"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:イニエスタ

およそ 一ヶ月に渡り 連夜サッカー観戦が出来た 幸せな日々も終わってしまいました。

今日もAM3:00起床でがんばる 連日寝不足のサッカー中年”KS-星の”です。


ヨーロッパ国対決”オランダ”×”スペイン”の国の威信を賭けた死闘は 延長の末

”スペイン”が勝利しW杯史上初優勝を飾りました。
 

”イエローカード”が15枚の飛び交う試合内容は 結果だけを見ると「決勝戦としては

いかがな物か?」と 批判される方々も多くいらっしゃるとは思いますが、LIVE観戦していた

Hoshinoにとって、そのサッカーそのものプレー内容的には魅せられる処が満載で

あっという間の 150分でした。

そもそも サッカーは ”世界の共通語”と表現をされる反面、”武器を持たない戦争”

とも言われています。その 世界NO.1の頂点を賭けて戦う4年に一度しかないW杯大会の

それも決勝戦ですから その国の代表選手に 「平常心でプレーをしろっ。」といっても無駄でしょう。

その興奮状態の選手達をなだめる為の イエローカード乱発で 本質的に悪質なプレーは

それほど 無かった様に思います。 むしろ 審判がちょっとファウル取り過ぎなんじゃないかな~。


やはりこの決勝戦、Hoshino一押し注目のスペイン「イニエスタ」のゴールで決着しました。
 
彼のプレーは 随所に光る(頭じゃなく・・)ものがありました。 今大会のスペインサッカーを

「ポゼッションサッカー」とか 「美しいパスサッカー」という表現がなされていましたが、

彼の”個”のエッセンスがあってこそ、”シャビ”のパスが生き、”ビジャ”のゴールが生まれた

ものだと思います。彼のボールに対するファーストタッチは 誰よりも”優しく”そして”鋭い”です。

決して派手なプレーでは無いけど 一瞬にして 局面を打開できる程の破壊力を秘めていました。

残念ながら この人の様なプレーはいくら練習を重ねても 身に付く代物で無く天性の物でしょう。


そして、敗れはしたものの オランダ「ロッベン」のスピード有る飛び出しとドリブルも魅せてくれました。

この試合 確かに 彼には決定的な場面が、2本有って これをどちらか決めていれば”オランダ”の

勝利もあったかもしれません。しかし、これはスペインGK「カシージャス」に神が乗り移っていたかの

様なセーブでは 致しかた有りません。むしろ、スペインの鉄壁なセンターラインを置き去りにした

時点で 彼の功績は すばらしい物だと称えられるべきです。



しかし、何と言ってもこの試合をスペインの勝利に導いたのは、監督”ビセンテ デルボスケ”の戦術

後半途中から投入した選手(ナバス&セスク)起用が絶妙

のタイミングと 彼の戦術を良く理解していた 両選手の期待通り

の活躍が有ってこそ「イニエスタ」のゴールに繋がりました。


試合の流れに応じての必要な選手起用と戦術を的確に変化させ その試合の主導権を握る采配・・・

Japan代表の”岡田監督”には まだまだ そんな事できませんでしたね。


それと、”オランダ”のファンボメルの奥さんの父がオランダ監督”ベルト ファン マルバイク”でした。

彼の ”ゴリゴリ”加減は どの試合でも選手皆を熱くさせていました。(色々やらかしてました。)



そしてMVPは、南米チームでは 孤軍奮闘だった”ウルグアイ”から「フォルラン」でした。
 

なんと,3位決定戦のLIVE放送が民放で放映されなかったので 楽しみにしていた

”ウルグアイ×ドイツ”は ダイジェストでしか拝見できませんでしたが

やはり ウルグアイの絶対的エースの存在「フォルラン」の活躍は顕著でした。

そして、Hoshinoは決勝戦が始まる以前 既に彼のMVPは予測していました。

(マジに真実です・・・・これは、タコのパウル君には予測できてなかったでしょう。)

そして、4年後 日本の「本田」が彼の様な 絶対的エースに成長してくれればな~と思います。



さあ、これで今回のW杯サッカーの報告はこれでお終い、

又 4年後逢える日の事を今日から楽しみにしています。

                                                                      Hoshino


今日も早寝早起きで W杯サッカー準決勝 をTVでLIVE観戦しました。

早起きが段々と 苦にならない身体になってきている、サッカー中年の”KS-星の”です。

W杯サッカー準決勝 スペイン×ドイツは 1-0で 「無敵艦隊スペイン」が勝利しました。

流石に ここまで試合が進むと お互いのチームの攻撃スタイルは 研究し尽くされてます。

なので、この試合は 双方のチームの良さを打ち消しあいで相殺されたゲームとなりました。

常に引き気味に守備固めをし 一発逆襲の鋭いカウンター攻撃を狙う 「ドイツ」 に対して、

美しいパス連携にて相手ディフェンスを翻弄し切り崩しを図ろうとする 「スペイン」の、

両者共相手の得意な攻撃を警戒する余り 本来の持ち味の攻撃力が発揮できませんでした。

その中で やはり 得点に結びついたのは、セットプレーから~後半28分”シャビ”のCKを、

長年スペイン代表の守備の要を務めるCB”プジョル”の目一杯の跳躍と身体全体を使い

魂のこもった”ヘディングシュート”でのゴール!これが 唯一の得点でした。


今大会でW杯通算最多得点を狙っていたドイツ”クローゼ”はほぼ完封状態

しかし、見てください彼のジャンプ力! ベテランになっても この身体能力の高さが決定力の源


さあ、決勝戦は ”スペイン対オランダ”のヨーロッパ対決の好カードとなりました。

スペインは 初、オランダは32年振りの決勝進出で どちらが勝っても初優勝です。

しかも ヨーロッパ大陸以外の開催地で 欧州国チームの優勝も今回が初となります。

この決勝戦の見所は何と言っても スペインの左サイド、オランダの右サイドを司る両者の戦い


スペインの左”イニエスタ”・・・彼のキープ力とパス出しのセンスは”ジダン 2世”の呼び声も
*ドイツの”シュバインシュタイガー”は底知れず体力の持ち主 守備に攻撃に良くがんばりました。ico72



オランダの右”ロッベン”・・・彼は 稀代の天才ドリブラー 突破力は抜群!誰が彼を止められるか。
 


今迄のポジショニングでいくと 試合中はこの両者は同サイドとなります。

どちらが、そのサイドを制するかが 優勝を決める鍵となるでしょう。





















しかも、両者共ビジュアル面でも解りやすく いい勝負してるでしょ。

彼らは サッカー通の玄人好みのプレーヤーなのです。彼らの”プレー”に注目して下さい。

                                                                                           Hoshino


↑このページのトップヘ