は欠かしません。~こんばんはー"KS-星の"です。

先日の休暇日は 桑名市西方にある プチレストラン"イルフェボゥ"さんでランチして来ました。

 

イオン桑名店(旧マイカル桑名)を少し西に行った 閑静な住宅街の一角に何気なく佇んでいます。。

外観は "如何にもレストラン”然としていないので注意してないと見逃して通り過ぎてしまいます。

 











お店の玄関に向かうアプローチ付近に向かうと やっとそれなりの雰囲気がしてきました。

イルフェボゥ( Il fait beau )とは・・・フランス語で「いい天気だね。」という意味だそうです。


 
イルフェボゥさんの店内の模様・・・向かって左には 個室も有ります。正面が"キッチン

本場フランスの本格レストランと国内老舗レストランで修行をされた御主人様がシェフです。
 

この日は ランチAのコース(2,500yen) を頂く事にしました。

まずは、"とうもろこしの冷製ロワイヤル”・・・味もさることながら 彩りがとても美しい!
 

それから、"パプリカの冷たいスープ アボガドとキュウリのタルタル添え"

本日はランチですので 隣のドリンクは 残念ながら"赤ワイン"では有りません。

ノンアルコールの"赤ブドウジュース"(ワインの葡萄品種から100%搾られた無添加、無加水です)

この日は 期間限定の"白ブドウ〃"も有りました。他には無農薬の"ルイボスビオ"~これも良さそう。
 

お次はパスタ~"ドライトマトとオクラ、小柱のタリオリーニ"・・・これは絶品、★★★級ですね。

隣のパンは 近くに有る"むぎぞう"さんのものらしいです。(ここも 良くお邪魔してます。) 
 
メインは"魚介と野菜の軽い煮込み マルセイユ風"か"御在所山麓豚肩ロースのボイル

バーベキューソース焼き グリルした夏野菜のマリネ添え"のいずれかを選ぶ事が出来ます。

どの料理も 本格的な「フレンチ」ですが 気取らずカジュアルな感じで料理を楽しめます。













そして 終盤に"無農薬野菜サラダ"~このタイミングでのサラダも本場風なのでしょうか?
 

デザートの前に メニューには有りませんでしたが "スイカのシャーベット"を頂きました。

シャーベットの器には 何か小動物の顔が浮き上がっているようでした。












これが デザート"イルフェボゥのピーチメルバ"~器やカトラリー類もお洒落でこだわりを感じます。
 

最後は"食後の御飲物”~コーヒー(HOT or ICE)と紅茶(3種)から選べます。
 

コーヒーは"Coffee Kajita”さんのオリジナルブレンド 紅茶は(仏紅茶"Le palais des The")

奥様は紅茶コーディネーターの有資格者との事です。・・・そして紅茶は鉄瓶に入って出て来ました。

フランスではこんな風に紅茶が出てくることが多いそうです。この日の"Yuセレクト"は "ルシアン"

7種類の柑橘がブレンドされた いかにも爽やかで 清涼な香りのする紅茶でした。












最後の一品まで とても気配りがなされているけど どこか家庭的な感じのするコースでした。


そして、店内には 繊細な色使いと やさしい 描線が

魅力的な"山本 容子"さんの銅版画が 何枚も掛け

られていて 日の射し込む 心地良い空間を さらに

明るいものにしています。


中でも「小さな赤ちゃんを囲む幸せそうな男女」を描いた作品は ここのオーナー御夫婦の

御長男の誕生を記念して購入されたものとの事なのです。

このエピソードからも 日々の暮らしを大切にされる 御夫婦の"こだわり"を感じられますね。

 

御馳走様でした~また来ますね!        Hoshino

↑このページのトップヘ