"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

今日の四日市は朝からドカ雪の為、本日の予定はすべてキャンセルして事務処理に徹しました。

そして、今からBlog更新します~こんばんはー“KS-星の”です。

もう一か月前になりますが三重県立美術館で開催されている“大橋 歩の想像力”に行って来ました。

 
もしかすると、お若い世代の人達にはそれ程でもないかも知れませんが、我々の世代にとって

大橋 歩さんの絵は「メンクラ」・「平凡パンチ」・「ピンクハウス」・・・などの表紙や挿絵やポスター

によって常に若き日々のファッション/ライフスタイルに並走してくれた感が有ります。

今回Pick Upされているのは銅版画による挿絵で、印刷された本と原画を並べて見られました。

 
近年の作品は“村上春樹”さんのエッセイ集『村上ラヂオ』の挿絵の銅版がとても興味深いです。

会場ではエッセイの文章を読まずに、版画とタイトルから内容を想像するというお遊びをしながら

迷路の様に展示されている作品を一点ずつ鑑賞できて楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

・・・・で結局エッセイ集『村上ラヂオ①・②』と大橋歩さん著「テーブルの上のしあわせ」(レシピ本)

も読みたくなって 後日本屋さんで買って来ました。『村上ラヂオ』のエッセイを読みながら挿絵を

眺めてみると、優しいタッチで決して主張しすぎず絶妙のエッセンスとしての存在感が有ります。

 
村上ラヂオ『柿ピー問題の根は深い』の挿絵版画は“コム デ ギャルソン”のTシャツにも

使われているそうです~“星の”にとっても毎晩のお供~「柿ピー」問題の根はとっても深いです。



























こうして、ひととおり作品を見てみると改めて“大橋 歩”さんの仕事に独創性を感じられ、地元の

四日市高校卒業生と言う事も重なり、これからも創作活動の“つっぱしり”に増々期待します。




この日のランチは元自転車店を改装した Cafe『シマダ輪店』さんで・・・看板は鏡文字採用

このお店は、大橋 歩さんが企画から編集まで一人で手がけていた雑誌『Arne(アルネ)』でも

表紙を飾った事の有るCafeです。昭和のレトロ感満載で初めて来たけど懐かしい感じのするお店

 

“星の”セレクト「牛肉のグリーンカレー 」             “Yu”セレクト「田舎風ポトフ」














ええ感じのお店でしたーまた、ゆっくりとお邪魔したいです~マスターの機嫌が良い時に・・・

 


菅井 汲(Kumi Sugai)さんの『森』が飾られていました。





















『大橋 歩の想像力』展覧会は明後日2月16日までの開催です~お時間のある人は是非!

                                                                                     Hoshino

わぁー!気が付けばもう2月じゃあ-りませんか、今年も残すところ11か月を切りましたね。

相変らず"駆け込み需要"で忙しい毎日を過ごしています~こんばんはー"KS-星の"です。

本日御紹介するのは、T様邸システムキッチンの機能品取替工事の模様です。

まずは、既設のシステムキッチン~旧National製の2550*2550天然木突板扉で

シンク右にはかつてはヒット商品の"大型トール食器乾燥庫"がビルトインされていました。

 
昨今の様に食器洗い乾燥機をベースキャビネット部分にビルトインする事があたり前になる以前、

乾燥機能のみのこのタイプは結構採用して頂きました、現在は廃番となり代替え機種も無い上に

メンテナンス対応期間も終了しているので、故障したまま収納として使用されているユーザー様

も数多くいらっしゃると思われます。(本来はあってはならない事だと思いますが・・・)



今回はこの食器乾燥庫の下部収納部を撤去し食器洗い乾燥機をビルトインする御提案をしました。
  

そして、工事開始ー!まずは下部収納のみを撤去します~一旦エンドパネルを撤去しトールの

ミドル部分とアッパー部分も外さないとこの部分は撤去できませんので御注意して下さい。














このスペース食洗機を納める為の専用キャビネットを仮置きしてみます。
 

並行して食器洗い乾燥機に必要な給湯工事・耐熱管排水工事と電源を所定の位置に取出します。















そして、食器洗い乾燥機本体をビルトインして給湯排水電源接続すれば完成です。
 

シンクキャビネット内の納まりはこんな感じですっきりしています。

食器洗い乾燥機は、リンナイ製RKWR-C401C(A)を採用しました。

奥行き60cmキッチン対応のブラックフェイス スライドオープンタイプはP社には有りません。

 

さらにT様邸では、その他の機能品"レンジフード"取替とビルトインコンロ及び電子コンベックの

取替も行いました。レンジフードは既設プロペラファン式ブーツ型をノンフィルタのシロッコファン式

のビルトインコンロ連動タイプに取替しました。














奥様の身長も考慮して、付属のスライド幕板を調整して取付高さも5cm下げました。

吸込み風速を加速する整流板もファンも取り外しは簡単な上にノンフィルターでお掃除は簡単!














とても20年使用したビルトインコンロとは思えない程綺麗な状態でしたが、やはり着火不良など

の不具合も発生してきているので この機会に電子コンベックも一緒に取り換える事になりました。
 
現在のガスコンロは何より"お手入れ"性と"安心・安全”面の機能強化がなされています。

コンロ下部にオーブン機能を搭載しているコンベックや電子レンジ機能の有る電子コンベックは

一体型のものと上下分割のものが有りますが上下のメーカーが同一で無いと交換が出来ません。

 

今回採用して頂いたビルトインコンロは リンナイ製のVerie(ベリエ) ガラストップはウォールブラック

前面パネルはピアノブラック~とても質感が良い上に左右コンロに温調機能・グリルにはオート

グリル機能を搭載しています。さらに焦げ付きにくい"ヒートオフ"や煙とニオイを大幅にカットする

"スモークオフ"機能も搭載している優れものです。



働きの有る機器には必ず寿命(電気的寿命・機械的寿命)が有ります、寿命以上の使用は危険

を伴いますし、急に使用不可となると不便になりますので時期をみてメンテで延命処置を施すか、

(【注】この場合部品供給が可能な商品に限ります。)お取替の準備を計画する必要が有ります。

今回T様邸ではシステムキッチンのビルトイン機能機器類を水栓金具以外全てを取り換えました。

 

最近のモダンテイストキッチンには シルバーフェイスの搭載が多いですけど、このキッチンの様に

クラシカルでトラッドなキッチンには、やはりブラックフェイスの方が違和感なく納まったと思います。

さらにT様邸ではこれまで無かった食器洗いの機能が付加され奥様大満足の仕上りとなりました。

 
今日から頑張って奥様の替りに働いて下さいねー食器洗い乾燥機さん。          Hoshino


早いもので今年も残すところ あと1日と少しとなりました~こんばんはー"KS-星の"です。

これで今年は最後のキッチン事例の報告になるでしょう.

W様邸キッチン改修工事"コーナー家電収納庫を取り入れたキッチンプラン”~その2

築20年超の既設のキッチンは ホーローの得意なT社製 2850mmI型システムキッチン

扉は木目模様ですがキャビネット同様ホーロー製、カウンターは人造大理石、シンクはステンレス

 

まずは、既設キッチンを図面化して現況の問題点抽出と御提案出来るプランを考えてみました。

やはり、W様邸も新築当時キッチン納入後に買い足した調理家電の配置には苦心されている模様、

あとはキッチンキャビネットの収納力不足は否めない状況です。


それと今回キッチン取替を決断して頂いた最大要因はシンクの脱落でした。原因は人造大理石の

カウンタートップとステンレスシンク接合部のシール切れにより下地の木部腐食によるものでした。

応急処置を施し約一年程度使用しながら、今回のキッチン改修工事を計画して頂きました。
  
およそ11畳のダイニングキッチンは洗面脱衣場や浴室への通路及びユーティリティへの出入口、

和室へアクセスする為の引違い建具とクローゼット扉、窓(出窓含む)は北面2ヶ所と東面1ヶ所

に有り、開口部の制約事項が多い上に南面は階段が隣接しているので間取り変更は困難でした。

結果的にキッチンの配置を変えず限られた空間で、より効率的なキッチンにするかを考えました。


そして、着工ー!まずはキッチンを撤去してから、壁面タイルとワイヤーラス・野地板すべて撤去。 















撤去後はリニューアルする壁を作る為の下地に胴縁を所定の位置に施しました。
 
さらに、レンジフードやキャビネットの取付に必要な位置には器具固定用下地を追加しました。

並行して新設キッチンに必要な給排水や電気の設備変更工事を行いました。












この現場の床工事は既設のフローリングに構造用合板15mm+水廻り用フローリング12mmを

上貼りし、既設建具の敷居天端高に合わせ将来全室バリアフリー化を目指せる仕上りにしました。

今回の工事では、玄関ホール・廊下に仕上材を縁甲板としDK同様の高さ迄床の上貼りを施しまし

たので、右平面図でブルーに記した部分及び西側和室が敷居無しのバリアフリーとなりました。

 
壁はすべてプラスターボードを貼り、キッチンを設置する箇所は不燃メラミン化粧板を仕上材とし、

それ以外の壁面及び天井はクロス仕上げが出来る準備をしました。

 

システムキッチンを取付する為に必要な下準備がすべて完了してから、取付施工を始めます。

この現場の場合、キッチン取付の日は着工から4日目でした。(結構タイトなスケジュールです。)

 
オートアップラックW1350を御採用頂きました。    コーナー家電を含むハイカウンター側施工中














ビルトインコンロは、"星の"イチオシ-調理が楽しめる本格派「S-Blink +do」を御採用頂きました。
 

W様邸御採用キッチンは、トクラス(株)【旧ヤマハリビングテック】製 Berry(ベリー) Lシリーズ

扉カラーは"ホワイトグロッシー"、カウンタートップは人造大理石の"ニューグラーナカウンター"、

シンクもカウンター同様の人造大理石"マーブルシンク"をカウンターと一体化の"シームレス接合"

接合部分に段差や隙間の無いので、お手入れが楽な上に繋ぎ目からの漏水の心配も有りません。

さらに、バックガードは150mm迄立ち上げた"ハイバックカウンター"の御採用を頂きました。

このハイバックカウンターも繋ぎ目の無い人造大理石一体形状となっていて、コーキング部など

汚れやすいエリアのお手入れを簡単にすると共に、水仕舞いが強化されます。

バックガード上部はハンガーレールとなっていて、マルチスタンド・ラック・ふきん掛け等のアイテム

を取付ける事で、作業スペースの手元が広々となりカウンターの奥まで無駄なく使う事が出来ます。

 
ちなみに、この現場の内装クロスは"Take"ちゃんがいつものヴィンテージなワーゲンバスで

駆けつけてくれました~毎度毎度丁寧なお仕事ありがとうございます。

 
給排水・電気・ガスなどの設備を全ての器具に接続し、壁・天井のクロス工事が終了し完工です。

W様邸では、着工~完工迄の工期は6日間(月曜日~土曜日)でした。

そして、正面部分がコーナー家電収納を含むハイカウンター収納W=2568mmのWall to Wall

家電収納部には専用コンセントと蒸気がこもらない電流感知式送風ファンを装備しています。

炊飯時の作業状態(電流値2A以上)を感知し、蒸気を排出する為に自動的に送風を開始します。

その下部は、ゴミの分別に便利なセパレートタイプのダストボックスをセットしたワゴンとなってます。

もちろん、コーナーの部分は上下共にイン引出しを備え奥のスペース迄無駄なく収納出来ます。

 
今回のプランと先回御紹介した"コーナー家電収納~その1"との大きな違いはコーナー家電の

設置が、その1ではシンク側に対してその2ではコンロ側となっている点です。

ハイカウンター上のフリーな部分には電子レンジやオーブンなどの調理家電を設置して使用

して頂く事を前提とすると、コンロ側に設置した方が作業効率が良くお勧めのプランとなります。

 

しかし、このプランを御提案する際には 少し躯体条件の変更が必要となるケースが大半ですので

御注意下さい。(この現場も同様・・・工事中の写真から判断出来たら合格です~何の?)


*今年お世話になったユーザー様・工務店様・販売店様のお客様方々、

   工事協力業者様ならびにメーカー様をはじめとする仕入先業者様すべてに感謝します。

   来年もどうぞよろしくお願い致します。            Hoshino

↑このページのトップヘ