まだ断続的な余震が止まない「東北・関東地方」の皆様には 返す返す御見舞い申し上げます。

“東日本大震災”の余波で 中止されるイベントも数多い中、4月8日は 名古屋市名東区一社に有る

“TOYO KITCHEN&LIVING”さんSRの リニューアルオープン特別内覧会に参加してきました。

震災での被害を受けてない地方の方々は  ここ一番元気出して 被災者地方の方を支援しましょう。

こんばんはー!“KS-星の”です。

 

外壁の一部分が ステンレス貼りになっていました。これは 今式典のトークライブにも出演していた

インテリア・デザイナー“橋本 夕紀夫”さんデザインによるもので  トーヨーキッチンさんの工場で出た

ステンレスの端材(注--普段はリサイクルして使用しているそうです。)を使用して製作したそうです。

かなり“デコラティブ”な出来映えで見る者を圧倒します~さらに夜はライトアップで趣を変えます!

 

今回は 少し早く到着しましたので 2Fの式典準備の間 3Fのショールームをじっくりと見学しました。

何と言っても このキッチンは迫力が有りました~フランス生まれのヴィンテージテイストキッチン

Pot au feu(ポトフ)”~フランスのメーカーProvence&Fils社製のインポート品¥6,520,000

 

もちろん “iNO LEONE”も しっかりと主張してます。
 

サイドから見ると T型ですね・・・確か反対側には“Leoneエンブレム”があったと思います。
 

それから、トーヨーキッチン&リビングの所謂“リビング”の部分~家具の展示も多くなりました。

これは“BDバルセロナデザイン”の作品で「Leda Armchair(レダ・アームチェア)」¥1,764,000

(注)BD Barcelona design・・・バルセロナ発の若い建築家グループのデザインハウス



あの シュールレアリスムの代表的なスペインの作家“サルバドール・ダリ”の作品

「薔薇の頭部の女」に描かれる椅子をそのままカタチにしたもので、脚部はハイヒール履いてます。

↓この絵がモチーフ



こちらの「Calvet armchair」か これもスペインの巨匠“アントニオ・ガウディ”のデザインの椅子

 

そして、このテーブルは「Eggshell Table(エッグシェル・テーブル)」・・・・殻の破片を天板全体へ

職人が貼り付けて完成するテーブル、殻をローストすることで 様々な色合いに調節し、模様に合う

殻を一枚ずつ組合わせて出来ているそうです。・・・・¥680,400(税込み)












トーヨーキッチン&リビングさんの目指す方向性は充分理解出来ますが 現在の御時勢柄
 
受け入側の購入者がどれだけ共感できる人がいるのか?果たして市場性は有るのか?

しかし、渡辺社長は 今後も本気でこの方向のライフスタイルを提案していくそうです~エライッ!

これが“ TOYO KITTCHEN STYLE”なのです。~皆さんも5年後には解る時(?)がくるそうです。


3Fのショールーム展示品を堪能した後は インテリアデザイナー「橋本夕紀夫」さんとナビゲーター

「清本専務」さんのトークライブに参加しました、この日のテーマは“デザインは素材から”~

トーヨーさんの過去参加したイベントでは 最多の観客でした トークライブ中はずーっと立ち見
 

銀座の「水響亭」や日比谷の「ザ・ペニンシュラ東京」など  過去に手がけた作品をモチーフにし

 “素材”から受けるインスピレーションが “デザイン”に反映された作品の例を紹介してくれました。

いまさら、“デザイナー”を目指すつもりは有りませんが たまには刺激になって良いものでした。


トークライブ後は パーティの始まりです。ここでも トーヨーキッチン&リビングさんらしく ~

よく冷えた“シャンパン”に“ワイン” そして “ストロベリー”&“フルーツトマト”&“野菜スティック”etc

決して 乾き物などは有りません~この日は運転手付でしたので 一杯だけ頂いて帰りました。

       
緊急PS・・・“KS-星の”が TOYOキッチンさんで プランの御手伝いをさせて頂いた “みのや”さんの
 
「M様邸」の内覧会が、明日-4月16日(土)一日限定で開催されます。TOYOさんのキッチンに

御興味のある方、本当に良いの家作り の情報を手に入れたい方は 必見ですね。

詳しくは こちら→トリプル断熱・ゼロ宣言の家 グリーンライフ三重 (株)みのやさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お弟子さま☆からのお願いでした。          Hoshino