バレンタインデーは 何故チョコレートなんですか? 今晩はKS-星のです。

我が家では 記念日には 必ず ワイン&チーズで乾杯です。


 今年は 四日市市 鵜の森町の SUZUYAさんで ”Yu”に 「Wine&Cheese」 Selectして頂きました 。

この店の オーナー ソムリエ のウンチクはスゴイです。
余程 「Wine&Cheese」が好きでたまらないのでしょう。 質問すると 当分の間説明してくれます。

http://www2.cty-net.ne.jp/~suzuya/












ここで、ドメヌード・カブリアック(赤Wine)+タレッジョ(Cheese)買ってもらいました。

想像通り レジでは、当分の間 ウンチク聴かせて頂きました。(御親切にどうも・・・) 
 

さて、今日の本題に入りましょう。 

昨日の サッカーの「日本代表×韓国代表」試合についてです。

Hoshinoは 当然 Kick Offと共に頂いた Wine 飲みながら観戦始めました。

経過は皆さんご存知の通り 散々な結果です。(予測はされましたが・・・)

はっきり、言いましょう 今の 岡田ジャパンの戦術では 世界では通用しません。

現在の代表選手(ヨーロッパ組が入なくても) 個々の選手の個人技は、韓国代表

と比較しても決して劣るものでは 有りません。むしろ、個人技は上だと思います。

だから、敗戦の原因は 戦術とポジショニング以外に有りません。

岡田監督がしきりに唱える「個々が 相手チームの選手より 1km余計に走れば

フィールドプレーヤーが 一人増える事になる。」 「前線からのプレスが相手の攻撃を遅らせる。」

確かに、オシムの教えは そうでしたが その頃とは人選が違います。

この作戦にこだわり過ぎです。最初から Hoshinoは この作戦には 批判的でした。

でも、「そんなに 試したいなら やってみたら~」的に 黙っていましたが、結果が出てないので

もう 戦術とポジショニングは 変えないとダメです。 子供でもそれくらい解ると思いますが・・・・

フィールドプレーヤーは 相手より余分に走りますので、体力消耗は然ることながら 

逆にスペースが出来ず パス出しは 予測され易い処にしか出てません。(縦パスが出ません。)

しかも、ドリブラーをメンバーに入れていないので 攻撃のリズムは単調に成っています。

Fwにもを常に守備を意識させているので 相手の意表を突く動きが出来ていませんし 

イザっという時の瞬発的な動きが必要な時には 既に守備による体力消耗で 一歩目が負けてます。

基本的に FWは 得点を挙げる事を常に最優先する考えと動に集中させるべきなのです。

MFは 常に前線にパスを送る 或いは 中央突破を勇気を持って トライする、 気持が大切です。

それを 指示出来ない 監督、コーチの下で戦う 日本代表選手が 可哀想です。

サッカーは ボール支配率を競ったり、相手より長距離を走る事を競う競技では 有りません。

今のままでは、絶対にダメです。  

PS.
試合が終わる頃には 2本目のWine(もらいもの オーガニック系)が カラッポになってしまいました。 

                                                                                              Hoshino