"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:アイエリアボックス

本日から4月突入!新生活をスタートされる方も多い事でしょう~こんばんはー“KSー星の"です。

今回はキッチンにおけるアイレベル(アイエリア)ゾーンの有効性について考察してみます。

このテーマは、過去Blog【キッチンのユーティリティゾーンはアイエリア】でも書きました、

その当時と商品構成は大幅に変わっていませんが、改めて御紹介させて頂く事にします。


キッチンをプランニングする際に心がけているのは、作業エリアの確保と動線のスムーズ化です。

キッチンにおける作業の流れは、保存~下ごしらえ~洗浄~調理~加熱~配膳~(食事)~片付け

この流れがスムーズで有る事と、各々の作業が行い易い領域を確保する事が重要だと思います。


  
そして、作業領域が平面上で確保出来ない場合は立体的にスペースの確保を考えてみます。

一般的に、作業者が立った時の目の高さ(アイレベル)~150mm程度下がった所迄に

使用頻度の高い物や調味料類を収納すると調理や片付けが効率良く行う事が出来ます。

さらに、アイレベルは下ごしらえの仮置き棚など調理・片付けの作業領域としても活用出来ます。


実際にアイレベル収納の施工事例を御紹介します~まずは築25年程のM様邸既設キッチンです。

既設にも吊戸棚下にコンソールBOXや水切り棚など中間ボックスが設置して有りました。

但し、M奥様の身長からすると中間ボックスの下端でアイレベルより200mm程度上部でした。

この現場は、キッチン取替及び耐震工事で窓など開口部や間取りの変更は有りません。

従って、基本的にキッチンの配置に大幅な変更は有りませんが作業動線を良くする事と

換気効率を上げる事を目的とし、シンクとコンロの位置を左右逆転にし冷蔵庫の配置を変えました。


今回採用頂いたのは クリナップ製クリンレディ ~普段見えない構造部分のすべてがステンレス

このステンレスエコキャビネットは、カビが繁殖しにくく臭いも付きにくい上に、水汚れ、サビ、熱、

にも強いので耐久年数が長く、80%以上のリサイクル率で環境に優しいエコロジー素材です。

そして、吊戸棚下にはアイエリアボックスを2連(調味料棚タイプと水切りカウンタータイプ)を

取付けました。調味料棚には調味料ポットとキッチンペーパーなどが収納出来、必要な時だけ

手元まで降ろします。水切りカウンターは調理時の補助スペースとしても使用出来るし、片付け時

には一時待機させたい物の仮置きスペースとしても便利に使用出来ます。













これが、M様邸完成のキッチンです。2550mmI型ですが、M奥様のこだわりでシンク位置を

標準位置から少し左に寄せ、さらにサポートプレート採用で下ごしらえスペースも確保出来ました。


もう一つ施工事例の御紹介です~Y様邸ここは築年数20年くらいでしょう。

既設キッチンは2587mmI型キッチン+900mmの冷蔵庫及びゴミ箱スペース

吊戸棚下のアイレベルにはコンソールBOXと食器乾燥機と電子レンジが取付して有りました。

但し、食器乾燥機及び電子レンジは既に故障して代替品も無い事から、思い切ってキッチン全体

の取替工事の運びとなりました。(なかなか、ここまで思い切って頂ける施主様はいませんが・・・)


プランは数種類御提案しましたが、やはり使い慣れたレイアウトが良いという Y奥様のご要望で

内装をリニューアルした上で、ほぼ同配列のキッチンを納入する事になりました。

Y様邸で御採用頂いたのは、トクラス製Berry(ベリー)です。

そして、アイレベルには スイングアップの半透明樹脂扉付窓前ウォールキャビネット棚板仕様。

この現場では窓が有りませんので分かり難いですが、実際には窓からの採光も活かせる構造

となっています。(当Blogのトップ写真は他の現場で同一仕様品を取り付けたものです。)

さらに、オートアップドライヤー(電動昇降式乾燥庫)とカウンターは人造大理石一体形状で

バックガード部を200mmまで立ち上げたハイバックカウンターを御採用して頂きました。

ハイバックカウンターには、マルチスタンド・ラック・ふきん掛けなどのハンガーアイテムを

ハンディゾーンにフッキング出来て、さらに調理の効率上げる事が可能となりました。

アイレベルゾーンの棚は、その場で作業しても邪魔にならない扉の開閉方式の物か、電動昇降棚

の様に垂直方向に下降し、降ろした状態でも作業の妨げにならない奥行で有る必要が有ります。














既設よりサイズダウンした特注配膳台は調理家電を置いて頂くスペースにしました。
 
当然の事ですが・・・キッチンプランのお手伝いをさせて頂く時には、そこで働く奥様の御意見を

尊重し最重要事項とした上で、我々プロサイドの提案を盛り込みレイアウトを考えて形にしていき

ますが、振り返ると全く同一仕様になった事はたったの一度たりとも有りませんネ。 Hoshino

連日暑い日が続きます お国の一大事ですので節電も大事ですが、“熱中症”には気をつけましょう。

寒さより 暑さの方が我慢できます(但し 水分補給は欠かさず)~こんばんはー“KS-星の”です。

先日T様邸リフォーム現場で納入したキッチンは こんな感じ~(職人さん 暑い中ご苦労様です!)



我々の納入する最近のキッチンの傾向は “対面型キッチン"が多く さらにLDK一体感の要求も

高くなり、フラット対面式+ウォールキャビネット無しプランの採用率も年々増加しています。

しかしながら、本来キッチンにおける作業領域で "アイエリア"は とても「ユーティリティ(有益)」

なゾーンだと考えています。本格的に調理を重視するキッチンを目指す方や 調理の下ごしらえや

配膳スペース、調理器具等の水切り箇所を確保する事が困難な間口には抜群の効力を発揮します。

 

キッチンの配置やユーザー様が目指すインテリアは多種多様ですので すべてのケースでは有りま

せんが 目線の高さで ラクに手が届く領域を有効活用出来るプランを御提案する様心がけています。

但し、アイエリア(目の高さ付近)には 危険防止の為 手前方向に開閉する構造の扉を使用しない事、

作業時に頭部が接触しない奥行の控えた物で 垂直方向に下降し使用できる製品が好ましいです。

そんな事で 今回T様邸リフォーム現場では アイエリアゾーンの有効活用をキッチンコンセプトとして

"アイエリアボックス”の①調味料棚タイプ②水切りカウンタータイプを各1で御採用頂きました。

 

この商品は 専用の吊戸棚を必要としない構造となっていますので、吊戸棚の収納力はそのまま

必要な時にのみ目線迄下げて使用、使用後は 押し上げてスッキリした状態に戻せます。(手動昇降)

①調味料棚タイプ・・・調味料ポットやキッチンペーパー等を収納でき必要時のみ下降して使用する。

②水切りカウンタータイプ・・・補助カウンターとしても利用可能、SUS製で水受トレーも付いてます。

もちろん 照明(直管型蛍光灯20W)組込み型の商品も有りますので 手元灯の心配も有りません。

調理や配膳、片付けまでの工程を 効率よくスムーズに作業するT奥様の姿が 目に浮かびます・・・。

今回の御採用キッチンは 震災後の影響から立ち直った クリナップさんの新クリンレディのW2400

I型に"とってもクリンフード”と この"アイエリアボックス"を組込んだプランとなりました。



 アイエリアボックス(今回御採用品)→

楽な姿勢で手が届く位置に 調味料ポットや

キッチンペーパーなど良く使うものを

まとめて収納。作業に併せて必要時に

サッと引き出せます。吊戸棚の下に取付る

だけなので 上部の収納はそのまま使えて

収納力はたっぷりです。


クリナップさんでは 「届きますエリア」商品にはその他2種類選べます。(以下は 電動式)


 プッシュムーブ

高い位置の収納スペースが ボタン操作で

手の届く位置までスムーズに昇降します。

正面に立たなくても 物が見やすく 取り出し

易い形状の収納庫。

(ワンタッチ昇降では有りません。ボタンを

押している間のみ昇降します。)




オートムーブシステム

(オートモーション機能)

スイッチを軽く押すだけで自動昇降します

(セーフティセンサー機能)

昇降中に物と接触して 負荷がかかると

自動停止。リバース機能により少し戻して

挟まった物を自動的に解除する安心設計




キッチンの上部収納(吊戸棚)は 出し入れの困難さで 不要とされるケースも多くなりましたが

吊戸棚に収納以外の働きの機能を持たす事により有効にスペースを活用出来るものですね。

                                               Hoshino

 

↑このページのトップヘ