"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

カテゴリ: 京都

今回もGW京都散策の続きです~こんばんはー"KS-星の"です。

京都の岡崎あたりは天気さえよければ、ぶらりと歩くのにちょうど良い街です。疎水に添って

ぶらぶらしているだけで、美しいものや美味しいものや興味深いものに出逢う事が出来ます。

平安神宮では平安時代の建築様式を踏襲した神苑を臨むことが出来るし、"京都市美術館"

では近代洋風建築で昭和初期の日本で流行した"帝冠様式"という建造物を見る事も出来ます。

この美術館は、昭和3年(1928年)に京都で行われた昭和天皇即位の礼を記念しての計画が

始まった為、当初は「大礼記念京都美術館」という名称でした。そして、本館設計は前田健二郎。


 
"帝冠様式"とは、当時としては近代的な洋風鉄筋コンクリート造の建物に和風の瓦屋根をのせ、

モダニズム&ナショナリズムを表現した「軍服を着た建物」の異名を持つ建築様式だそうです。

その和洋折衷的なデザインは、美術館の内装でも確認できます。玄関ホールの高い天井に施さ

れた装飾のデザインも、どこか家紋をイメージ出来るものを漆喰で施工されています。
 

大理石貼りの洋風階段ですが、親柱には灯籠の形の照明が有りで和風の演出がなされています。
 
壁面にも贅沢に大理石を貼り巡らせ、背丈の高いドア、床はアクセントラインの入ったタイル仕上げ












2階の天井も一見は洋風に見えますが、かつての書院造りや寺院建築で多く見られた格式の高い

“格(ごう)天井”の鏡板部分をここにも和風花柄のステンドグラスがはめ込んで有りました。
 
建造物として見学するだけでも充分に楽しむ事が出来る、格式の有る“京都市美術館”でした。

岡崎界隈には他にも、“国立近代美術館"や"細見美術館"などが有って芸術を堪能できます。

    










この辺りをもう少し下ると、明治時代の代表的な庭園と洋館を見学出来る"無鄰菴"が有ります。

ここは、明治・大正の元老"山県 有朋"が明治27年~29年にかけて京都に造営した別荘です。
 
梅の時期に訪れた"城南宮楽水苑"は足立美術館庭園を作庭などでも有名な"中根金作"でした。

この庭園は有朋自らの設計・監督により平安神宮の庭園を手掛けた事でも有名な造園家「植治」

こと"小川治兵衛"が作庭した池泉回遊式庭園で、明治時代の代表的な庭園の一つです。
 

今回は青もみじの季節でしたが、四季それぞれに移り変わる木々の風情も趣がある事でしょう。

この庭園は、昭和26年(1951年)には 国の「名勝」に指定されています。
 

 










母屋内から撮影~こちらでは抹茶を頂く事が出来ます。他に薮ノ内流燕菴を模した茶室も有ります。
 

この煉瓦造り2階建の洋館が、明治36年(1903年)に元老・山県有朋、政友会総裁・伊藤博文、

総理大臣・桂太郎、外務大臣・小村寿太郎の四者によって日露開戦直前の我が国の外交方針を

決める「無鄰菴会議(むりんあんかいぎ)」が開かれた処です。

 
二階に上がると、その一室にはソファーやテーブルなどの家具や調度品が当時のまま残っていて、

あたかも、今から始まる日本の将来に関る重要な会議に居合わせた様な臨場感が感じられました。
 
この部屋の壁は、江戸初期の狩野派による金碧花鳥図障壁画で飾られ、天井は花鳥文様の格天井

でした。ここでも、洋館とは言え日本の伝統芸術が内装に生かされ和のテイストを融合させてました。


かつての都である京都にふさわしく、当時としては新しい様式の建造物にも日本の伝統的なデザイン

を装飾に取り入れたり、庭園に於いては日本の四季を表現する自然美を楽しむ工夫がされていて

日本人の魂の気高さを強く感じる事が出来ました。          Hoshino




 


本日はGWに京都へ行った時にランチしたお店の御紹介~こんばんはー“KS-星の”です。

この日は夕方次女“no"と合流する予定だったので、それまでの時間を岡崎公園界隈で過ごす事に

しました。到着が調度お昼時になったので、まずは ランチ休憩でCafe"mement mori"さんへ

岡崎西天王町のM&M's apartment 1F の3軒連なった一番西側のお店が"mement mori"さん

お隣は京都の学生さんが運営するギャラリースペース"Gallery Ort Project" そして、もう一軒

お隣はタンドリーチキンの専門店で有名な"SEction D'or(セクションドール)"さんとなっています。
 

店内の模様~内装はRC打ちっ放しの壁と簡単な間仕切りに 印象的な無垢のテーブルと壁付け

のカウンター席が有り、ヴィンテージ品の照明を使用したシンプルモダン系でした。

一見は冷たい感じのする内装ですが、何故か温もりを感じるお洒落な空間に仕上がっていました。
 

我々が案内して頂けたのは窓際のカウンター席でした、RCの窓枠には一部溶けだしたキャンドルが

置いてありました。夜はここに火を入れて灯しているのか、単なる装飾用の物なのかは不明でした。
 

この日頂いたランチは、"今日のごはんプレート"~メインはポークと新玉葱の冷製ハニーマスタード

マリネ+京野菜を使ったサラダ、おそうざいに五分づきごはん。どれも体に優しそうな物ばかりでした。



食後には飲み物を追加してゆっくりとさせて頂きました。お皿やティーカップなどの陶磁器の器や

カトラリー類なども素敵なものばかりで、ここからも店主さんのセンスの良さとこだわりを感じました。
 



 








 "mement mori(メメント・モリ)"という店名に

興味深い意味合いが有ると言う事を この時点

では 全く知りませんでした。 ある友人の方の

アシストもあり、この機会に調べてみました。

ラテン語で"mement"は「忘れずにいる。」

"mori"は「死」を意味する単語らしいのです。

つまり「自分がいつか必ず死ぬ事を忘れるな。」

を意味し、「だからこそ 今の瞬間を楽しもう。」

と解釈されるそうです。忙しそうに一人で切り盛り

しながらも優しい笑顔を絶やさない女性店主さん

は、どの様な想いをこめ命名されたのでしょう。


 
   この日の京都岡崎あたりの散策はここからスタートしました。                          Hoshino

今年は花粉症の当たり年となりました。かなり重症気味の~こんばんはー“KS-星の”です。

先日、見頃の梅の花を散策に京都・伏見に出かけましたが、その時のランチは同じく伏見にある

酒蔵の一棟を改装したという 鶏料理専門店“鳥せい 本店”さんに行って来ました。

 

兵庫の灘と並んで、古くから酒蔵の町として栄えてきた京都市伏見区上油掛町に有ります。

このお店は山本本家の「神聖」の酒蔵を改装し、パイロットショップとして消費者の直接の声を聞き

時代に合った酒造りにも役立てておられるそうです。


“鳥せい”さんのお店前・・・・人気店だけあってランチタイムには満席で 少々待ち時間が有りました。
 
 

こちらで頂いたのは“千姫御膳(せんひめごぜん)”¥1,200 専用の御重箱を開くと3段重ねに

なっていて、少しずつお勧めのメニュー(焼き鳥、カツ、角煮、出し巻など)を楽しめる様になって

いました。もちろん追加で一品料理もオーダー出来ます、串焼きは一本から御願いできました。


隣接する お土産屋さんにはこちらで醸造されている“神聖”をはじめとするお酒類を販売してます。 
 

お店の横には、名水の“白菊水(しらぎくすい)”の井水汲み場が有りました。この地 伏見はかつて

「伏水(ふしみ)」と言われ、この良質な水が日本酒醸造に適している為 多くの酒蔵が有ります。

 


鳥せい 本店の通りを南に下ると 酒の博物館で酒蔵を活用した“月桂冠大倉記念館”が有ります。

又、近くには“黄桜酒造”さんも有り、酒どころ伏見を象徴とする景観として多くの人達が訪れる、

この一帯は「重要界わい景観整備地域」に指定され、「京都百景」の一つとして親しまれています。
 


伏見夢百衆”は大正時代に建てられた「月桂冠株式会社」の旧本社社屋を活用したおみやげ処
 

こちらでは、伏見の清酒約100種類を始め、様々な伏見名物のおみやげが販売されていました。

喫茶コーナーも有り、きき酒やお酒の仕込み水で立てた、水出しコーヒーなどを頂けます。














もう少し西の方向に足を延ばせば、坂本竜馬襲撃事件などで有名な旅館“寺田屋”が有ります。

しかし、近年になって当時の建物は「鳥羽・伏見の戦い」の兵火で焼失しており、当時の西隣の

敷地に明治時代に建てられたものである事を京都市は公表しています。

 

寺田屋史跡碑“刀痕はいずこ寺田屋宝柱” 野 風呂とあります。

 
寺田屋は、薩摩藩内の同士討ちが起きた1862年の寺田屋騒動や、66年の龍馬暗殺未遂事件

で有名で、建物の柱には当時の刀痕や弾痕が残り、後に龍馬の妻となった「おりょう」が入浴中に

異変を感じ飛び出した“風呂桶”、裸のままで駆け上がり 龍馬を逃がしたというエピソードのある

階段などを旅館側は「維新の舞台そのまま」と解説するテープを流してきたが、近年の調査により

この建物は後に再建されたものであるとし、京都市観光企画課は「当時の建物でないのであれば、

観光客に誤解を与えるので、展示方法などの是正を求めたい」としているそうです。

 
真偽の程はいずれにせよ、寺田屋には当時の様子を伝える写真展示などが多数有り、当時の

雰囲気を偲ぶ事が出来ます。 やはり、龍馬ファンなら一度は訪れてみたいところですね。

又一つ、京都のバリエーションが増えました。     Hoshino

今年は寒波の影響でどこも梅の開花が遅れているようですが、先週末は見頃の梅を求めて

京都迄行って来ました~こんばんはー“KS-星の”です。

京都の梅の名所と言えば、“北野天満宮”を思い浮かべますが、今回は諸事情の為 短時間

で往復ができる場所を探して~名神/京都南ICから程近い“城南宮(じょうなんぐう)”を訪ねました。

 
城南宮が鎮まる鳥羽の地は、平安時代の末に白河上皇が壮大な離宮(城南離宮、鳥羽離宮)を

造営して院政を行った地。白河・鳥羽・後白河上皇らの御所や御堂、また貴族の御殿などの建物

が建ち並び、長きにわたり政治・文化の中心となり副都心の賑わいを見せたそうです。

今年の大河ドラマで綴られる平安絵巻がこの地で繰り広げられたとは、思えば感慨深いですね。

 
神苑「源氏物語 花の庭」には、源氏物語に登場するほとんどの草木が植栽され、春の桜やつつじ、

秋の萩・ふじばかま など季節の花に彩られ、寝殿造り様式の建造物と共に、光源氏や紫の上が

眺め楽しんだであろう風情を、我々も長年の時を超えて ここでは感じる事が出来るということです。



しだれ梅は、神苑のうち“春の山”に150本ほどあり、華やかに春の訪れを告げていました。
 
 
満開の梅は美しく見ごたえも有りますが、“Yu”は丸くころんとした つぼみを見るのがお気に入り

な様です。それから、時折行き交う巫女さんの額につけた 髪飾りの左右に小さな“梅の花"が付い

ているのが目を惹きました。この髪飾りは 季節の移り変わりとともに 変わっていくのでしょうか・・?

 


神苑内では"しだれ梅と椿まつり"が 例年より遅れて今月末まで開かれています。

 


 

日本には四季が有る故に、昔から日本人は"旬"を大切にしてきました。しかし、生産技術の向上

によって、年中季節を問わず店頭に食品が並ぶようになった昨今では 食べ物から季節感を感じる

事が難しくなってきましたね。

『余談ですが、鶏卵の"旬"は春だそうですね。皆さんご存知でしたか。冬の間に身体に栄養を蓄え

るので、春の卵は濃くて美味しいのです。そういえば春にはイースターエッグでお祝いしたり・・・・・』

だからこそ、花の便りや樹木の芽吹き から季節を感じられるのは、とても幸せなことなのです。

我が家の庭でも、少しずつ"春"が顔をのぞかせていますよ。↓ ↓ ↓

 

我が家のガーデンに咲く"クリスマスローズ  ”              Hoshino                                     
                                             
 












                                                                                                

先週の土曜日は、京都下宿中の次女“no”の更新手続きなどをする為に 京都に行って来ました。

娘が在学中に京都通になる事を目指しましたが、タイムリミットが近づいてきましたー“星の”です。

本日御紹介するのは、京都上京区にあるカフェ“古書と茶房  ことばのはおと”さんです。

 

京都府庁の近く 繁華街からは少し離れた油小路通に有ります。外観は格子戸や出格子の有る

伝統的な京町家造り、それもそのはず 築150年の京都の町家を改装しカフェを開業されました。

こうしてオープンしたこのお店は、今年の2月14日で7周年をお迎えになったそうです。

 

玄関の格子戸を開けると、通り土間が有り 左手障子戸が店内入口となっていました。

こちらで、靴を脱いでから障子戸を開けて 入店となります。
 

店内の模様~客席はすべてが畳敷きに座卓、窓は木製建具にガラス窓、室内建具は障子など

内装や調度品は、すべてひと昔前のジャパニーズレトロ調な雰囲気で統一されています。
 

今回が初めての来店でしたが、一瞬にして懐かしい処に来ているという錯覚に陥る不思議な空間。
 

“古書と茶房”と言うだけあって、本棚にはオーナーさんが集めた古書が沢山並べられていました。

お一人で来店されている方も多く、各々が好きな本を手に取って席で読書される姿も見られました。
 

オーナーの御主人さんは“鉄道マニア”、奥さんは“猫マニア”らしく、御夫婦のお気に入りGoods

と思われるものも 所狭しと陳列され この空間を演出するインテリアとしても効果を発揮しています。
 

この 不思議と人の気を惹くお人形は誰なんでしょう? どなたか教えて下さーい。
 


この日我々が頂いたランチは“青春プレートごはん”¥980・・・・この齢になって、“青春”とはね!

素材にこだわったヘルシーなプレート、この日のメインは“ポークピカタ” ~美味しかったです。
 

娘は、“ココナッツカレーライス”・・・ココナッツミルクと野菜のまろやかカレー~イカシテました。


Drink Setはプラス200円 でコーヒーを頂きました。お茶うけには、かわいい“福だるま











お手洗いは、縁側に出て中庭に臨む通路の突き当りに有りました。ここで猫の顔付きスリッパ

に履き替えましたが、頭の部分を踏みつけてしまうと何だか小声で喋り掛けて来ました。
 

ここは 「一度は来てみたい店。」と言うより、「時々来ては、まったりと休日の午後を過ごしたい。」

と言うお店だと思いました。次回はもう少し時間に余裕を持って訪れたいものですね。



ことばのはおと”さんのオーナーのライフスタイルは「旅するように暮らす。」・・・素敵です。
 
ここでは、次女“no”が以前「ガケ書房」さんで出逢ってからお気に入りになった 京都在住の詩人

豊原エス”と同じく京都在住の画家“足田メロウ”さんの詩画集を一冊購入して帰りました。

                                                                      Hoshino

      

↑このページのトップヘ