"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

タグ:しまえるクリーンフード

今年は何年か振りに風邪で寝込んでしまいました。~こんばんはー“KS-星の”です。

この地方でも 本日は朝から雪が舞い散る一日のスタート、まだまだ寒い日が続きます。

皆さんも体調管理をしっかりして、この寒い冬を気合で乗り切りましょう。

本日御紹介するのは TOTOさんシステムキッチンのレンジフード~“しまえるクリーンフード”。

こちらの現場で御採用して頂きました~M様邸新築現場。右奥上に見えるのがその商品です。



施工中の模様① 背面のカップボードに取付けます。           施工中の模様② ダイニング側より












これが完成写真・・・通常 加熱機器の上部に覆い被さる様に設置されるフードの形状が有りません。

この部分の出っ張りが無いので レンジフードの存在を感じず、見た目がすっきりしています。
 

そしてスイッチを入れるとと、自動的にフードの先端が前方にせり出し 標準の運転を始めます。

この機種は加熱調理機器と連動していますので、コンロ側を使用すると同時に運転が始まり、

使用後には照明が消え、3分の残気運転後 先端部分が収納されて運転を停止します。
 

斜め横から~①使用しない時                                               ②使用中
 











下から見るとこんな感じです。~①使用しない時                          ②使用中












このレンジフードも 整流板方式で すきま風現象による吸込み力のパワーアップをしています。

しかもTOTOさん独自のオイルキャッチ機構による“ノンフィルター”を実現されているようで、

ノンフィルターが故に 目詰まりによる吸引力低下も無く、お手入れも簡単と言う事らしいです。

*但し、レンジフードのノンフィルター化についての是非は 当社では未だ結論に至っていません。

この件は過去記事「ホントに“レンジフード”にフィルターは不要なのでしょうか?」でも書きまして、

現在も尚、他業界も含め多方面から情報を収集中なので また別の機会に御報告させて頂きます。



可動するフード部分の厚みは35mm、収納時の見た目は確かに単なる吊戸棚の様にも見えます。

そして、実際にも扉を開けると レンジフードの上部は収納スペースとして利用できる様になってます。

ここも含めて“しまえるクリーンフード”というネーミングなのかどうかは、定かでは有りません。

ダイニング側から~フード背面はカップボードとなっていて、こちらも収納スペースとなってます。

 
この“しまえるクリーンフード”の出現により キッチンの加熱調理機器周辺の空間デザインに 新たな

バリエーションを追加したという意味では 評価出来るところも有るでしょうが、熱や水蒸気、油煙等

非常に過酷な条件で働くレンジフードの機構部分を より複雑化している点で 本体の寿命が気になる

処では有ります。個人的にはレンジフードは 本来の“換気”の能力を最重要視したいと思ってます。



皆さんの御評価は 如何なものでしょうか?御意見をお聞かせ下さい。    Hoshino


 

今年は"星の"転職して家業を継ぎ20周年の節目の年でした。やっと成人という事なのですね。

これまでの人生"記憶力"だけは結構自信が有り、それのみで勝負してきた感が有ります。

しかし、この処その"記憶機能”に翳りが見え始めました~やはり齢には勝てませんね・・・

今年も振り返ると記憶が所々飛んでいます、だからこの一年は 今迄以上に早く過ぎ去った様な気

がしてなりません。もう"忘却の旅"が始まってしまたのでしょうか?こんちわー"KS-星の"です。

そんな事で、自分の頭にしっかりと刻み込んでおく為に 今年の現場を振り返っておこうと思います。

これは 今年最後のシステムキッチン納入現場 M様邸新築現場 TOTO製 クラッソの施工中
 

しまえるクリーンフード採用(又いずれ御紹介します。) キャビネットパーテーションのハイ対面仕様

今年もフラット対面型の納入現場多かったですが、個人的にはキッチンでの作業中の手元を隠せる

こういったタイプの方が使用勝手は良いと思います。プラン上は通路幅等にも注意が必要です。












こちらはM様邸 レストルーム、今年もやはり"タンクレス"便器の様にローシルエット便器の採用

が多かったです。この場合トイレ内に手洗いが必要になるケースが多くなり、室内のレイアウトや

ドアの開き勝手など 良く打合せしないと 思わぬアクシデントに遭遇してします。












お客様のお好みもさらに多様化して レストルームの有り方も様々となって来てます。

国内メーカーの商品のみならず、輸入製品を御使用になられるケースも多くなりました。

国産便器に於いてはさらに節水化が進み 来年は大洗浄で4.0Lを切る商品が出るそうです。
 

今年は多くの企業さんのオフィスや工場内トイレの改修工事現場も担当させて頂きました。

和式から洋式への変更工事や 男女兼用トイレを男子・女子の専用トイレに改修工事など

特に女性従業員様への配慮で、トイレ内にグルーミングスペースを採用して頂く事も多くなりました。


キッチンに於いては 相変わらずフラット対面型のオープンキッチンが人気です。

下の写真は M様邸 トーヨーキッチン製の"BAY"のペニンシュラ系、自然素材(塗り壁、

現しの梁、無垢材フローリング、建具)の内装仕上げに、敢えてステンレス製の無機質な

扉を使用して、"マテリアルミックス"効果を狙いました。シャンデリアもトーヨーブランドです。
 

マーブル(人造大理石製)シンクのシームレス(繋ぎ目無)加工のカウンタートップも一般化し

シンクをお好みのカラフルなカラーにして、お部屋のアクセントとされる方も多くなりました。











今年の当社キッチン納入現場で特筆すべきの一つとして 電動昇降式吊戸棚の採用率が

非常に高かった事も挙げられます。昨今開放感を重視されるが故にデットスペース気味の

扱いをされていた吊戸棚収納部に機能的な働きを持たせ 調理や後片付けのアシストには有効です。
 

必要時だけ手の届く目線まで下降させます。直下型ですので作業中に邪魔になる事は有りません。












調味料や調理器具などついついワークトップに置いてしまうものをまとめて収納。洗った食器類も

水切り出来るので、ワークトップ上はいつもスッキリ片付ける事が出来るアイテムです。

ベース部分の構成をなるべくローコストに抑えて この機能を御採用頂いたユーザーもみえました。
 











もちろん この様に他の収納を充実させた上で吊戸棚を無くし オープンなプランも顕在です。
 

それに引き替え、壁付けのL型のプランやビルトインコンベックの採用率は近年激減しています。

キッチンの作業動線に於いては一番無駄が無く有効なのですが、やはり作業中の家族との

コミュニケーションが取りづらいという理由なのでしょう、特にニューファミリーには不人気です。


今年はオリジナルの"オーダーメイドキッチン”にもトライしました。最近はユーザー様の

キッチンに対する個別な要求も高まる一方で、メーカーさんの標準キャビネットの構成では、

解決出来ないケースも有ります。今回は洋家具製作の職人さんとのコラボして製品化しました。
 

"星の"自身は 元来"アンティーク"テイストのクラシカルな家具調仕上の風合いを好んでいます。

しかし、ここ数年の国内メーカーさんの商品デザインは"シンプルモダン"のニューヨーロピアン調

なものが大半です。メーカーの商品開発担当の方と御話し出来る機会には必ずと言っていい程

訴えているのですが、マイノリティが故、或いは日本特有の気候や湿度による製品品質の確保が

困難な為でしょう、今年も前向きにトライして頂けるメーカーさんが現れる事は有りませんでした。
 

この他にも 今年お世話になった"バスルーム(浴室)”や"洗面所”等の水廻り現場で

お伝えしたい事は沢山有りますが、又来年別の機会にお知らせさせて頂く事にします。

 
今年も"水廻り商品”を介して 沢山の人と出逢い いろんなお話を聞かせて頂く事が出来ました。

この商売をしていて一番の楽しい時間は、ユーザー様の夢を聞かせて頂ける時かもしれません。

我々の担当させて頂く部分は、ユーザー様の夢のほんの一部分では有りますが、来年以降も

「ユーザー様の"夢"を"形"にする。」をモットーにスタッフ共々精進し頑張って行きたい所存です。

本年は皆々様に御厚情頂き誠に有難うございました、来年も引き続き宜しくお願い致します。

                                                                                 Hoshino

↑このページのトップヘ