今日も早寝早起きで W杯サッカー準決勝 をTVでLIVE観戦しました。

早起きが段々と 苦にならない身体になってきている、サッカー中年の”KS-星の”です。

W杯サッカー準決勝 スペイン×ドイツは 1-0で 「無敵艦隊スペイン」が勝利しました。

流石に ここまで試合が進むと お互いのチームの攻撃スタイルは 研究し尽くされてます。

なので、この試合は 双方のチームの良さを打ち消しあいで相殺されたゲームとなりました。

常に引き気味に守備固めをし 一発逆襲の鋭いカウンター攻撃を狙う 「ドイツ」 に対して、

美しいパス連携にて相手ディフェンスを翻弄し切り崩しを図ろうとする 「スペイン」の、

両者共相手の得意な攻撃を警戒する余り 本来の持ち味の攻撃力が発揮できませんでした。

その中で やはり 得点に結びついたのは、セットプレーから~後半28分”シャビ”のCKを、

長年スペイン代表の守備の要を務めるCB”プジョル”の目一杯の跳躍と身体全体を使い

魂のこもった”ヘディングシュート”でのゴール!これが 唯一の得点でした。


今大会でW杯通算最多得点を狙っていたドイツ”クローゼ”はほぼ完封状態

しかし、見てください彼のジャンプ力! ベテランになっても この身体能力の高さが決定力の源


さあ、決勝戦は ”スペイン対オランダ”のヨーロッパ対決の好カードとなりました。

スペインは 初、オランダは32年振りの決勝進出で どちらが勝っても初優勝です。

しかも ヨーロッパ大陸以外の開催地で 欧州国チームの優勝も今回が初となります。

この決勝戦の見所は何と言っても スペインの左サイド、オランダの右サイドを司る両者の戦い


スペインの左”イニエスタ”・・・彼のキープ力とパス出しのセンスは”ジダン 2世”の呼び声も
*ドイツの”シュバインシュタイガー”は底知れず体力の持ち主 守備に攻撃に良くがんばりました。ico72



オランダの右”ロッベン”・・・彼は 稀代の天才ドリブラー 突破力は抜群!誰が彼を止められるか。
 


今迄のポジショニングでいくと 試合中はこの両者は同サイドとなります。

どちらが、そのサイドを制するかが 優勝を決める鍵となるでしょう。





















しかも、両者共ビジュアル面でも解りやすく いい勝負してるでしょ。

彼らは サッカー通の玄人好みのプレーヤーなのです。彼らの”プレー”に注目して下さい。

                                                                                           Hoshino