"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

カテゴリ: キッチン関連

今年の夏の終わりはホントに雨が多いですね~こんばんはー"KS-星の"です。

原発事故以来下降気味になっていた加熱調理器のIHクッキングヒーター採用率ですが、

このところの家電量販店などの活発なPR活動で、また復活の兆候が現れてきています。

そんな最中の今秋、対抗すべくガス機器メーカーさんのコンロ新商品説明会に参加して来ました。


この度の新商品はリンナイ・ノーリツ両社とも本来ガスの強みである"グリル"の進化が特長的です。

まずは、リンナイさんの高級機種 NEW DELICIA の掲げる「グリルイノベーション」から


本来、ガス調理器の強みであるグリルですが、ユーザーからは清掃面の不満が非常に多いです。


その解決策として今回採用されたのがグリル内の新容器『Cocotte(ココット)』です。

この『Cocotte』を使用すれば、グリル庫内の汚れを99.9%カットし庫内掃除はほぼ不要との事。

調理上では、蓋に空いた穴からシュバンクバーナーでしっかり熱が伝わり焦げ目もつけます。

さらにノンフライ調理や今迄グリルのイメージでない調理が可能となり大幅にメニューが増えます。

*『Cocotte(ココット)』とは・・・フランス語で「蓋付き厚手の鍋の事」=※キャセロールと同意語


そして、グリル内で使用出来るツールは他にもグリルプレート(焼き網とクッキングプレートの融合)

お手入れさえ苦でなければ、美味しさを追求したい方向けには旧来の焼き網(付属品)も使用可能








グリル内のパーツを組替える事によって機能性を向上させ、料理のレパートリーも多彩になります。

"ココットダッチオーブン"は従来のダッチオーブンより重さ60%ダウンとなり扱いやすくなりました。

他にも本格的なピザがお手軽に焼ける"クッキングプレート"も使用する事が出来ます。

『ココットダッチオーブン』を実際に使用した調理実演で"チキンと野菜のグリル”を試食しました。

下ごしらえ後、タイマーメニューを使用し10分少々放っておくだけで本格的な料理が出来ました。


グリル内の付属品は対応機種によって同梱品と別売オプションのものが有るので要注意です。



続いて、ノーリツさんの新商品は"上質なデザイン・先進的な操作性"のその名も『スマートコンロ


徹底してシンプルでフラットなデザインを追求し、美しさとお手入れしやすさの両立を狙ったそうです。
 
黒いガラスの天板は、操作をすると透過して浮かび上がる白いLEDの光を美しく見せます。

※このガラス天板はフランスのEUROKERA社製「「KeraSpectrum™」 」を採用しています。

敢えて2口コンロとし従来の3口コンロよりもバーナーを天板の奥方向に配置する事で、

フライパンや鍋の柄が手前に出ずコンロを広々と使いながら安全に調理出来る様配慮されてます。




特長的なのは、指先ひとつで点火・調節・消火を行う今までにない先進的で直観的な操作性です。

マグネット式で着脱可能な「ツイストスイッチ」と天板を直接タッチする「タッチスイッチ」を採用

「ツイストスイッチ」を中央へスライドさせて点火、回転させる事で温度やタイマーの設定が出来ます。

また、「ツイストスイッチ」が無いと点火しないので、外しておけばチャルドロックの役割にもなります。

※ツイストスイッチとタッチスイッチは、ドイツ"E.G.O.Elektro-Gerätebau GmbH"の技術を使用



次の特長は、センサー付きの下火バーナーを新たに搭載した、新開発の「マルチグリル」です。

こちらのグリルには浅型タイプの"プレートパン"と深型タイプの『キャセロールが付属しています。

キャセロールはココットとほぼ同意ですが、ノーリツさんのキャセロールの蓋には穴が有りません。

旧来のダッチオーブンを軽量化したものにセラミックコーティングを施して清掃性を向上しました。

















さらに、ガスコンロとしては業界初のスマートフォン連動機能を実現しました。この機能により

スマートフォンでコンロ設定温度やタイマーの残り時間などの状況をリアルタイムで確認できます。

また専用アプリをダウンロードしてレシピを閲覧したり、レシピと連動した調理モードの設定や、

細やかなタイマー設定が可能となります~まさに次世代型のガスコンロですね。




 

両社とも今秋は対オール電化住宅対策として上記の高機能コンロを市場に送り出してきます。

いずれにしても、近年の加熱調理機器メーカーさんの商品開発力には頭が下がります。

キッチンに関わりだした20数年前は、グリルが片面or両面焼きを確認するぐらいで済んだのに・・・

                                                                                Hoshino





今年の七夕も残念ながら天の川を見る事が出来ませんでした〜こんばんはー“KS−星の”です。

今回は前回に引き続き「大阪研修旅行」からの第二弾“IKEA”鶴浜店の見学リポートです。

今更説明する必要は無いでしょうが“IKEA”はスウェーデン発の世界最大の家具メーカーです、

この展示品キッチンからは伝統的な北欧家具のテイストを感じる事が出来ました。

北欧では寒さが厳しく長い冬の為、 必然的に室内で家族と共に過ごす時間が長くなります。

この様な北欧独特の生活から生まれた家具は"飽きのこないシンプルなデザイン”で機能的な

実用性を兼ね備え、長い期間使用する事が前提の耐久性に富んだ設計となっています。

a

展示品の多くは壁付タイプで、アイエリア部分の壁にハンガーラックやシェルフが取付られてます。








“IKEA"では、このアイエリア収納を「ウォールオーガナイザー」・「ウォールシェルフ」と呼び、

多種のアイテムを揃えています。そして、このあたりもキッチンのデザインに多少影響してます。

しかし、現在我々がプランニングさせて頂くキッチンの多くがペニンシュラやアイランドタイプの

対面型キッチンで、LDK一室化している間取りではキッチン前は開口部となり壁が有りません。

また、日本の多湿な気候下ではキッチンにおける"通風"と"採光"は重要視されているので、

例え外壁向きに壁付けする場合もシンク前には窓を設置するケースが大半となり、思いの外

壁付けのハンガーパイプやラック・シェルフ類は取付スペースが無くなってしまう事が多いです。


加熱調理家電のこれからのトレンドと考えられる"ウォールビルトインオーブン&電子レンジ"に

グリルレスドロップイン4口ガスコンロの銘板は「Electrolux」社となっていました。

余談ですが・・・この4口ドロップインコンロ(Electrolux)は、どう見てもリンナイ製のOEMでしょう。

以前、Electrolux社に問合せた事が有りますが明確な回答頂けませんでした。(どうでもエエ?)

ダイニング側のシースルー収納内に照明を仕込んだフラット対面型キッチンも有りました。

周辺の家具や照明器具などの展示備品もほぼすべてがIKEAブランドで揃えられていました。


“IKEA”のシステムキッチンの基本となるのが「FAKTUM/ファクトゥム」となっています。

まずは、ベース&ウォールキャビネットを自由なサイズで組合わせて選択しフレームを決めます。

このキャビネットフレームはすべて18mm再生可能原料のパーティクルボードにメラミンフォイル

仕上げで、環境にも優しい上に耐久性があり湿気や傷にも強い仕上げになっているそうです。

カウンタートップやシンク・水栓・ビルトイン機能機器も現物を確認しながら決定していきます。

選択可能なビルトイン調理機器や水栓金具もデザイン性の高いものをチョイスして有りました。








キャビネット扉も豊富な種類を全スタイル揃えていますので、その場で材質やカラーを確認

しながら決定していく事が出来ます。このシステムならば多少キッチンプランの知識が有れば、

オーダーメイド的なオリジナル・システムキッチンを短時間でプランニングする事が可能でしょう。

そして、IKEA(イケア)のキッチンは昨年105万セットを出荷し世界でNO.1の数字らしいです。

カップボードカウンター上ではハンギングラックにハーブを栽培する提案が有りました。

ワンルームやセカンドキッチンで使用するミニキッチンもローコストで且つ"お洒落"なデザイン

これは お子様向けのままごと用ミニチュアキッチン〜ハンギング"おたま"がカワイイですね!

およそ一か月後〜今回お伺いした時に入会した"IKEA FAMILY"のカードが自宅に届きました。

来年は愛知県長久手に中部地区初出店の予定らしい〜我々の商いにも確実に影響ありますね。

                                                                                     Hoshino


今年も無事に決算棚卸業務を終える事が出来ました~こんばんはー“KS-星の”です。

先日はお客様の協力会行事で大阪へ研修旅行に行ってきました。

今回はその中で“ATC輸入住宅促進センター”のキッチンを中心とした水廻り商品の報告です。

まずは、アメリカで“King of Kitchen”と呼ばれる“Kraft Maid(クラフトメイド)社”のキッチン

天然木素材の扉を使用したカントリーテイストのシステムキッチンの展示がありました。

換気フードも木製のカバーで覆われていましたが、日本では「建築基準法」や「火災予防条例」

に内装制限が有る為このままでは使用することが出来ないでしょう。

またアイエリアのスタンド式ディッシュラックやスパイスラックも同様に木製となっています。

吊戸棚上部の飾り支輪など見ても、機能性重視の国産品とは趣の違いが解かりますよね。


こちらは四方框扉に純白の塗装を施したUラインのキッチン コーナーキャビ側板も框組です。


扉と同様に木目の入ったカウンターにステンレス鏡面仕上げのシンクをはめ込んだキッチン














ツナシマ商事さんコーナーにはVIKING(バイキング)社製のガスコンロ RVGC336-5B

ステンレストップにフラットな鋳物の五徳のシンプルモダンな5口ガスコンロ(SIセンサー無)

この商品も現在の日本の法律では一般家庭では使用不可ですね。(業務用なら可・・・らしい)


こちらもVIKING社製の存在感たっぷりのプロフェッショナルシリーズVGCC536-4G(36インチ) 

コンロ中央部はワイドな鉄板となっていてそのまま本格的な鉄板料理が楽しむ事が出来ます。



KOHLER(コーラー社)コーナーには鋳物ホーロー製オーバーカウンター2槽シンクに

ヴイナータ プルダウンシングルレバー混合栓他の展示が有りました。


他にも洗面器と水栓金具の展示コーナーなど有り、普段カタログでしか見た事のない商品群の

現物を見る事が出来ました。流石に世界一の水廻り商品メーカーです、商品バリエーションが

多彩でデザイン性が高い商品が目白押しでした。(価格もお高いですが・・・)


ここではつい最近、某大手ハウスメーカー様のモデルハウス向けに見積り依頼の有った

LILIES LORE(リリーローレ)K-14297-MP1 青銅製の洗面器 ¥508,000- と

MARGAUX(マーゴー) K-16230-4-BV 真鍮製の洗面用混合栓 ¥156,600- の

セットアップを確認する事も出来ました。(国内在庫無で納期約三ヶ月だった為 制約せず・・)



シャワーブースや屋外水栓柱・屋外用流しなど 他では中々見る事が出来ない商品の数々~




 









今回は水廻り商品中心のご紹介となりましたが 他にも建材・建具他 内・外装材なども有り、

輸入住宅テイストで検討中のユーザー様は、こちらを見学とイメージが広がるでしょうね。


このテイストの商品がお気に入りのユーザー様は、決してマイノリティーでは無い様な気がします。


でも、国産大手メーカーさんは歩留りが悪い為立ち入ろうとしませんね~     Hoshino


わぁー!気が付けばもう2月じゃあ-りませんか、今年も残すところ11か月を切りましたね。

相変らず"駆け込み需要"で忙しい毎日を過ごしています~こんばんはー"KS-星の"です。

本日御紹介するのは、T様邸システムキッチンの機能品取替工事の模様です。

まずは、既設のシステムキッチン~旧National製の2550*2550天然木突板扉で

シンク右にはかつてはヒット商品の"大型トール食器乾燥庫"がビルトインされていました。

 
昨今の様に食器洗い乾燥機をベースキャビネット部分にビルトインする事があたり前になる以前、

乾燥機能のみのこのタイプは結構採用して頂きました、現在は廃番となり代替え機種も無い上に

メンテナンス対応期間も終了しているので、故障したまま収納として使用されているユーザー様

も数多くいらっしゃると思われます。(本来はあってはならない事だと思いますが・・・)



今回はこの食器乾燥庫の下部収納部を撤去し食器洗い乾燥機をビルトインする御提案をしました。
  

そして、工事開始ー!まずは下部収納のみを撤去します~一旦エンドパネルを撤去しトールの

ミドル部分とアッパー部分も外さないとこの部分は撤去できませんので御注意して下さい。














このスペース食洗機を納める為の専用キャビネットを仮置きしてみます。
 

並行して食器洗い乾燥機に必要な給湯工事・耐熱管排水工事と電源を所定の位置に取出します。















そして、食器洗い乾燥機本体をビルトインして給湯排水電源接続すれば完成です。
 

シンクキャビネット内の納まりはこんな感じですっきりしています。

食器洗い乾燥機は、リンナイ製RKWR-C401C(A)を採用しました。

奥行き60cmキッチン対応のブラックフェイス スライドオープンタイプはP社には有りません。

 

さらにT様邸では、その他の機能品"レンジフード"取替とビルトインコンロ及び電子コンベックの

取替も行いました。レンジフードは既設プロペラファン式ブーツ型をノンフィルタのシロッコファン式

のビルトインコンロ連動タイプに取替しました。














奥様の身長も考慮して、付属のスライド幕板を調整して取付高さも5cm下げました。

吸込み風速を加速する整流板もファンも取り外しは簡単な上にノンフィルターでお掃除は簡単!














とても20年使用したビルトインコンロとは思えない程綺麗な状態でしたが、やはり着火不良など

の不具合も発生してきているので この機会に電子コンベックも一緒に取り換える事になりました。
 
現在のガスコンロは何より"お手入れ"性と"安心・安全”面の機能強化がなされています。

コンロ下部にオーブン機能を搭載しているコンベックや電子レンジ機能の有る電子コンベックは

一体型のものと上下分割のものが有りますが上下のメーカーが同一で無いと交換が出来ません。

 

今回採用して頂いたビルトインコンロは リンナイ製のVerie(ベリエ) ガラストップはウォールブラック

前面パネルはピアノブラック~とても質感が良い上に左右コンロに温調機能・グリルにはオート

グリル機能を搭載しています。さらに焦げ付きにくい"ヒートオフ"や煙とニオイを大幅にカットする

"スモークオフ"機能も搭載している優れものです。



働きの有る機器には必ず寿命(電気的寿命・機械的寿命)が有ります、寿命以上の使用は危険

を伴いますし、急に使用不可となると不便になりますので時期をみてメンテで延命処置を施すか、

(【注】この場合部品供給が可能な商品に限ります。)お取替の準備を計画する必要が有ります。

今回T様邸ではシステムキッチンのビルトイン機能機器類を水栓金具以外全てを取り換えました。

 

最近のモダンテイストキッチンには シルバーフェイスの搭載が多いですけど、このキッチンの様に

クラシカルでトラッドなキッチンには、やはりブラックフェイスの方が違和感なく納まったと思います。

さらにT様邸ではこれまで無かった食器洗いの機能が付加され奥様大満足の仕上りとなりました。

 
今日から頑張って奥様の替りに働いて下さいねー食器洗い乾燥機さん。          Hoshino


早いもので今年も残すところ あと1日と少しとなりました~こんばんはー"KS-星の"です。

これで今年は最後のキッチン事例の報告になるでしょう.

W様邸キッチン改修工事"コーナー家電収納庫を取り入れたキッチンプラン”~その2

築20年超の既設のキッチンは ホーローの得意なT社製 2850mmI型システムキッチン

扉は木目模様ですがキャビネット同様ホーロー製、カウンターは人造大理石、シンクはステンレス

 

まずは、既設キッチンを図面化して現況の問題点抽出と御提案出来るプランを考えてみました。

やはり、W様邸も新築当時キッチン納入後に買い足した調理家電の配置には苦心されている模様、

あとはキッチンキャビネットの収納力不足は否めない状況です。


それと今回キッチン取替を決断して頂いた最大要因はシンクの脱落でした。原因は人造大理石の

カウンタートップとステンレスシンク接合部のシール切れにより下地の木部腐食によるものでした。

応急処置を施し約一年程度使用しながら、今回のキッチン改修工事を計画して頂きました。
  
およそ11畳のダイニングキッチンは洗面脱衣場や浴室への通路及びユーティリティへの出入口、

和室へアクセスする為の引違い建具とクローゼット扉、窓(出窓含む)は北面2ヶ所と東面1ヶ所

に有り、開口部の制約事項が多い上に南面は階段が隣接しているので間取り変更は困難でした。

結果的にキッチンの配置を変えず限られた空間で、より効率的なキッチンにするかを考えました。


そして、着工ー!まずはキッチンを撤去してから、壁面タイルとワイヤーラス・野地板すべて撤去。 















撤去後はリニューアルする壁を作る為の下地に胴縁を所定の位置に施しました。
 
さらに、レンジフードやキャビネットの取付に必要な位置には器具固定用下地を追加しました。

並行して新設キッチンに必要な給排水や電気の設備変更工事を行いました。












この現場の床工事は既設のフローリングに構造用合板15mm+水廻り用フローリング12mmを

上貼りし、既設建具の敷居天端高に合わせ将来全室バリアフリー化を目指せる仕上りにしました。

今回の工事では、玄関ホール・廊下に仕上材を縁甲板としDK同様の高さ迄床の上貼りを施しまし

たので、右平面図でブルーに記した部分及び西側和室が敷居無しのバリアフリーとなりました。

 
壁はすべてプラスターボードを貼り、キッチンを設置する箇所は不燃メラミン化粧板を仕上材とし、

それ以外の壁面及び天井はクロス仕上げが出来る準備をしました。

 

システムキッチンを取付する為に必要な下準備がすべて完了してから、取付施工を始めます。

この現場の場合、キッチン取付の日は着工から4日目でした。(結構タイトなスケジュールです。)

 
オートアップラックW1350を御採用頂きました。    コーナー家電を含むハイカウンター側施工中














ビルトインコンロは、"星の"イチオシ-調理が楽しめる本格派「S-Blink +do」を御採用頂きました。
 

W様邸御採用キッチンは、トクラス(株)【旧ヤマハリビングテック】製 Berry(ベリー) Lシリーズ

扉カラーは"ホワイトグロッシー"、カウンタートップは人造大理石の"ニューグラーナカウンター"、

シンクもカウンター同様の人造大理石"マーブルシンク"をカウンターと一体化の"シームレス接合"

接合部分に段差や隙間の無いので、お手入れが楽な上に繋ぎ目からの漏水の心配も有りません。

さらに、バックガードは150mm迄立ち上げた"ハイバックカウンター"の御採用を頂きました。

このハイバックカウンターも繋ぎ目の無い人造大理石一体形状となっていて、コーキング部など

汚れやすいエリアのお手入れを簡単にすると共に、水仕舞いが強化されます。

バックガード上部はハンガーレールとなっていて、マルチスタンド・ラック・ふきん掛け等のアイテム

を取付ける事で、作業スペースの手元が広々となりカウンターの奥まで無駄なく使う事が出来ます。

 
ちなみに、この現場の内装クロスは"Take"ちゃんがいつものヴィンテージなワーゲンバスで

駆けつけてくれました~毎度毎度丁寧なお仕事ありがとうございます。

 
給排水・電気・ガスなどの設備を全ての器具に接続し、壁・天井のクロス工事が終了し完工です。

W様邸では、着工~完工迄の工期は6日間(月曜日~土曜日)でした。

そして、正面部分がコーナー家電収納を含むハイカウンター収納W=2568mmのWall to Wall

家電収納部には専用コンセントと蒸気がこもらない電流感知式送風ファンを装備しています。

炊飯時の作業状態(電流値2A以上)を感知し、蒸気を排出する為に自動的に送風を開始します。

その下部は、ゴミの分別に便利なセパレートタイプのダストボックスをセットしたワゴンとなってます。

もちろん、コーナーの部分は上下共にイン引出しを備え奥のスペース迄無駄なく収納出来ます。

 
今回のプランと先回御紹介した"コーナー家電収納~その1"との大きな違いはコーナー家電の

設置が、その1ではシンク側に対してその2ではコンロ側となっている点です。

ハイカウンター上のフリーな部分には電子レンジやオーブンなどの調理家電を設置して使用

して頂く事を前提とすると、コンロ側に設置した方が作業効率が良くお勧めのプランとなります。

 

しかし、このプランを御提案する際には 少し躯体条件の変更が必要となるケースが大半ですので

御注意下さい。(この現場も同様・・・工事中の写真から判断出来たら合格です~何の?)


*今年お世話になったユーザー様・工務店様・販売店様のお客様方々、

   工事協力業者様ならびにメーカー様をはじめとする仕入先業者様すべてに感謝します。

   来年もどうぞよろしくお願い致します。            Hoshino

↑このページのトップヘ