"キッチン”から始めよう 我が家の幸せ計画!”

さすらいの中年キッチンスペシャリスト“星の”が綴るお仕事の期になる話題とお出かけの記録

今年のGWお出かけは大阪日帰りドライブのみでした~こんばんはー"KS-星の"です。

以前当Blogで 東京駅の赤煉瓦復原について書いた事が有りましたが、今度は大阪の中之島で

レンガ造りの外壁を復元して建替えられた“ダイビル本館”を見て来ました。

旧“ダイビル本館”は今から90年以上前の1925年(大正14年)に当時西日本一の規模を持つ

先端ビルとして竣工。内外装はオリエント風を加味したネオ・ロマネスク様式の建造物の名作として

長年もの間 大阪 中之島のランドマーク的存在でした。そして、“ダイビル本館”建替プロジェクトは

単純なスクラップ&ビルドでは無く旧ビルの外観を復元し歴史ある佇まいを残す選択をしました。

旧ダイビル本館の外観は煉瓦と石彫刻が特徴的でしたが、解体時には約18万個の煉瓦を

手作業で取外して洗浄した上で保存し、北面・西面の外装材として95%以上再利用してます。

また、足りない部分は新しい煉瓦に古色エイジング処理を施し違和感なく仕上げられています。

煉瓦同様壁面を飾る石柱や石像などの石の彫刻はコンクリートごと切り出し、加工場で石の彫刻

部分だけをピース毎に丁寧に取外し、洗浄・補修の上表面劣化を防ぐコーティングを施してます。


なかでも、中央玄関廻りを飾るギリシャ風彫刻の施された石柱は一層格調を高めています。

そして、中央玄関の半円アーチ上に飾られた「鷲と少女の像」の像は、帝展審査員も務めた

彫刻家・大国貞蔵の作品。設計監督・“渡辺節”の下で製図主任を担当した“村野藤吾”は、

「このビルが取り壊されることがあってもこの彫刻だけは残してほしい」と生前語っていたとか。

中央玄関以外の壁や石柱にも随所に様々な動物やガーゴイル(怪物)などのロマネスク調の

レリーフで装飾されていました~ いずれもここで90年以上住みついているのでしょうね。      

  

玄関を入るとエントランスホールがお出迎えしてくれます。このエントランスホールの床タイルは

旧ビル一階のものを取り外して再利用しているそうで、デザインも当時に近いものとなってました。

「私設郵便函」(ポスト)も再利用品で、かつてとほぼ同じ場所に置かれ実際に使用しています。

2Fの回廊手すりは古い手すりの上に現行法に合わせる為にガラスを施工されていました。








エントランスの吹き抜け天井レリーフは緻密で豪華絢爛なものですが、この部分は既設のものを

型取りし新しく再現したもので、照明器具は当初のものに近い器具を制作して取付たそうです。

2Fにある カレーの人気店 “旧ヤム邸 中之島洋館”の玄関ドア~

大正時代のレトロ感と現代的なインテリアの調和を目指した“ダイビル本館”で店舗を構えるには

それなりの覚悟が必要でしょうね~リアルなアンティークドアは異人館風でとてもマッチしてました。

“ダイビル”西側には、四季折々の自然を感じられる憩いの空間「中之島 四季の丘」があり、

ここにはウメ・サクラ・ヤマボウシ・モミジなど季節感を感じる樹木や花が植えられています。

そして、丘の頂上部からは堂島川の遊歩道へ繋がる歩行用のブリッジにも接続されています。

“ダイビル本館”東側は地上22階建ての高層部で、こちらは近代的なガラスのカーテンウォール

ですが、玄関にはこちらにもそびえ立つ石柱と半円アーチ状のレリーフの施しが有りました。

歴史的建造物の新しい再生の形を実現した“ダイビル本館”はその他にも、河川水を利用した

地域冷暖房システムの採用など、最先端技術で環境との共生にも注力した建造物となってます。

そして、建築の魅力を広く伝える「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」にも選定されました。

旧ダイビルの構造計算を担当した“内藤多仲(たちゅう)”氏は東京タワーや通天閣(2代目)も

担当されていた当時の構造設計の第一人者だったらしい・・・・Hoshino



明日からはGW休暇で当社は4連休となります~こんばんはー"KS-星の”です。

先週の日曜日(4月27日)に、高校時代の同級生仲間10名と御在所岳の登山に挑戦しました。

何せ初めての経験だったので、靴から買い揃える事となりました~"トレッキングシューズ"

当日は好天に恵まれ気候も良く絶好の登山日和(?)でした。

御在所ロープウェイの駐車場に車を止め、徒歩で約30分程度でやっと"中登山道口"に到着。


8つ程ある登山道から我々が選択したのは、眺望がよく登山の醍醐味が味わえるという"中登山道"

大した情報も持たずハイキング気分で臨んだ御在所岳登山でしたが、思いの外大変な道程でした。


中登山道では途中で奇岩珍岩と出会うことが出来ます~左は4合目辺りの"おばれ岩”

右も変わった形に積み上げられた様な岩~すべてが自然が織りなす造形美と言えるでしょう。

























山の斜面を"アカヤシオ"が飾ります~この辺りでは、まだ景色を楽しむ余裕がありました。


そして、5合目辺り(標高850m)には御在所一番の奇岩とも言われる"地蔵岩"

それにしても、この四角い岩はどうやってあそこに乗っかってしまったのでしょうね。

麓から見る絵がお地蔵さんに見える事から名づけられたこの岩は、「絶対に落ちない岩」

という事で、「地蔵岩」の絵はがきが合格祈願のお守りとして人気になっているそうです。


ロープウェイと山頂が近くに見えていますが工程的には、まだ半分程度といった処でしょう。

この辺りから息が上がって脚にも乳酸が溜まってきた感が有りましたので休憩も多めに取りました。


そして、このコース最大の難所6合目(標高900m)にある"キレット"~鎖を辿りながら降ります。

キレットとは日本語の「切戸」が由来の山の鞍部で特にV字に深く切れ込んだ地点の事らしい。

ここでは前のパーティの方が手こずって大渋滞でしたが、我々は比較的スムーズに降りました。

 
やっと8合目(標高1,000m)あたり迄来て、岩場で小休止しました。

天気が良い事もあって、山間から見下ろす四日市の平野部の景色は圧巻でした。

さぁーあと少しだぞーっちゅうことでこの辺りからは一気に登りました。

登山口から登り続けて2時間半程度でやっとこさ、山頂付近(標高1200m)の"富士見"岩到着

ここは天然の自然岩がそのまま展望台になっています。天気が良く空気が澄んだ日には富士山

が望める事で名付けられた展望台ですが、この日は富士山までは眺める事が出来ませんでした。

しかし、この高さから伊勢湾の方角を見下ろす眼前に広がる景色はこれまた絶景でした。


山上公園のレストラン"アゼリア"前にある"ちびっこそりゲレンデ”にはまだ雪が有りました。


もう少しで御在所岳の山頂です、この辺りは冬季はスキーのゲレンデなのでなだらかな傾斜を

登る事になりますが、流石に筋肉疲労も絶頂となっていて中々前に進みませんでした。

そして遂に 一等三角点(標高1,212m)に到着~登山口からはおよそ3時間かかりました。

この山頂には三重県と滋賀県との県境もあり、琵琶湖もしっかりと展望する事が出来ました。

予備知識が希薄で、いわゆる「トレッキング」程度と思い臨んだ初御在所登山でしたが、

これはれっきとした登山と言っていいでしょう~帰りはリフト&ロープウェイでの下山となりましたが・・

シューズも買ったことだし、これからもちょいちょい色んな山を登ってみる事にします。
高校時代の同級生男女10名でトライした御在所岳初登山
御在所を甘くみていたおよそ一名の菰野町在住の男子が、途中両脚がつったらしく到着は
大幅に遅れましたが、リタイア者無で何とか無事に下山する事が出来ました。
今回もここではご紹介出来ない多くのエピソードを生んだ珍道中でしたが一日楽しく過ごせました。
                                                                    ~Hoshino


何とかかんとか消費増税前駆け込み需要の対応も無事に終われそうな雰囲気になって来ました。

ここ数か月間はその対応に追われBlogは長期休暇~久々にーこんばんはー"KS-星の"です。

仕事の目途が立った3月22日にやっと行って来れましたー念願の"ラファエル前派展"@東京

開催当初から狙っていたのですが中々休暇も取れず、今回も前日決定の弾丸日帰り強行でした。

 

この展覧会は28年前"星の"新婚旅行時に渡航先ロンドンで訪問してとても想い出深い美術館

『Tate Gallary(テイト・ギャラリー)』(現在はTate Britain)所蔵の名品72点が鑑賞出来る

という 我が家にとっては嬉しい企画展でしたが、今回は東京のみ開催ーでも行くしかないか・・・

(前回は京都まで追っかけました⇒その模様は過去Blog「モダンデザインの父の展覧会を・・・」)http://hoshino.mie1.net/e297797.html

てな事で、当日は早朝より車ぶっとばして 六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーに到着~

流石に人気の展覧会、既に多くの人が当日入場券を買う為に行列を作っていました。

 

ギャラリーは森タワーの52F~森美術館(53F)では“アンディー・ウォーホール展”開催中でした。
  

 










ラファエロ前派とは、1948年英国の若い画学生 “ミレイ”・“ロセッティ”・“ハント”が中心となり

大画家ラファエロを規範とする保守的なアカデミズムに反旗を翻した一派の事をさします。

彼らの理想はラファエロ以前の初期ルネッサンス絵画に戻り、自然をありのままに描き自由闊達

な表現を追求していく事~そのムーブメントは当時の英国アート界では一大スキャンダルでした。
 
自然をありのままに忠実に表現した代表作は、やはり“ミレイ”の<オフィーリア>

何か月も費やしスケッチされたこの絵は、当時植物学の授業をこの絵画の前で行ったという逸話

が残っているほどの繊細で写実的な表現がなされています。(夏目漱石曰く“風流な土左衛門”)
 

自由な表現という意味では、“ロセッティ”の【見よ、我は主のはしためなり(受胎告知)】

キリストを身籠る事を告げられた(聖告)マリアは身を強張らせた普通の女性として描かれています。

 

もう一つ代表的なのは“ミレイ”の【両親の家のキリスト(大工の仕事場)】

キリストの父とされるヨセフを普通の大工として描き、聖人マリアやキリストまでもが現実の大工の

家族一員としてリアルな生活感たっぷりに表現しています。リアルな大工の仕事場を描きながらも

幼いキリストの手のひらの傷は、将来の聖痕を予見させるものとなっているそうです。

聖人を偶像化していないこの絵は、当時信仰心の高い宗教家や権威者からは大バッシングを

受け、それ以降ラファエル前派は宗教に関るものを描かなくなったという問題作です。

 

スキャンダラスな芸術運動を巻き起こしたラファエル前派ですが、ミューズであるモデル達との

複雑な女性関係や私生活においてもスキャンダラスな面が多く、人物相関図をすこし頭に入れて

描かれた時期や当時の画家とモデルの関係を思い巡らせ作品を見るのも楽しみ方の一つでしょう。

 

ラファエル前派の第二世代には後に“アーツ・アンド・クラフツ運動"のムーブメントを起こした

モダンデザインの父“ ウィリアム・モリス”⇒http://hoshino.mie1.net/e316494.html が

います。この展覧会では彼の描いたジェイン(モリスの妻でありロセッティの愛人)最初で最後の

油彩画も見る事が出来ました~背景のファブリックの模様からは後の彼の活躍を予見できます。

 

そして、“yu”が一番楽しみにしていたのは この絵との再会~“ロセッティ”の【ベアタ・ベアトリクス】

薬物(阿片)の過剰服用で若くして亡くなった妻“リジー”の面影をベアトリーチェになぞらえて

描かれたこの作品は、7年もの年月をかけて完成させたロセッティの執念を感じる力作です。

やはり、原画の前に立つと この絵の持つ独特且つ圧倒的な気配に引き込まれてしまいました。

 

今回の“ラファエル前派展”の副題は「Victorian Avant-Garde(ヴィクトリアン アヴァンギャルド)」

この展覧会を鑑賞して、19世紀半ばに若者達が起こした前衛的な芸術革命がその後のアート全般

への影響は基より、インテリア・ファッションなどすべてのデザインに多大なる影響を与えている事を

再認識する事が出来ました。(・・・・ほんま東京まで行った甲斐が有りました。)

 
是非お勧めの展覧会ですが、今回も御紹介が終演間近となってしまいましたねー。
                                                                      ~ Hoshino

↑このページのトップヘ