年末も近づき 夜のお誘いが多くなってきました~こんばんはー“KS-星の”です。

本日御紹介するのは、最近採用率が高まっている“電動昇降吊戸棚”の施工例です。

この商品は、読んで字の如く 電動モーター駆動により収納部分が昇降する吊戸棚です。

キッチンシンク側に窓が有ったり、対面型キッチンにも設置可能で必要時のみ下降させ

キッチンでの調理や片付け作業中に ユーティリティスペースである“アイレベルゾーン”を

より有効に活用できる商材です。この商品が実際に一般市場で採用されるようになって

既に12~13年が経過していると思います。実際“我が家”では 当時新商品だった製品を実験的

に採用し、現在12年目になりますが今では キッチン作業上必須アイテムの一つとなっています。

 

この商品は メーカーや間口サイズによって本体重量は多少違いますが、取付ける壁の耐力は

本体重量60kg+積載重量25kg+昇降時負荷α=100kg以上が必要と考えています。

新築時に当初から取付を予定して頂いたユーザー様には 建築者側と打合せにより 壁耐力を

増強する手段(梁補強や柱増設による垂壁の増強工事など)を施す事は可能ですが、キッチン

のみの改修工事時は その壁に耐力が有るかどうか確認の上、不足していると思われる場合には

取付部の壁補強を施すか、天井に梁等を増設し天井吊による固定を併用する必要が有ります。

リフォーム現場では 補強工事の必要性を予め御理解願う様にお伝えしておくと良いと思います。

今回の現場の既設キッチンが 取付けられていた壁の構造は 実際この様になっていました。

 
御覧の様にキッチンとLDの間仕切壁の構造は 間柱程度のものにコンパネで造作されていました。

この垂れ壁にはどう見ても 100kgの耐力が有るとは思えません。仮に当初取付が可能だとしても

長期間安全に使用出来る壁耐力が有るとは言い難い構造だと思われました。そして工務店様と相談

の上 天井裏に鉄骨C鋼を増設し、そこからボルトを降ろし壁と天井固定を併用する事にしました。

少し見づらいとは思いますが、上記は既に天井に仕込んだ鉄骨からボルトを出している写真です。

商品により天吊金具取付箇所が決まってますので、ピンポイントで所定位置に出す必要が有ります。

この取付下地補強工事は 法的有資格者による工事が必要となりますので 御注意下さい。

そして、イザッ取付です。この日はこの商品取付時には 4名がかりの作業となりました。
 

天井から降ろしたボルトが所定の位置に入ったら ワッシャとナットを締め付け固定します。
 

天吊りボルト固定が完了したら、電源を投入し収納部を一旦加工させて壁固定します。

それから基本的には、天井固定のみの設置は禁止となっています。
 

こんな感じでキッチリ、シッカリ取付ける事が出来ました。これで安心して御利用して頂けます。
 
以前当Blogでも 御紹介した通り キッチンに於けるアイレベルゾーンは作業上とても有意義な

ゾーンだと考えています。この部分に働きを加える事により キッチン作業は格段と快適になる

事は間違い有りません。収納のみで出し入れにも不自由な標準吊戸棚と比較すると当然高価

になりますが、働きを見合わせた“費用対効果”で考えると決して高い買い物では無いと思います。

                                                                                  Hoshino