今回もGW京都散策の続きです~こんばんはー"KS-星の"です。

京都の岡崎あたりは天気さえよければ、ぶらりと歩くのにちょうど良い街です。疎水に添って

ぶらぶらしているだけで、美しいものや美味しいものや興味深いものに出逢う事が出来ます。

平安神宮では平安時代の建築様式を踏襲した神苑を臨むことが出来るし、"京都市美術館"

では近代洋風建築で昭和初期の日本で流行した"帝冠様式"という建造物を見る事も出来ます。

この美術館は、昭和3年(1928年)に京都で行われた昭和天皇即位の礼を記念しての計画が

始まった為、当初は「大礼記念京都美術館」という名称でした。そして、本館設計は前田健二郎。


 
"帝冠様式"とは、当時としては近代的な洋風鉄筋コンクリート造の建物に和風の瓦屋根をのせ、

モダニズム&ナショナリズムを表現した「軍服を着た建物」の異名を持つ建築様式だそうです。

その和洋折衷的なデザインは、美術館の内装でも確認できます。玄関ホールの高い天井に施さ

れた装飾のデザインも、どこか家紋をイメージ出来るものを漆喰で施工されています。
 

大理石貼りの洋風階段ですが、親柱には灯籠の形の照明が有りで和風の演出がなされています。
 
壁面にも贅沢に大理石を貼り巡らせ、背丈の高いドア、床はアクセントラインの入ったタイル仕上げ












2階の天井も一見は洋風に見えますが、かつての書院造りや寺院建築で多く見られた格式の高い

“格(ごう)天井”の鏡板部分をここにも和風花柄のステンドグラスがはめ込んで有りました。
 
建造物として見学するだけでも充分に楽しむ事が出来る、格式の有る“京都市美術館”でした。

岡崎界隈には他にも、“国立近代美術館"や"細見美術館"などが有って芸術を堪能できます。

    










この辺りをもう少し下ると、明治時代の代表的な庭園と洋館を見学出来る"無鄰菴"が有ります。

ここは、明治・大正の元老"山県 有朋"が明治27年~29年にかけて京都に造営した別荘です。
 
梅の時期に訪れた"城南宮楽水苑"は足立美術館庭園を作庭などでも有名な"中根金作"でした。

この庭園は有朋自らの設計・監督により平安神宮の庭園を手掛けた事でも有名な造園家「植治」

こと"小川治兵衛"が作庭した池泉回遊式庭園で、明治時代の代表的な庭園の一つです。
 

今回は青もみじの季節でしたが、四季それぞれに移り変わる木々の風情も趣がある事でしょう。

この庭園は、昭和26年(1951年)には 国の「名勝」に指定されています。
 

 










母屋内から撮影~こちらでは抹茶を頂く事が出来ます。他に薮ノ内流燕菴を模した茶室も有ります。
 

この煉瓦造り2階建の洋館が、明治36年(1903年)に元老・山県有朋、政友会総裁・伊藤博文、

総理大臣・桂太郎、外務大臣・小村寿太郎の四者によって日露開戦直前の我が国の外交方針を

決める「無鄰菴会議(むりんあんかいぎ)」が開かれた処です。

 
二階に上がると、その一室にはソファーやテーブルなどの家具や調度品が当時のまま残っていて、

あたかも、今から始まる日本の将来に関る重要な会議に居合わせた様な臨場感が感じられました。
 
この部屋の壁は、江戸初期の狩野派による金碧花鳥図障壁画で飾られ、天井は花鳥文様の格天井

でした。ここでも、洋館とは言え日本の伝統芸術が内装に生かされ和のテイストを融合させてました。


かつての都である京都にふさわしく、当時としては新しい様式の建造物にも日本の伝統的なデザイン

を装飾に取り入れたり、庭園に於いては日本の四季を表現する自然美を楽しむ工夫がされていて

日本人の魂の気高さを強く感じる事が出来ました。          Hoshino