"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

カテゴリ: 音楽関連

今日は音楽の話です。こんばんは、”KS-星の”です。

BOOK OFFさん で何を見つけたかと言うと ・・・・



今は亡き マイケル・ジャクソンの「スリラー25周年リミテッド・エディション」2008年期間限定盤

あの全世界で一億枚以上売れているオリジナル「スリラー」のデジタル・リマスタリングの 9曲と、

25周年記念盤用新曲5曲(豪華ゲストとのコラボ)&スリラー制作時の未発表曲2曲入りCD、

DVDには、「Billie Jean」「Beat It」,「Thriller」のプロモーションビデオと

あの モータウン25周年の”Billie Jean”のライブ(ムーンウォーク初披露)が入っています。
 
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/MichaelJackson/thriller/

 

マイケルのメッセージ入りブックレット付   世界中の僕のファンの皆様へ~

 

Hoshino今回のお目当ては、25周年記念盤用追加新曲の5曲の方です。


⑪THE GIRL IS MINE 2008 With ウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)

⑫P.Y.T 2008   With ウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)

 この2曲は”Will.I.Am”のリミックス

  King of PopとKing Of Hip Hopのコラボ

  ⑪は本編収録曲では、ポール・マッカートニーとの

  共作デュオ曲ですが、代わりにWillがラップで参戦。
  
  W「俺の女だぜ!~」  MJ「僕の彼女だよ~。」

  ⑫は「The Ultimate Collection」初お目見え
 
  のデモ・ヴァージョンが素材となっていて、本編収録曲

  の「P.Y.T」とは全く別の曲に仕上がっています。

   ”Pretty~ Young~ Thiing~”



 
⑬Wanna Be Startin‘Somethin‘2008 With エイコン

  セネガル出身のAkonのリミックス

  本編収録曲より、サンバ系が強くリズミカルな仕上がり

  AkonのVo.も力まず軽やかに カッコイイ!です。

 MJのライブコンサートは、この曲でスタートでした。

 この曲の詩にも ビリー・ジーンは登場します。

  ちなみに、  「レディーガ・ガ」も  Akonの援護無では

  現在の大ブレイクは無かったでしょう。



⑭Beat It 2008 With ファーギー

  
 ブラック・アイド・ピーズの紅一点 FergieとMJの

 掛け合いデュエット曲 これもリミックスは

 もちろん Will・I・Amが担当です。

 例の ギターフレーズは そのまま(ギュ~ン~)
 
 どちらが、どの部分を唄っているか 聴き分けるのも

 面白いです。(注意深く聴かないと・・・・)

 曲全体に、Will I Amのユーモアを感じます。

 彼の才能は スバラシイ! Hip Hop

 




⑮Billie Jean 2008  カニエ・ウエストMIX

 
  何かと 問題発言の多い King Of RapperのKanye

  原曲より少しスローテンポなビートに MJのVocalをのせ

   いつもの Kanye・West節Rapを絡ませてきます。

  現在のHip Hop/R&B界は、彼抜きでは 語れません。

  自身作品以外の プロデュースでも手腕発揮してます。

 「次のキング・オブ・ポップは俺さ!」

                         この発言でも話題になりました。







ここ迄が、”25周年記念盤用追加新曲”です。Hip Hop/R&B界の大御所とのコラボは最高です。


For All Timeは、「スリラー」製作時の未発表曲

TOTOのメンバー  デビット・ペイチとスティーブ・ポーカロがプロデュース

スティーブ・ルカサーがギターを、ジェフ・ポーカロがドラムで参加しています。

⑰ Got The Hotsも、「スリラー」製作時の未発表曲(日本盤のみのボーナストラック)

「Off The Wall」世代の曲調で、古き良き マイケルの伸びやかな歌声が心地よいです。




このアルバム 発売当初から気にはなっていたのですが、その時は購入する機会が無く

MJが亡くなられてからも少しの間は、SHOP店頭で見かけはしましたが

イザ、欲しくなった時にはどこの店頭からもなくなっていました。

NETで調べると、どこもSOLD OUTで オークション系サイトでは流石に限定盤!

販売当時の倍くらいの価格がついていて それでも 買おうかな~と思案していたところ、

たまたまお客さんとの待ち時間に 時間潰しに入った 日永の「BOOK OFF」さんに

何気に 一枚だけ置いてあるのを見つけました。しかも¥2,980(発売時¥3,570)でほぼ新品!

当然 その日のうちに 購入して 持ち帰り 直ぐに 娘達に写メ送りました。(聴きたい~!って)

今は、親父の車に常備されてますけど・・・・・

皆さんも、たまには「BOOK OFF」さんで廃盤などのお宝探ししてみてはいかがでしょうか?

諦めかけていた ”お宝”が何気に置いてある場合がありますよ。   


どうか、甦って 復活してください!  Mr.King of Pop  Michael Jackson

                                                                            Hoshino  

このところ 現場を奔走する事多く 机が片付きません。 今晩は KS-星のです。

最近、一日の間で 商談の打合せとクレーム処理の打合せをこなさなければ

ならない日が多く 気持の切替が難しい日があります。

今 こんな時 N→Pに気持を切り替える為に 車で聴くCDはコレ!

  Sade-----Soldier Of Love(シャーデー----ソルジャー オブ ラヴ)
Soldier Of Love

Sadeの10年ぶりの新作です。 2ヶ月前に 輸入盤で”Yu”が買ったのを借りてます。

25年程前から 好きで聴いていますが、今回の作品は デビュー当時(Diamond life)

に近いと言うか 25年変らず やってくれてくれてるな~って感じ・・・(26年で6作の寡作アーティスト)

イントロが始まり Sade Aduのミステリアスな歌声のVocalが始まった途端に

高ぶった気分はス~っと落着きを取り戻し 樂な気分になります。

コレは一服の「精神安定剤」として充分に使えます。 そして副作用は殆ど有りません。

皆さんも ナイジェリア生まれの ”クールディーバ” Sade Aduの黄金の吐息で癒されてみて下さい。



ちなみに、Hoshinoの我が家からのTEL 着メロは今でも Sade--”スムーズ・オペレーター”です。

                                                                            Hoshino


最近の異常気象に身体がついていきません。 今晩はKS-星のです。

長女の”Sa”が 卒業旅行第三弾 ”韓国4泊5日”の旅より無事戻りました。

こいつは、大学では韓国語の授業だけ まじめに出ていましたので

ハングル語を 少しは、しゃべったり聞けたりします。

そして 現地にも同じ大学に留学していた「韓国人の友達」がいたりします。animal2

このひと月は「これでもかっ!」ってくらい 最後の学生生活をEnjoyしてましたが、

遂に、長かった学生時代もあとイベントは 卒業式を残すのみとなりましたね。

来月からは 社会人一年生ico1です、日本の未来のために一緒にがんばろうな。



写真のわさびふりかけは 次女”Noe”の伊豆土産です。

父親へのお土産はこれ

  韓国にしか売ってないスナック菓子                             ソウルタワーネーム入り100円ライター

 

 

 

 







どれも 1,000ウォン均一ショップみたいな処で買ってきたのでしょう。

そもそも「土産は何もいらないから、買ってくるなよ!」って送り出すので

大した物は 買っては来ませんが どんな物でも 娘から頂くと もったいなくて

中々食べられません。
 
娘の韓国一押し K-Popアーティスト
       2PMの 01:59PM 
 CDアルバム買って来てました。








 
こんなグループです。http://2pm.jype.com/

現在は一人脱退して6人のグループです。
<2PM>衣装オークションが中断 脱退したジェボムの衣装が2億円へ高騰の画像

リーダーであるパク・ジェボムが練習生時代に書いた韓国卑下文章が明らかになり、

脱退を表明。[1] 2010年2月26日、正式にJYPEから解雇となり現在のメンバーは6人である。

従来のアイドルのイメージとは違い、男臭く野性的なイメージを売りにしていることから

猛獣アイドルといわれている。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


はたして、このグループ日本でも Break出来るでしょうか? Hoshino 


今日は、これがそれです KS-”星の”です。

M.J.の「THIS IS IT」 DVD購入しました。

もち、デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組/税込み:3,990円)

の方で 特典で M.J.オリジナル ポストカード付です。

これ(下の写真)が、それです。


映画は 世界同時公開の翌日 娘"Sa”の誘いで Wife”Yu”と 3人で PM21:00~

レイトショーを109Cinemas でPop Cornを頬張りながら見ました。

ここ数年のM.Jの話題は 幼児虐待、借金や整形、薬物・・・Etc 音楽活動以外の

Negativeな噂ばかり続いて 挙句の果てに届いたNewsは 急死の知らせ・・・・

我々 アラ 50’代表として まだまだ King of Pop として がんばって欲しかった~

全盛期の一番切れている頃を 現役で見てきたHoshinoにとって 今回の映画鑑賞は

あくまで、追悼式のようなものでした。

「たかが、公開NGだったコンサートのリハーサル風景でしょ~あの頃の様に声の限り唄ったり、

切れたダンスは、どうせ出来っこないんじゃ無い。それでもいいよ、見納めたい。」って

 映画館にはとても リラックスした気分で臨みましたが 本編が始まり

”Wanna Be Startin' Somethin'”が 始まった途端、・・・正直言って ブットビました。

世界中から選りすぐられた どのDancerやSingerより、やはりM.J.が一番切れまくっています。

(確かに リハーサルなので 本番より3割減程度 力抜けてるとはいえ・・・・ウマイです。)

それと ”Sound”と”Staging”へのこだわりと同時に ”Staff”への心遣いがスバラシイ!

変な”Gossip”で騒がれているときも きっと Lessonは欠かさずやっていたんでしょう。

(いや、やっていたに違いありません。一日何時間も・・・同じ アラ50’だから 解かります。)

でも そんなPrivateな努力は我々には一切見せずに。。 本当にPro中のProです。

実に Excitingな映画で 思わず感動してしまいました。っと同時に とても残念な思いが・・・

このコンサートの本番がたった一回でも公演されていたらと思うと・・・・残念でなりません。

「THIS IS IT」------本意は「これが、 最後。」です。

PS.
はたまた、M.Jの死や この映画のあり方、ロンドン公演の真意など いろんな憶測が、

飛び交っていますが、Hoshinoは M.J.は ”本当は亡くなってない説”を本気で信じています。

何年か後に 復活して キリストの様に 本当の神になる時が来るのでは無いかと信じています。

これぞ、20世紀少年の”ともだち”の 作戦と呼びます。



この VHS版持ってます。

学生の頃 無けなしのお金叩いて
                            買いました。




「黄泉がえり」 でもいいので

お願いだから 復活してください。

                              Hoshino

今晩は KS-”星の”ですよ。

今クール 毎週 欠かさず見ているドラマは「不毛地帯」です。

ドラマのストーリーより  里井副社長 演ずる”岸部一徳さん”

鬼気迫る 迫真の演技が見もので ついつい見入ってしまいます。ico36 とにかく 存在感がスゴイ!

正に キャスティングの妙です。(・・・以外は 殆どミスキャスト・・・小雪さんの笑顔だけGood!)

毎回我が家では、「里井副社長を演じる事ができるのは、この人しかいない!」とか、

「岸部一徳では無く 里井副社長そのものにしか 見えない~。」とか言いながら 絶賛してます。

里井副社長は心臓病患っていますので、毎週 いつ亡くなってしまうかハラハラしながら見てます。

このところの日本映画&ドラマには欠かせない 名バイプレーヤーに成りましたね サリーさん!


元 ザ・タイガースのベーシストで リーダー  後に P.Y.G(ジュリー、ショーケン、井上堯之、大野克夫他),

井上堯之バンド(あの ”傷だらけの天使”オープニング曲でも ベーシスト)で活躍

世界が認める日本代表の 元Bassist

その後、俳優に転身 そして今は押しも押されぬ  日本の誇る 名脇役に成りました。

いつまでも、がんばって我々を楽しませて下さい。 "ロング・トール・サリー”icon22
 
                                                                                                                  Hoshino



↑このページのトップヘ